--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川ホルモー その3

2011年02月18日 00:28

WS000199_R.jpg

敗戦の責任を感じた高村は、寮に引き籠もります。原作では大学から自転車で小一時間の距離にある岩倉に下宿している高村ですが、劇中では吉田寮がモデルの百万遍寮に住んでいます。


WS000223_R.jpg

安倍が高村の元を訪れると、彼はちょんまげ姿に! 自分が使役していたオニが全滅すると、使役者は「ホルモー」と叫ばざるをえず、その後、懲罰があたえられるのです。先の立命館での戦いで「ホルモー」を叫んだ高村への罰は、ちょんまげだったということ。しかし、濱田岳は、ほんといいバイプレーヤーです。


WS000230_R.jpg

高村から、早良と芦屋が付き合っていることを知らされ、今度は安倍が「物忌み」と称して引きこもりに・・・。京産大との戦いにも顔を出さない安倍でしたが、9人で戦った青龍会は芦屋の活躍で勝利。
プライドを傷つけられた安倍と芦屋との確執が決定的となり、ホルモー覚書きの“第十七条”を発議し、チームを二分する事態に。
原作では吉田泉殿町に実在する喫茶店「ZACO」が安倍を中心とした5人で新たに結成する「京大青龍会ブルース」の集合場所になっていますが、この映画では荒神橋たもとの「リバーバンク」が使われています。この喫茶店は『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督、1980年)のロケ地としても有名です。


WS000248_R.jpg

あまりにワガママで利己的な“第十七条”を発議した罰として、安倍率いる新チーム「青龍会ブルース」の面々は黒い邪悪なオニの存在に悩まされます。このホルモーの怒りを鎮めるには戦いに勝つしかないのですが・・・、原作では他大学のチームも強制的にそれぞれ二分され、計8チームでのトーナメント戦を行います。しかし映画では時間の関係上、京大青龍会内での紅白戦にスケールダウン。


WS000253_R.jpg

原作では、「青龍会ブルース」と芦屋率いる「青龍会神撰組」が京大の吉田グラウンドで決勝を戦う絵的には地味な設定を、劇中では両軍が京都の町を舞台に駆けずり回り、派手に劇を盛り上げます。鴨川縁、木屋町、先斗町、辰巳大明神、八坂の塔、平安神宮、水路閣・・・。

WS000312_R.jpg

そして最後にたどり着いた決戦の地は、金戒光明寺の山門。脈絡なく、京都中の名所を背景に駆け回る彼らを責めないでください(笑)。映画的にはこうでもしないと絵的に盛り上がらないのですから。


多様なオニ語に加え、振り付けも映画独自のオリジナルで、見せるための苦心は十分うかがえます。目くじらを立てて、原作の方がいいだの、原作と違っているなどと比べる映画ではないですね。

ただし、ホルモーのネット中継と、その解説者が笑福亭鶴光って・・・。これは原作にはない劇中オリジナルですが、まったく要らなかったですね。監督か脚本家が「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」世代だったのでしょうか(苦笑)。

WS000174_R.jpg





コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/179-9a839500
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。