--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルガンお雪 その1

2011年05月16日 00:25

モルガンお雪


この国には毎日、なにがしかの記念日があるようで、例えば単なる語呂合わせで10月8日は「入れ歯の日」だったり、ソクラテスの妻が悪妻だったことから彼の命日4月27日を「悪妻の日」としたり、本能寺の変が起こった6月2日が「裏切りの日」だったり・・・(笑)。


そんな数多ある記念日の中にあって、女性が喜びそうな日が1月20日の「玉の輿の日」です。

これは1904(明治37)年1月20日、祇園新橋の芸妓・加藤雪(ゆき)がアメリカの大富豪モルガン一族のジョージ・デニソン・モルガンに4万円という当時としては莫大な金額(落籍料)で身請けされ、結婚した出来事にちなんでいます。そして現在も祇園界隈、特に芸者たちの間では1月20日は特別な日として語り継がれ、このシンデレラ物語のような出会いに淡い期待をするとか、しないとか(笑)。

新聞はこの世紀のプロポーズの経緯を現在のゴシップ雑誌顔負けの大々的記事に仕立て上げ、面白おかしく伝えていました。人々はそんな新聞を興味本位で目にし、雪の行く末を噂し合ったのです。

当時の4万円は、現在の貨幣価値に直すと4~5億円ともいわれる破格の金額。
しかも、雪には長年経済的に支えた京都帝大の苦学生・川上俊介なる恋人がいて、結婚に際しては「彼を捨ててまで金に目がくらんで外国人と結婚した」と罵る人たちも多かったようで・・・。

IMG_0004_20110428092824.jpg
〈胡弓の演奏がうまく祇園では「胡弓のお雪」として知られていた加藤雪。写真は『モルガンお雪』(著者・小坂井澄、1984年、集英社文庫)より 〉

しかし、実際の「モルガンお雪」さん。お金に目がくらんで外国人と結婚したわけでも、玉の輿に乗って悠々自適に暮らし遂げたわけでもなかったようです。

3年に及ぶジョージ・モルガンの求婚の成り行きは、その進行中にもかかわらず、牧野省三が芝居に仕上げ、自らの経営する西陣の千本座で上演したり、新聞が実録連載記事を掲載したり・・・(その実録記事の中では、面白おかしくするために、雪の兄が守銭奴のように描かれていたりして)。
また、関露香著「実話 モルガンお雪」(1916年)や長田幹彦著『祇園のお雪 モルガン夫人の生涯』(1948年)を初めとする小説や戯曲の題材ともなり、1951年に越路吹雪主演で帝劇で上演された雪の半生を描く『モルガンお雪』は好評を博しました。

中でも、1975年に小坂井澄によって著された『モルガンお雪 愛に生き信に死す』(講談社刊)は周辺取材を重ね、モルガンお雪の実像を的確に伝えている一冊です。

IMG_0001 (2)
〈『モルガンお雪 愛に生き信に死す』著者・小坂井澄、1975年、講談社刊〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/240-3560f3aa
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。