--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五番町夕霧楼 その7

2011年05月01日 23:33

WS000114_R[1]

ストーリーには関係ありませんが、娼妓に財布をすられたと訴える客は、井上昭文。最近、お見かけしませんねえ・・・。時代劇の悪代官と言えばこの人ですっ。一度見たら忘れられない、名脇役。


WS000136_R[1]

放火犯となる学僧・櫟田正順には、奥田瑛二。


WS000158_R[1]

夕子を水揚げする西陣の呉服屋・竹末甚造には、長門裕之。田坂作品で名演を見せた同役の千秋実の演技に影響されすぎっ(笑)。


WS000180_R[1]

鳳閣寺にいる正順からの手紙で、正順が夕霧楼を訪れることを知り、一張羅のワンピースを新調した夕子。しっかし、何ですか? この紫のケバい衣装は・・・!!
まがりなりにも、1972年から水上勉公認で井筒八ッ橋のイメージキャラクターとなっている「夕子」にこんな衣装を着せるなんて・・・。


WS000206_R[1]

で、出ました! 名脇役といえば、そう、この人、加藤嘉!! 正順の病弱で気弱な父親役での登場です。
この人、この頃はまだ、60代のはずですが・・・枯れちゃってます・・・。しかし、温厚で実直そうなこの風貌にして、実生活では結婚4回のプレイボーイ。しかも3回目の相手は山田五十鈴でした。


WS000223_R_20110216182233[1]

客の一人として田中邦衛も出ています。


WS000248_R_20110216182233[1]

最後に・・・、この映画でもっとも唖然とさせられたのが、この人。役柄は鳳閣寺の一室に住む進駐軍の愛人で女優の五条乃理子。演じるのは、宇佐美恵子という人です。
モデルから女優に転身した人のようですが・・・役柄での化粧と衣装のどぎつさもさることながら、映像を異空間に引き込むほどの大根役者ブリっ!! 外国人が片言で演技しているのかと思っちゃいました(苦笑)。


なんとも、監督のセンスを疑う、微妙にトホホな映画でしたね・・・(狙っていない“微妙なセンスのズレ”がなんとも痛々しく滑稽なのです)。





コメント

  1. ぽん | URL | -

    原作も新旧の映画も観てないので、「片桐夕子」というのがこの登場人物の名前だとは知りませんでした。あの、薄幸そうな日活ロマンポルノのスター(こちらのほうは何本か観てますが)

    五番町は、もうすっかり様変わりして寂しいですね。私はかなり前に、あのあたりの風情が好きで近所に住んでたんですけど、当時は少し残っていた建物も全て無くなり殺風景です。かつては娼楼やったであろう、色ガラスのはまったアパートの前で、アッパッパ姿のおばあさんが夕涼みなどしてはりました。あの方たちは現役時代から住み続けてはったのでしょうか。こういう建物は文化財として保存しようがないですが、それでも残っててほしかった・・・・。

    ところで宇佐美恵子さん。この人はモデル時代、野性味のある美人でめちゃカッコ良かったんですよ。大根ですか・・・・はぁ(泣)

  2. そ~ぽん | URL | 0j6G4aFc

    夕霧楼の女将が

        「あなた お名前は」
        「ゆうこ  です」
        「どんな字書くん?」
        「夕方の夕です」

        こんなやり取りがあったような気がします。

        ちょっとニヤッとしてしまいました。

  3. t.okuno | URL | -

    ぽんさん、いらっしゃい。

    ほぅほぅ、宇佐美恵子さんって、格好いいモデルだったのですか。

    明らかに違和感あるブッキングで、セリフが全部あさっての方向に行っちゃってましたから(笑)。
    どこぞかのスポンサーが強引にねじ込みやがったな、と思える配役でしたネ(苦笑)。

  4. t.okuno | URL | -

    そ~ぽんさん、コメントありがとうございます。

    そうそう、そんなやりとりがあったのです。

    そして、夕霧楼の夕と、夕子の夕で、「これは何かの縁」と女将の瞳がキラッと光るのです。
    横では今でいうチーママ風の娼妓が、「掘り出しもんでっせ」と女将に耳打ちしたりして・・・(笑)。

  5. とんぼ | URL | uaIRrcRw

    千本通

    せんぼんぐらばー館という街の中華屋さんの皿うどんにハマって、あたりをウロウロ
    しているうちに、「千本日活」という怪しげな映画館を発見(笑)、あとからあの辺りのことを
    知って驚きました。

    40年ほど前までは、普段着の商店街としてもかなりの賑わいだったんですね。
    その頃の名残というか残り香がいまだ幽かに漂うかの街の佇まいに、魅力を感じています。

  6. t.okuno | URL | -

    とんぼさん、いらっしゃいませ。

    『女の園』がソ連映画……なるほど。こちらは懐かしの京都の情景を観ているので苦ではありませんでしたが、プロパガンダの匂いのする映画はあまり面白くはありませんね(苦笑)。

    ぐらばー館の皿うどんは人気ありますねえ。自分は皿うどんが少し苦手で、あのお店のチャーハンや唐揚げが好きでした(笑)。ちなみに千本中立売を下がった「西陣飯店」のちゃんぽんも、すごくおいしいですよ。

  7. とんぼ | URL | uaIRrcRw

    『女の園』、私はショスタコーヴィチが好きなんですが、彼が音楽を付けた
    共産党支持や戦意高揚のためのプロパガンダ映画なんかとカットや流れが
    まるで同じやん、と感じました。時間は残酷ですね(^ ^;
    例の大江健三郎氏がポジティブな意味で書いていた、不法滞在中の北朝鮮人の
    帰国運動を賞賛する映画の中で民族衣裳を着た浪花千恵子が美しかった
    というのも、今となっては...

    ぐらばー館、焼きめしもいいんですね、試してみます。一人で皿うどんと
    唐揚げを頼んだときは、唐揚げの量が多すぎて死にそうになりました(笑)
    でも美味しいですよね。
    森元首相と男おいどんのラーメン屋の親父とを足して二で割ったような
    大将が中華鍋を振っている姿も好きです。横で福島瑞穂みたいなおばちゃんが
    洗いものをしているんですが、奥さんでしょうか?

    大晦日の今日、千本界隈は食料品店は賑わっていたんでしょうね。
    ちょっと見ておきたかったです。
    よいお年を。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/181-551990aa
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。