--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学者 土井虎賀寿 その1

2011年04月08日 00:51

哲学者 土井虎賀寿


京都帝国大学教授・西田幾多郎を創始者として戦前戦後の哲学界を席巻したのが“京都学派”です。そのなかでも「異端児」「反逆者」「孤高の奇人」と称されたのが、愛称“土井虎(どいとら)”こと哲学者・土井虎賀寿(どい・とらかず、1902年-1971年)でした。
彼は西田幾多郎の直弟子で、田辺元に見いだされ、天野貞祐に終生気にかけられた、愛すべき“奇人哲学者”だったのです。

数々の奇行もさることながら、旧制三高教授、京大講師の職をなげうって、40代半ばで東大大学院に入学し、学生へと転身した彼をマスコミは賞賛。一時、土井ブームを巻き起こすほどでした(まあ、そのブームの半分は、名誉と地位をなげうったという変人としての興味だったようですが)。

土井の主な業績には、数々のニーチェの翻訳刊行が挙げられ、また東大寺大仏開眼千二百年記念事業の一環として手がけられた「華厳経」のドイツ語訳は十余年の歳月を経て完成をみた一大事業でもありました。

反復性の躁鬱病を患い、病気ゆえの奇行の逸話に富み、そして、周りを顧みない集中力を発揮し、数々の著作を短期間で執筆(現在ではほぼすべてが絶版です)。患った躁鬱病は体に及ぼす負担を知らず知らずのうちに強いた反面、それによってもたらされた超人的な集中力が「華厳経」のドイツ語訳という常人では成し得ない難事業を完遂する原動力ともなったのです。しかし結局、病が高じて1971年、精神科の病院において心筋梗塞で亡くなります。69歳でした。


土井虎賀寿については、教え子である小説家の青山光二が彼をモデルに『われらが風狂の師』(1981年、新潮社刊)を書き、詳しく伝えています。

20110324012818920[1]

土井が学習院大学で講師を務めていた1955年頃には、青山はすでにこの風変わりな師を主人公にした小説を書こうと考えていたようです。
とはいえ、なぜかこの上下二巻にわたる伝記風の長編小説では、土井虎賀寿は「土岐数馬」として、また一番身近で師をつぶさに見てきた青山自身は「菊本辰夫」という仮名で登場。そして土井の妻や子も仮名であるのに対し、他の関係者は実名で登場するという何とも消化不良気味の伝記となっているのでした。

奇行続出の悲劇の哲学者として、あるいはまた、華厳経ドイツ語訳という難事業を独力でなしとげた偉才として一般には記憶されているであろうD氏を、私がはじめて見たのは昭和六年、旧制第三高等学校の二年生のときであった。D氏は論理学を講じる二十九歳の新進学徒だったが、教壇の彼の世のつねならぬ、異色に満ちた、俊秀の二字を絵に描いたようでもあった風貌を、いまも私は明確に記憶している。名物教授数あるなかに、D講師ほど、青春の入口に立った向学心のつよい若者たちにとって魅力的で、若々しい学問の空気を発散してやまない存在は他になかったと思う。
(中略)
さて、この作品の主人公はD氏にかなり似ているはずだが、むろんD氏を等身大に描いたわけのものではない。あくまでも、D氏をモデルにしたというにすぎず、この作品においてD氏の伝記を書こうという気は、さいしょから毛頭、私にはなかった。したがってD氏に関する伝記的事実は、作品を構成するための方法的必然によって、随所で無視されたり変改されたりしている。この作品については、ほんらい虚構の上に立って、D氏に似たところの多い人物を造型したという云い方が、ほぼ正しいであろう。

『われらが風狂の師』(著者・青山光二、1981年、新潮社刊)あとがきより

もちろん“D氏”とは土井虎賀寿のことで、「D氏をモデルにしたというにすぎず」と、あとがきでは記していますが、どうやらかなりの周辺取材を重ね、実際の土井に近い実像がそのまま描かれているのでは、と推察できます。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/200-d49f7eec
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。