--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマの京都 その1

2010年09月19日 23:18

ナマの京都 著者・グレゴリ青山 2004年

ナマの京都 表紙_20100919224849


さてっ! 今回は、素(す)の京都を語らせれば右に出る者はいない、グレゴリ青山さんの『ナマの京都』(メディアファクトリー)です。

グレゴリ青山さんは1966年、京都生まれの漫画家・イラストレーター。
デビューのきっかけは、蔵前仁一氏(この方の旅行体験記『ゴーゴー・インド』『ゴーゴー・アジア』は、沢木耕太郎の『深夜特急』とともに、1980年代後半からバックパッカーのバイブルとなり、ブームを起こしましたね)の
同人誌『遊星通信』(のちの月刊誌『旅行人』)に4コマ漫画を投稿したことから。
高校卒業後はアルバイトをし、お金が貯まれば海外に行き、という生活を繰り返していたそうです。

そんなデビューの経緯からか、最初はずっと自身のイラスト入り旅行体験記(『旅のグ』1996年、『ひみつのグ印観光公司』1998年、『旅で会いましょう。大人の週末バックパック』2001年、etc)を書いていました。
これらの旅行記もホントおすすめ。おもしろい、もとい“ほんまおもろい”です。
風変わりなペンネームの由来は、「ローマの休日」のグレゴリー・ペックから。このペンネームのせいで、よく男性に間違われるそうです(笑)。


この人のユーモアと独自の視点は、それまでの旅行記で誰もが認めるところだったんでしょうが、
旅行記以外の題材では初の本として、生まれ育った京都を“いやらしく”そして“いけず”に、さらには“身内ネタ”目線でぶった切ってしまったシリーズの第一弾が、この『ナマの京都』なのでした。

このシリーズを読めば、従来の京都本はあほらしーて読めまへん。なにをすましておいでやすの・・・と(笑)。


ナマの京都_20100919223310
〈高校時代の春休み、料亭でアルバイトをするグレちゃん。京都名物“いけず”を目撃します〉

料亭の裏側では、女将や社員に気を遣いながらパートにいそしむおばちゃんたちの姿があるのです。人間関係ってただでさえ難しく厄介なのに、いけずな上司がいるなんて嫌ですねえ・・・。
高校時代のグレちゃんも、茶わんにご飯をてんこ盛りに盛って怒られてしまいます。
「なら最初からそう教えろーッ」というグレちゃんの心の叫びはごもっともです。


ナマの京都_20100919223436ナマの京都_20100919223511ナマの京都_20100919223546
〈わかりやすい京都語入門もあります〉


京都における王将(もちろん餃子のね)の存在意義を推察し、大きな京都のお揚げさんやデカイ袋に入った番茶をお土産にススメてくれます。そう、大抵の京都の家では上品な緑茶ではなく、番茶をヤカンで煮出してましたね。
26歳で結婚し、東京に移り住んだグレちゃんは、6月に和菓子屋に並ぶ「水無月」が全国的なお菓子ではないことや、とり肉を“かしわ”、ゆで卵を“にぬき”と言わないことにもびっくりだったようです。

ナマの京都_20100919223619





コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/19-e0c6a834
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。