--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廓育ち その1

2011年03月22日 02:07

廓育ち 監督・佐藤純彌 1964年

WS000008_R.jpg


監督は巨匠・佐藤純彌。
(まっ、巨匠といえども、日本映画史上最大の迷作『幻の湖』(橋本忍監督、1982年)と並び称される“トンデモ映画”『北京原人 Who are you?』(1997年)のような突飛もない作品も生み出していますが・・・そこはご愛敬ということで)

原作は川野彰子の「廓育ち」(『新潮』1963年7月号)と「狂い咲き」(『小説現代』1964年1月号)で、両作を脚本家の棚田吾郎が大幅に改編して脚色しています。

WS000174_R_20110220110901.jpg 〈島原大門〉

舞台は売春防止法が制定される直前の京都の廓・島原(売春防止法は1957年4月1日から施行されました)。
とにかく、リアル・・・、そして素晴らしい映画です。

WS000028_R_20110220110747.jpg 〈島原西門付近〉


この映画の特筆すべき点は三つ。


まず、地味で人間味のない退屈な原作を、廓に囚われつづけた芸者上がりの若い女将の悲哀あふれる劇的な作品に仕上げた脚本家・棚田吾郎の力量。

そして、赤線防止法施行から6、7年経った島原には、まだ往時の面影が色濃く残っていて、しかもこの内容の映画撮影を、町が許可したという点。

WS000068_R.jpg 〈島原歌舞練場〉

最後は・・・主演・三田佳子の圧倒的な演技力。ツンとしたぶっきらぼうな美しさの影にある憂いが、何とも色っぽいのです。この時はまだ20代前半ですよ!(まさか後年、あれほど凡庸な“大物女優”となるとは、この映画からは想像出来ないですね)

WS000678_R.jpg






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/186-e2513e8a
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。