--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄化粧

2011年04月14日 22:41

薄化粧 監督・五社英雄 1985年

WS000000_R[1]


別子銅山は愛媛県新居浜市にあった銅山で、昭和48(1973)年に閉山となりました。現在はその廃墟跡が“東洋のマチュピチュ”と称され、テーマパークになっているのだとか。

別子銅山の社宅で、昭和24(1949)年、ダイナマイト爆破事件が起こり、犯人の社宅の地下からミイラ化した母子の死体が見つかります。そして犯人は刑務所から脱獄、逃亡・・・。その実際の事件を取り扱った小説が西村望著『薄化粧』(1980年、立風書房刊)で、1985年には映画化もされました。

主演・緒形拳、監督・五社英雄の『薄化粧』です。

といってもこの作品は、京都が舞台ではありません。
しかし、松竹・五社プロ・映像京都の提携作品として制作されたこの作品には、京都の見慣れた風景がそこかしこに映っています。

提携会社のひとつ「映像京都」は、2010年8月31日に解散しました。もともと1971年に大映が倒産し、翌年、旧大映の社員たちが集まって立ち上げた職人集団だったのです。
ちょうど「木枯らし紋次郎」(フジテレビ)が大映京都撮影所により制作されていた最中での倒産で、制作を継続させるため、1972年に市川崑が音頭をとり多くの俳優やスタッフが参加して、発足します。
時代劇のテレビドラマを中心に、『金閣寺』(1976年、高林陽一監督)や『利休』(1989年、勅使河原宏監督)、『かあちゃん』(2001年、市川崑監督)などの映画も制作しました。
代表の西岡善信氏が高齢ということもあり、38年の歴史に幕が下ろされることとなったのです。最後の作品は2010年11月にフジテレビで放送された「2夜連続 松本清張スペシャル 球形の荒野」でした(この作品でも南禅寺が重要なシーンとして登場します)。


まあ「映像京都」が関わっていたことから、京都でのロケが多用されたのでしょうが・・・。


WS000053_R[1]

東本願寺の御影堂でしょうか。境内で佇む脱獄犯の坂根藤吉(緒形拳)。

WS000058_R[1]

この後、門前で妻と子の弔いのために小さな仏壇を買い、それを手に飯場から飯場へと逃げ回るのです。


WS000197_R[1]

坂根が飯場近くの飲み屋で知り合った内藤ちえ(藤真利子)と行った映画館には、千本日活。


WS000220_R[1]

同じく内藤ちえと坂根が坐るのは、鴨川べり。


WS000255_R[1]

懐かしの京都市電。おそらく右はホンモノで、左はN電を真似たハリボテ車輌でしょうか・・・。


WS000262_R[1]

南禅寺の水路閣。坂根を追う刑事の真壁(川谷拓三)が、元上司の松井(大村崑)に相談する場面。松井は警察を定年退職し、電鉄会社で働いている設定です。


WS000358_R[1]

警察の追っ手から逃げる坂根が最後にたどり着いたのは、内藤ちえが親戚の元に身を寄せている信州です。

WS000377_R[1]

しかし撮影は、かの橋本遊郭で行われていました。


映画や原作と京都は一切関係ありません。単なるロケーションとして使われただけでした。


WS000401_R[1]

あえて、映画評はしませんが・・・、この映画での緒形拳の演技を見ると、つくづく“名優と怪優は、紙一重の違い”と、思わされます(もちろん褒め言葉で、緒形拳は名優だと言っているのですよ)。


おまけ・・・、

WS000109_R[1]

落盤事故で社員が死んでも何とも思わず、麻雀にしけ込む“あこぎな”会社の重役には、六代目笑福亭松鶴師匠!! 亡くなる一年前の勇姿です。





コメント

  1.   | URL | sSHoJftA

    京福の写真左の車両の説明です

    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E7%A6%8F%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%89%84%E9%81%93%E3%83%A2%E3%83%881001%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A
    参考まで。

  2. t.okuno | URL | -

    なるほど、市電じゃなくて、京福電車でしたか。
    1985年制作の映画ですものね・・・。

    ご指摘ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/182-ac9dc8fe
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。