--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神病治療発祥の地 岩倉 その1

2011年04月16日 00:55

精神病治療発祥の地 岩倉


京都市の中心部より北東へおよそ7キロメートルの場所に位置する左京区「岩倉」。

岩倉は山地に囲まれた郊外の小さな盆地ですが、昭和4(1929)年に同志社高等商業学校(現・同志社大学商学部)が当時はまだ村と称していたこの地に移転し、その頃からすでに文教地区としての素地はできあがっていました。また同じ頃には鞍馬電気鉄道(現在の叡山電鉄)が出町柳―鞍馬間の直通運転を開始したこともあって、岩倉の都市開発も徐々に進みつつあったのです。

そして昭和41(1966)年に日本初の国際会議場として「国立京都国際会館」が開設すると、住宅地としてのステイタスは一気に跳ね上がり、当時、全国最高の地価上昇率を記録。

さらに京都市を南北に延びる市営地下鉄が国際会館駅まで延長された平成9(1997)年以降は、利便性も格段によくなり、現在も農地が点在するものの、のどかな住宅地として人気を誇っています。


しかし「岩倉」と言えば、一昔前まで、ある用語の隠語となっていたことをご存じでしょうか。

そう、精神病院のあることで有名だったのが「岩倉」で、京都で「岩倉」と言えば「精神病院」を指す言葉でもあったのです。


20110409124609144[1]
〈地下鉄「国際会館駅」より北に2キロメートルほど行った所にあるのが「目無橋」。岩倉川にかかる赤い欄干が鮮やかな橋で、道の正面が「実相院」です〉

2011040912433202f[1]
〈左の建物が「いわくら病院(旧・岩倉病院)」。道の突き当たりに見えるのが「実相院」の門〉


戦前の京都を舞台とした小説には、精神病院の地として「岩倉」の名が稀に登場します。

たとえば梶井基次郎の「裸像を盗む男」という大正12年に書かれた習作には、
「足越が酒精中毒で岩倉の癲狂院へ入った」と云うショッキングな話をその中からきいたのは自分が熱い珈琲を啜っている時だった。発狂や自殺未遂が今年は何人目だろうと数えられるほど起る学校なのであるが、平常学校や寄宿舎で天才だとか大酒飲だとか噂せられていた足越にその順番がまわって来たのは自分にとってはまるで思いがけないことだった。

また、田宮虎彦の「比叡おろし」では、
私が、細井さんから、細井さんの奥さんがもう十年近く岩倉の精神病院に入院していることや、奥さんの病状が悪くなるたびに葉子ちゃんが呼ばれて来るのだということを聞かされたのは、それから十日ばかりたって、葉子ちゃんが唐崎の町へ帰っていった翌日の夜のことであった。


現在も岩倉には「いわくら病院(旧・岩倉病院)」「北山病院」「第二北山病院」(後者二つは同じ法人ですが)と三つの精神病院があり、さらにこれら病院の母体法人が運営する介護老人施設なども多数存在します。

三つの病院の全てが岩倉の中でも「岩倉上蔵町(あぐらちょう)」という狭い町内にあり、そこには紅葉で有名な「実相院」や、幕末には勤王の志士も足繁く通ったとされる史蹟「岩倉具視幽棲旧居」もあって、岩倉の中でも特に歴史深い区域なのです。

2011040912445117a[1]
〈「実相院」。天台宗寺門派だった単立寺院で、回遊式庭園と枯山水が有名です〉


そして、この地に精神病院が集まっている理由には、“大雲寺”というかつての名刹の存在が大きく関係しているのでした。

20110409124216582[1]
北岩蔵大雲寺は天台宗にして、本尊は聖観世音の立像なり、行基の作とぞ。抑此寺のはじめは、王城の北の空に紫雲のたなびく所あり、衆人是をあやしむ。去によつて勅使として右近衛中将何某をつかはし見せしめ給ふに、此山の巓なり。勅使不思議に思ひ給ふうち、忽然としてかしらに雪をいたゞきたる老尼現れ、曰、此地はこれ観世音降臨の霊地なり。又高峰にいたるに異香四方に薫じたる霊嶽あり、是を窺見れば音楽を奏して、其中より観世音の光明赫々たる尊体を拝して、此地に伽藍をたて給ひて、行基の作り給ひし尊像を本尊となす。大雲寺の額は詔によつて佐理卿筆を染たまひしなり。〔今本堂にかくる是なり〕開基は智辨僧正なり。〔伝釈書に出る〕又此所を岩蔵となづくる事は詔あつて王城の四方に石蔵をいとなみ経王を納めらる、其辺りに石座明神まします、是れ石蔵のゆゑんなり。
『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)北岩倉大雲寺より





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/222-eb136e7b
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。