--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東忠太の手がけた京都の建築物 その3

2011年04月26日 23:56

豊国廟(1898(明治31)年竣工)

DSC01117_R.jpg


平安神宮の成果もあって、1896(明治29)年には豊公会(豊臣秀吉の奉賛会)より阿弥陀ヶ峰に建設される太閤廟(豊国廟)の建築工事監督を伊東忠太は任せられます。
これは秀吉の没後三百年を記念した「豊公三百年祭」の一大記念事業でもありました。
そして1898(明治31)年に豊国廟は完成。伊東は考案と設計、さらに監督として携わり・・・、伊東は長い石段の先、頂上にある巨大な五輪塔の設計を行ったとされていますが、この建築に関しても、伊東の本来の力量は発揮されていません(というか、発揮しようもありません)。

秀吉時代の一般的な墓が五輪塔だったので、このデザインを採用したようですが・・・意匠的には全く面白みのない、単なるフツーの巨大な五輪塔が頂上にそびえているだけです。

DSC00604_R.jpg
〈東大路通り沿いに建つ豊国廟参道の巨大な石碑〉

DSC00613_R.jpg
〈京都女子大学で有名な“女坂”を登るとこの鳥居があります〉

DSC00702_R.jpg
〈太閤坦(たいこうだいら)と呼ばれる広場。もともとは阿弥陀ヶ峰の中腹であるこの地に秀吉の墓と豊国神社がありましたが、1615(元和元)年の豊臣家滅亡と共に、徳川幕府は神号を廃止し、社領を没収します。ご神体は新日吉神宮に移されました〉

DSC01136_R.jpg
〈この石段より先は有料となり、大人は50円、小中学生は30円という、何とも微妙な金額の志納登拝料を払わなければなりません〉

DSC01108_R.jpg
〈先の見えない石段。石段は500段近くあるらしいですが・・・数えるのも面倒〉

DSC00629_R.jpg
〈階段の中ほどにある唐門〉

DSC01131_R.jpg
〈頂上にある五輪塔は高さ10メートルに及ぶ巨大なもの〉

新撰京都名所圖會 豊國廟
〈竹村俊則著『新撰京都名所圖會』第一巻(1958(昭和33)年刊行)より〉


当然ながら、平安神宮も豊国廟も、伊東にとっては単なる復元“作業”や依頼“作業”に過ぎず、独自の建築美意識を発揮するには至っていません。
伊東忠太はこの後、台湾神宮(1901年)などを設計しますが、伊東本来の本領が発揮されるのは、もう少し後のこと。

1902(明治35)年から1905(明治38)年にかけて、中国・ビルマ・インド・エジプト・トルコ・欧米を伊東は歴遊します。
これは当時、大学教授になるためには留学経験のあることが慣例となっていたためで、当時すでに助教授の職にあった伊東は、留学を拡大解釈し、これらの国々を巡ることにしたのです。
そして、その中で、後のパトロンとなる大谷光瑞との出会いのきっかけを掴み、はたまた、中国では雲岡石窟を発見したりして・・・。

帰国後、西洋建築にアジア風や日本のデザインを織り込んだ独自の斬新な建築物を数々設計していくのです。


ちなみに・・・五輪塔の設計も建築家の仕事?・・・と思っていましたら、武田五一は東本願寺前の噴水(1914年)を設計しておりました(笑)。

DSC01005_R.jpg





コメント

  1. ぽん | URL | -

    参拝料、昔から変わってないんですね。現代ではほんまにビミョー(笑)

    ここも伊東忠太とは知りませんでした。たしかに、これでは腕のふるいようがない気がします。
    伝道院や祇園閣の中、見てみたいけど、非公開やったり公開時期が限られてるので未だ果たせず。モンスター彫刻を間近にしてみたいものです。

  2. miyakotenjin | URL | -

    伝道院の中はたいしたことなかったですねえ。何をあんなに長く修理していたのか・・・。
    祇園閣は自分も入ったことありません。中はそこそこおもしろい彫刻があるようですね。なんせ、大倉喜八郎の息子が気持ち悪がって寄りつかなかったくらいですから(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/230-a72de1cd
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。