--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の名所図会

2011年05月03日 01:47

『都名所図会』から『花洛名勝図会』まで


当ブログでもたびたび引用している『都名所図会』『拾遺都名所図会』ですが、江戸時代後期には当時の旅行ガイドブックたる各地の「名所図会」が多数出版され、好評を博します。

そのような時代にあって、挿絵付の本格的な「名所図会」の嚆矢となったのが、安永9(1780)年に出版された『都名所図会』でした。

『都名所図会』が出版されるまでにも断片的な「名所記」や町の由来を解説した「町鑑」の類は多数出ていたものの、まとまったカタチでの出版物はなかったようです。

『都名所図会』金閣寺_R_R
〈『都名所図会』より 金閣寺〉

『都名所図会』は京都寺町五条の書林・吉野屋の吉野屋為八が企画し、図版の出版に抗議が出ないようにと(当時から著作権は厳密だったのです)、それまで京都で出版されていた「名所記」の版木(出版権)をあまねく買い取るという用意周到の上で、作られ始めました。

京都の俳諧師・秋里籬島(あきさと・りとう)が文章を担当し、大阪の絵師・竹原春朝斎(たけはら・しゅんちょうさい)が挿画を施し、版木の彫刻も含め出版までには五年の歳月がかかったといわれています。


『都名所図会を読む』(宗政五十緒編、1997年、東京堂出版)によると、当初は思うように売れなかったそうですが、当時の大阪城代が江戸へ参向した時、親類縁者の土産として『都名所図会』を十数部持ち帰ったところ、評判となってその翌年から一年に四千部売れる大ベストセラーとなりました。

『都名所図会を読む』
〈『都名所図会を読む』(宗政五十緒編、1997年、東京堂出版) 現在、最も手軽に『都名所図会』に触れることのできる書物です〉

この『都名所図会』で大利を得た吉野屋為八は、さらに続編である『拾遺都名所図会』を天明7(1787)年に刊行。そして、京都にとどまらず『大和名所図会』『住吉名勝図会』『摂津名所図会』『和泉名所図会』『東海道名所図会』・・・と次々に各地の名所図会を出版していくのでした。


【都名所圖會(都名所図会)】安永9(1780)年

『都名所図会』清水寺_R_R
〈清水寺〉

名所図会の先がけとなった墨摺六冊本。本文は俳諧師・秋里籬島が著し、図版は絵師・竹原春朝斎が描き、京都の書林・吉野屋から安永9(1780)年に刊行されました。
京都の名所旧跡を、洛中、洛東、洛西、洛南、洛北の順に、文章と絵巻風の鳥瞰図・風俗図とによって紹介。主に神社・仏閣を取り上げています。この造本や版面・挿絵の様式が、後の名所図会に受け継がれることとなりました。好評のため版木が摩耗し、天明6(1786)年に再版されています。


【拾遺都名所圖會(拾遺名所図会)】天明7(1787)年

『拾遺都名所図会』二軒茶屋_R_R
〈二軒茶屋〉

『都名所図会』の後編として天明7(1787)年に刊行された墨摺五冊本で、本文と図版は前回と同じく秋里籬島と竹原春朝斎が担当。
その名の通り、『都名所図会』で漏れた名所を拾い集めているため、町や小路にある小祠や小寺院も収録されていますが、これらの多くは文章の解説にとどめ、代わりに大社の祭礼や四季の年中行事の様子を多く取り上げ、当時の人々の風俗をより知ることが出来ます。


【都林泉名勝圖會(都林泉名勝図会)】寛政11(1799)年

『都林泉名勝図会』伏見稲荷社 初午_R_R
〈伏見稲荷社 初午〉

寛政11(1799)年に刊行された墨摺五冊本で、『都名所図会』と同じく本文は秋里籬島が著し、挿絵は佐久間草偃、西村中和、奥文鳴の三名が競って描いています。京都の名所、その中でも特に庭園を中心に描かれているのが特徴です。


【花洛名勝圖會(花洛名勝図会)】元治元(1864)年

『再撰花洛名勝図会』大文字送り火_R_R
〈大文字送り火〉

元治元(1864)年に刊行された墨摺八冊本で、原案は平塚瓢斎が担当し、木村明啓と川喜多真彦の二名が執筆。挿絵は松川安信、四方義休、楳川重寛ら複数名が描いているようです。当初は洛中を初め、東、北、西の山々を部として六編が予定されていましたが、実際に出版されたのは第二編の「東山之部」のみ。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/244-e840a7cc
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。