--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチギ! その1

2010年09月25日 00:31

パッチギ! 監督・井筒和幸 2005年 

パッチギ!_20100924185711


公開時、みうらじゅんが「井筒和幸(にいちゃん)、死んでくれ! これ以上はもう有りえないでしょ。最高の遺作にしとこ。新年早々今年のNo.1に決定! まいった!」とコメントしていましたが、ほんと、そう思いました。

井筒監督という人は、一般映画デビュー作である『ガキ帝国』(1981年)を越える映画はもう撮れないだろうと思っていたところに、この作品でした。びっくりしましたね。いつもくだらない映画評や小遣い稼ぎのコメンテーターばかりしていたこの監督を見直したものでした。


あらすじ。


1968年。時はGSサウンズ真っ盛り。主人公・康介(塩谷瞬)と友人・紀男(小出恵介)は最先端のマッシュルームカットにして女の子にもてようと必死な東高校2年生。女子校生に声を掛けるが相手にもされない。
銀閣寺近くでは、朝鮮高校の学生が長崎の修学旅行生と乱闘を起こしていた。過激な朝高生の怒りはおさまらず、修学旅行生のバスを横転させて、新聞沙汰になる始末。

パッチギ!_20100924190740


東高校の教師(光石研)は毛沢東語録を持ち出し、戦争をやめさせるには戦争しかないと、朝鮮高校とのサッカー試合の申込みを康介と紀男に行かせる。嫌々ながらも朝高へ赴いた康介は「イムジン河」の旋律に誘われ、吹奏楽部でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れをする。しかしキョンジャは朝高の番長・アンソン(高岡蒼甫)の妹だった。

パッチギ!_20100924190847


「イムジン河」に魅せられた康介は紀男と楽器店へ。そこで常連の坂崎(オダギリジョー)にザ・フォーククルセダーズや「イムジン河」について教えてもらい、戦後の朝鮮半島を取り巻く厳しさを知り、フォークソングに目覚める。
「アメリカとソ連が戦争になったら、世界はどうなる? 日本も線を引かれてしまうかもしれんで・・・仮にこの川で線を引かれたらどうする」と紀男は鴨川を指して、康介に問う。一方の岸にはキョンジャの住む朝鮮部落があり、その対岸に康介たちの家があった。

パッチギ!_20100924190944


朝高と東高のサッカー試合は、想像通りの乱闘に。その頃、アンソンは北朝鮮に帰り、サッカーでワールドカップに出場することを決意。女友達・ガンジャ(真木よう子)はアンソンについて行きたいと思いつつも、素直に打ち明けられず、朝高も中退してしまう。

ある日、康介は坂崎からフォークルのコンサートチケットをもらう。朝鮮語を勉強し、キョンジャをデートに誘うが、コンサートの日は円山公園での兄・アンソンの送別会だった。
キョンジャからアンソンの送別会に招待された康介は、キョンジャと「イムジン河」を演奏する。それを聴いていたラジオ局のディレクター(大友康平)から、「フォーク勝ち抜き合戦」に出ることをすすめられ、また、この祝宴をきっかけに康介はアンソンたちとも仲良くなった。

パッチギ!_20100924191016


その頃、アンソンの恋人・桃子(楊原京子)はアンソンの子を身ごもるが、北朝鮮に帰る決意をした彼にそのことを打ち明けられないでいた。

ある夜、川岸でフルートの練習をするキョンジャの元へ、鴨川の水の中を渡り意を決して康介は告白する。しかし、「もしずっとつきあって、結婚するようなことがあったら、朝鮮人になれる?」とキョンジャに問い返され、言葉に窮する。

パッチギ!_20100924191053


桃子が検査に来ていた病院で看護婦をしていたガンジャから、桃子が妊娠していることを知らされたアンソンは出産費用として学ランを売って金を作ろうと、後輩のチェドキに託す。アンソンの学ランを着て街なかを粋がって歩くチェドキを、東高空手部の応援に駆けつけた大阪の愚連隊・ホープ会が襲う。巡査が通りかかり一難を逃れたと思った直後、交通事故でチェドキは突然死んでしまった。

チェドキの通夜。康介は在日一世から、戦中、戦後の迫害を責められる。いたたまれなくなった康介は帰り道、大切にしていたギターを鴨川の欄干にたたきつけ、川に流してしまった。

一方、アンソンらはチェドキの弔い合戦と称し、出町柳の三角地帯で東高との大喧嘩を始める。同じ頃、桃子は出産に臨み、さらにギターを棄てたはずの康介はラジオ局のフォーク合戦で放送禁止曲「イムジン河」を歌う。そして通夜の席でラジオから流れるその歌をキョンジャは耳にしていた。

パッチギ!_20100924191137


病院に駆けつけたアンソンは生まれた子を抱き、朝鮮に帰ることを諦め、ラジオ局から出た康介を待っていたのは自転車で駆けつけたキョンジャだった。

パッチギ!_20100924190658





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/24-03f73baa
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。