--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(秘)必殺現代版 その1

2011年04月02日 00:53

(秘)必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族

WS000000_R_20110401133300.jpg


1982年12月31日。恒例の第24回レコード大賞では、細川たかしの「北酒場」が大賞を獲り、NHKでは紅白歌合戦が高視聴率を打ち出す中、テレビ朝日系列では、真っ向から視聴率勝負を棄てた“トンデモ”ドラマが放送されていました。

それが、「(秘)必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族」です。

藤田まこと主演でおなじみ、時代劇「必殺シリーズ」のスペシャル第3弾は、なんと現代劇だったのです。

WS000047_R_20110401133300.jpg

その藤田まことが語るオープニングの自虐的なナレーションも秀逸です。「大晦日、民放NHK比ぶれば 恥ずかしながらNHKが勝つ。神も仏もないものか。紅白嫌いの皆さんの、つのるウップンの数々を、晴らす一夜の裏番組。お釈迦ぁさぁでも、 I don't know」って(笑)。

当時、時代劇姿でおなじみレギュラー陣の洋服姿も新鮮ながら(特に、鮎川いずみがね)、このドラマで主要キャストを演じる芦屋小雁師匠の熱演ぶりに、注目っ!
現在、紅白歌合戦に真っ向勝負を挑んでいるダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズ並の爆笑シーンも満載です。


中村主水(藤田まこと)は保険の勧誘員、村上秀夫(三田村邦彦)は路上で手作りアクセサリーを売る青年、山田勇次(中条きよし)はピアノの調律師、そして長谷川加代(鮎川いずみ)は個人タクシーの運転手。

WS000059_R_20110401133259.jpg

カラオケ仲間だった彼ら四人は、ひょんなことからお互いの祖先が仕事人だったことを知り、カラオケ屋で言い争いになった悪徳産婦人科医師の殺害を企てるのです。

WS000067_R.jpg
〈悪徳医師の用心棒だったヤクザに殴られ、鴨川の河原に座り込む四人〉

河原で主水がつぶやくのです。「私のご先祖さんだったらねえ、グサーっといくとこ、なんですがねえ・・・」と。その言葉に固まる三人。「いや、私の曽々爺さんというのがね、その昔、お江戸八丁堀で同心やってたっていうんですけどね、生活が苦しいんで、裏稼業の殺し屋をやってたっていうんですよ」。
加代「すると晴らせぬ恨みを代わって晴らす?」。
勇次「もしかして仕事人か?」。
秀夫「同じ!」。
勇次「おれんちも仕事人だよ~」。
加代「わたしんちも!」。
秀夫「おれんちも仕事人だよ」。
って、んな、あほな(笑)。

WS000095_R.jpg

しかし、先祖の殺しの道具であった、勇次の三味線の糸は使い物にならず、秀夫のかんざしは夜の祇園には目立ちすぎ、主水の形見の刀は錆び付き・・・殺害は失敗するかに思えたものの、悪徳医師の偶然の運転ミスが原因で崖から車ごと転げ落ち、成功してしまったのです。

WS000018_R.jpg
〈事故の目撃者として加代が西陣警察署で事情聴取を受けているのを、向かいの北野天満宮で心配しながら待つ主水、秀夫、勇次の三人〉

悪徳医師の死因は事故死で片付いたものの、「もうこんな危険な真似は二度とご免」と、現代の仕事人はこれっきり、のはずだったのですが・・・。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/214-ceddbe39
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。