--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川ホルモー その2

2011年02月18日 00:28

鴨川ホルモー 監督・本木克英 2009年

鴨川ホルモー_0009

原作・万城目学。脚本・経塚丸雄。
あまり期待せずに観たのですが・・・そこそこ、おもしろい。


WS000360.jpg

二浪して京都大学に入学した安倍(山田孝之)と、帰国子女の高村(濱田岳)。彼らが、サークル「京大青龍会」に勧誘されるのは、葵祭での巡行のアルバイト帰りのこと。サークルの会長はスガ氏こと菅原(荒川良々)。


WS000371.jpg

乗り気ではない新歓コンパに行った安倍は、そこで理想の鼻を持つ早良京子(芦名星)に出会います。安倍は無類の鼻フェチで、彼女の存在が「京大青龍会」に入るきっかけに。同じく新歓コンパの席には、陰気で大木凡人似の楠木ふみ(栗山千明)の姿も。


WS000046_R.jpg

原作での安倍の下宿は丸太町の設定ですが、劇中では北白川の「銀月アパートメント」に。


WS000100_R.jpg

ようやく新入生に「京大青龍会」の正体がわかる時が・・・。祇園祭の宵山に、上回生が揃いの青色の浴衣で登場。しかももっとも人混みで賑わう四条烏丸交差点に連れてこられ、そこには、黒、白、赤の揃いの浴衣を着た別の一団が。彼らは京都産業大学玄武組、立命館大学白虎隊、龍谷大学フェニックスと称する、京大青龍会とともに「ホルモー」を競うサークルの面々でした。
この交差点の場面は、伏見桃山城キャッスルランド(2003年1月閉園)の駐車場で撮影。


WS000111_R.jpg

宵山の夜、三条木屋町の居酒屋「べろべろばあ」で「ホルモー」の説明を受ける各大学の新入生たち。「べろべろばあ」の店長役は石橋蓮司。青龍会のOBで、今ではホルモーの競技委員長的存在。


WS000149_R.jpg

“吉田代替わりの儀”の場面。祇園祭から4ヵ月間の“オニ語”修得を経て、ようやくこの吉田神社で行われる儀式ののち、新入生にもオニが見えるようになるのです。


WS000155_R.jpg

春になり二回生となった安倍と高村は、他大学との交流戦に向け、鴨川の三角州(デルタ)で、オニを操る練習を。1人が100匹、1チーム10人で千匹のオニを戦わせ競います。


WS000183_R.jpg

安倍たちの代「第五百代目間ホルモー」の便宜上の呼び名が「鴨川ホルモー」に決定し、青龍会の初戦の相手は立命館大学白虎隊。会場は立命館の衣笠キャンパス。ホーム&アウェーの総当たり戦で各チーム一年間に計6戦を戦うことに。初戦は芦屋(石田卓也)の活躍で青龍会が優勢に進めるも、緊張した高村(濱田岳)の失態で敗北となります。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/178-169e2be5
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。