--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五番町夕霧楼 その6

2011年05月01日 23:32

五番町夕霧楼 監督・山根成之 1980年


WS000030_R[1]


前作である田坂具隆監督の『五番町夕霧楼』(1963年、東映)と比べてしまうこの山根成之監督の『五番町夕霧楼』(1980年、松竹)ですが・・・、リメイクする意味がまったく見あたりません。まあ、無難につくられた、凡作です。

作品紹介には、水上勉の『五番町夕霧楼』(1962年)に加え、公開の前年に出版された『金閣炎上』(1979年)も含めて脚本が書かれたようですが、『金閣炎上』(水上勉が放火犯の学僧・林養賢の周辺を取材したノンフィクション的作品)の影響はほとんど見られません。というか、明らかに1963年の田坂作品を脚本的にも演出的にも踏襲し、少し焼き直しただけの作品という印象でした。


WS000005_R[1]

撮影時に20代後半だった松坂慶子ですが、そもそも、19歳の片桐夕子役をこの人の配役にした時点で、失敗でしたね。バニーガール姿で「愛の水中花」を歌い、お茶の間に色気と笑いをもたらした一年後に、この役はちょっと・・・(笑)。しかも、松坂慶子という人はフツーにしていても実年齢より年上に見えてしまうのに、若作りを意識した、お下げ髪姿が役者として痛々しい・・・。


WS000028_R[1]

夕霧楼の女将・かつ枝には浜木綿子。この人は、うまいっ! 演技も別格。


WS000066_R[1]

夕霧楼の元の経営者・酒前伊作の遺骨を持って京都に帰ってきた、かつ枝。女郎たちがみんなで手を合わせている中に、一人だけ芋を食っている娼妓が。って、この演出は女郎をバカにしすぎ。


WS000075_R[1]

なぜか、原作にも、田坂作品にも出てこない活動屋役の横内正が、一躍この作品では夕子の客として重要な配役に。左は娼妓・敬子役の風吹ジュン。


WS000097_R[1]

コンパネでつくった感丸出しの鳳閣寺。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/180-7566b6d8
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。