--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東忠太の手がけた京都の建築物 その1

2011年04月24日 23:42

伊東忠太の手がけた京都の建築物


太平洋戦争での大きな戦災を免れたこともあって、京都には多くの近代建造物が今も残っています。

京都帝国大学建築学科の初代教授で“関西建築界の父”と呼ばれた武田五一(1872年―1938年)は、京都府立図書館(1909年)、京都大学時計台(1925年)、京都市役所(1927年~1931年、中野進一との共同)、旧毎日新聞社京都支局(1928年)、河合橋(1918年)、葵橋(1918年)、賀茂大橋(1931年)・・・、

DSC00909_R.jpg
〈京都市役所(1927年~1931年)〉

アメリカの建築家であるウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880年―1964年)は、同志社大学啓明館(1920年)、東華菜館(旧・八尾政、1926年)、大丸ヴィラ(1934年)、同志社大学アーモスト館(1936年)・・・、

DSC00571_R.jpg DSC00576_R.jpg
〈東華菜館(旧・八尾政、1926年)〉

逓信省に入省した建築家の吉田鉄郎(1894年―1956年)は、旧京都中央電話局上京分局(1924年)、京都中央電話局(現・新風館、1926年)など逓信建築を中心に設計しています。

DSC01462.jpg
〈旧京都中央電話局上京分局(1924年)〉


当時の近代建築物は一様に、ルネッサンス様式やゴシック様式といった西洋建築がもてはやされた時代でした。


そしてこれらと同じ時代に造られた京都の建造物の中でも、異質さにおいて一際目を引くのが・・・西本願寺伝道院(旧・真宗信徒生命保険株式会社本社屋、1912年)と祇園閣(1927年)の二つの建物です。

DSC00347_R.jpg DSC01200_R.jpg
〈伝道院(旧・真宗信徒生命保険株式会社、1912年)と祇園閣(1927年)〉

西本願寺の厳かで古めかしい仏具屋が並ぶ門前に突如として現れる異質な建造物。西本願寺伝道院は、西洋建築一辺倒だった明治から大正期にかけて、あえてアジア建築の新風を取り入れた斬新な建築で、奇妙な外観を有しながらも異彩を放っているのです。

そして、祇園閣はといえば、これもまた東山の瀟洒で風光明媚なたたずまいに突如として現れる、天に突き刺す祇園祭の鉾のような珍妙な建造物で・・・。


このどちらもが明治から昭和にかけて活躍した建築家・伊東忠太(1867(慶応3)年―1954(昭和29)年)の設計によるものでした。

伊東忠太

これらエキセントリックな外観から、よほどユニークな建築家が建てた代物だとお思いの方もいるでしょうが・・・、伊東忠太の略歴をみると、

日本近代建築の父・辰野金吾に師事し、帝国大学工科大学大学院を卒業。のちには東京帝国大学名誉教授となり、1943(昭和18)年には建築界ではじめて文化勲章を受章。また建築家としてだけでなく、奈良の法隆寺を日本最古の寺院建築であることを学術的に証明した建築史家としても有名です。
主な建築作品には、明治神宮(1920年)、大倉集古館(1927年)、一橋大学兼松講堂(1927年)、震災祈念堂(現・東京都慰霊堂本堂)(1930年)、築地本願寺(1934年)など。

これほど順調に建築家としての王道を歩んだ人もそう、いないでしょう。日本を代表する建築の権威なのです。


そして、どちらの建築物の施主も、当時の日本における名士中の名士でした。
真宗信徒生命保険株式会社(現・西本願寺伝道院)を依頼したのは、西本願寺第二十二世法主・大谷光瑞。
祇園閣の施主は、大倉財閥の創始者・大倉喜八郎。
両名とも、伊東忠太の重要なパトロンでもあったのです。

新進気鋭の建築家と進取の気性に富んだ当代一の趣味人が揃ったからこそ、奇跡のような建築物が出来上がったのです。


それでは京都に残る伊東忠太設計の建造物を見ていきましょう。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/228-23209dbb
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。