--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本画家 甲斐庄楠音 その1

2011年03月28日 00:47

日本画家 甲斐庄楠音


1999年に角川書店から出版された岩井志麻子の小説集『ぼっけえ、きょうてえ』。「第6回日本ホラー小説大賞」や「第13回山本周五郎賞」を受賞した作品そのものもさることながら、単行本の表紙に使われた絵が注目を浴びます。

絵のタイトルは「横櫛」。作者は甲斐庄楠音(かいのしょう・ただおと、1894年-1978年)という人物でした。

横櫛 1916年 京都国立近代美術館
〈「横櫛」 1916年 京都国立近代美術館所蔵〉

その絵は、従来の女性画、美人絵にはない、人間の暗部を描き出す生々しい作風で、悪魔的、退廃的と称される言葉がぴったり当てはまります。

幻覚(踊る女) 1920年頃 京都国立近代美術館
〈「幻覚(踊る女)」 1920年頃 京都国立近代美術館〉

没後二十年にして奇しくも本の表紙に作品が用いられたことから、再評価を受けることとなる甲斐庄楠音ですが、描く作品の異様さと同様に、この人の人生もまた“奇人”と呼ぶにふさわしい、波瀾万丈の人生だったのです。

ホモセクシャルにしてナルシスト。画家にして風俗考証家。名匠・溝口健二の片腕として数々の映画で風俗考証を担当し、『雨月物語』では米アカデミー賞の衣裳デザイン賞にノミネートされ、年老いてなお、素人芝居の女形を演じ・・・。
この短い肩書きだけでも、彼の才能と怪しさは理解できることでしょう。


甲斐庄楠音の人生については、フランス文学者であり美術評論家の栗田勇氏が著した『女人讃歌―甲斐庄楠音の生涯―』(1987年、新潮社刊)等に詳しく描かれています。

女人讃歌ー甲斐庄楠音の生涯ー
〈『女人讃歌―甲斐庄楠音の生涯―』(著者・栗田勇、1987年、新潮社刊)〉



1894(明治27)年、京都に生まれた楠音は、父方が楠木正成の末裔にして旧旗本の名家(父には側室もおり、9人兄弟の5番目の子供でした)。母方が御所士(女人禁制の御所にあって、諸卿・諸士の接待に従事する宮仕え)の家庭という恵まれた環境に育ちます。

喘息持ちで体の弱かった楠音を父は兄弟の中でも溺愛し、5歳頃までは女の子の着物を着て人形遊びに興じていたのだとか。
中学は当時のエリート校である第一中学校に入学しますが、進学校の空気に馴染めず、京都市立美術工芸学校図案科へと編入。
この頃には父は亡くなっていて、東京に住む長兄・楠香の経済的援助で、父親の存命中と変わらぬ不自由のない生活を送っています。

その後、京都市立絵画専門学校に進学し、ダ・ヴィンチに傾倒して西洋絵画の美術書を読みあさり、素人歌舞伎の女形を演じるなど芝居に熱狂。自らの女装した姿を写真に撮り、それをモデルに絵を描くという自己陶酔の制作スタイルを確立したのです。
画壇に登場したのは、1918(大正7)年。学校の先輩である村上華岳、土田麦僊、入江波光、小野竹喬、榊原紫峰らが文展に対抗してつくった「国画創作協会」の第1回展に出品した「横櫛」によってでした。

横櫛 1918年 〈「横櫛」1918年〉

1922(大正11)年には帝展に「青衣の女」が入選。このまま京都画壇を代表する作家に成長するかに思えた楠音でしたが、彼にとって大きな事件が1926(大正15)年に起こりました。
それが、俗に言う“穢い絵”事件です。

国画創作協会の第5回展に出品予定だった「女と風船(蝶々)」が、会を主宰していた土田麦僊によって“穢い絵”だとして直前になって出品を拒否されたのです。

1928(昭和3)年には、楠音の主戦場であった「国画創作協会」が解散。
この後、画壇とは徐々に疎遠となり、1940(昭和15)年の時に知り合った溝口健二によって、映画の世界に進出します。
芝居好きが興じて得た知識は、映画界の風俗・衣裳考証の分野で大いに生かされました。
そして1955(昭和30)年、61歳の時には『雨月物語』(溝口健二監督)で米アカデミー賞の衣裳デザイン賞にノミネートされるという快挙を得るのです。
しかし、翌年、溝口健二が亡くなると、未練なく映画界を去り、絵の世界へと戻ったのでした。

その後は、映画時代から加わっていた映画関係者・芸術家たちのサークル「山賊会」での個展で絵を発表したり、素人芝居に精を出したり、旧作の絵に筆を加えたりと悠々自適の生活を送っていたようです。また1963(昭和38)年に京都市美術館で国画創作協会回顧展が開催されると、過去の作品を通じて再び注目されましたが、思うように新作の筆は進まず、1978(昭和53)年、83歳で亡くなりました。


なお、現在、楠音の作品は『甲斐庄楠音画集 ロマンチック・エロチスト』(監修・島田康寛、2009年、求龍堂刊)で見ることができます。

甲斐庄楠音画集 ロマンチック・エロチスト 求龍堂
〈『甲斐庄楠音画集 ロマンチック・エロチスト』(監修・島田康寛、2009年、求龍堂刊)〉






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/204-93f7d49f
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。