--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安井金比羅宮 その1

2011年03月25日 00:22

安井金比羅宮

20110210195328c49[1] 〈南の鳥居〉


平安時代、怨念をもって亡くなり、都に災いを起こした人物として、のちに天神と崇められた菅原道真が有名ですが、その菅原道真とならんで恐れられたのが、第75代天皇であった“崇徳上皇”です。


崇徳上皇(元永2(1119)年―長寛2(1164)年)は鳥羽天皇の第一皇子として生まれ、後白河天皇の実兄でもあったのですが、父とも弟とも不和のまま政治的に翻弄された人生を送ります。

その中でも、もっとも有名なのが「保元の乱」の首謀者とされたことです。ちなみに保元の乱は、摂関家が凋落し、貴族の世から武士の世へと移り変わるターニングポイントとなった政変でもありました。

平安時代の末である保元元(1156)年7月に皇位継承問題や摂関家の内紛から、朝廷が崇徳上皇側と後白河天皇側に二分し、武力衝突に至ったこの政変で、崇徳上皇側が負け、上皇は讃岐へと島流しに・・・。

『保元物語』や『平家物語』では、上皇の讃岐での軟禁生活についても記されています。それによると、五部大乗経の写本造りをしていた上皇が、戦没者の菩提を弔う気持ちから高野山や京都の寺に収めてほしいと完成した写本を朝廷に送ります。しかし、そこに呪詛の意図を読み取った後白河天皇は受け取らず、その振る舞いに怒った上皇が、「魔縁と成つて遺恨を散ぜん」「魔王となってでも、この恨みを晴らしてくれようぞ」と自らの舌を噛み切った血で、都から返された写本に願文を書きつけ呪詛を込めて瀬戸内海に沈めるのです。その後、上皇は爪や髪を伸ばし続け、禍々しい容姿となったと伝えています。

20110210195257565[1] 〈歌川国芳「百人一首の内 崇徳院」〉

しかし実際、崇徳上皇の怨念が都の人々の口に上がるのは、上皇の死から10年以上も経った後のこと。安元2(1176)年に後白河法皇の側近が立て続けに亡くなり、翌年には延暦寺の強訴、安元の大火、鹿ケ谷の陰謀と社会情勢を揺るがす大事件が次々と起こります。これらの出来事が、貴族を中心に崇徳上皇の怨念のせいだと噂されるようになるのです。のちには、後白河法皇でさえも、「讃岐院」としていた崇徳上皇の院号を「崇徳院」と改め、「崇徳院廟」(のちの粟田宮)を祀らざるをえなくなりました。


さて、長々と崇徳上皇の怨念について記しましたが・・・、
安井金比羅宮はもともと崇徳上皇の霊を慰めるために建治年間(1275年―1277年)に大円法師が建立した光明院観勝寺が起こりだと伝えられています。その後、観勝寺は応仁の乱の戦火で荒廃し、元禄8(1695)年に右京の太秦安井にあった蓮華光院が現在の地に移設されて、その際、讃岐金刀比羅宮から勧請した“大物主神”と“源頼政”が“崇徳上皇”と併せて祀られ、その後、「安井の金比羅さん」と呼ばれるようになったのです。
明治維新後の廃仏毀釈で蓮華光院が廃され、安井神社と改称。戦後、安井金比羅宮が正式名称となります。


“縁切り祈願”の由縁として神社の説明には、
主祭神の崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮でいっさいの欲を断ち切って参籠されたことから、当宮は断ち物の祈願所として信仰されてきました。
また、戦によって心ならずも寵妃烏丸殿とお別れにならざるを得なかった、崇徳帝の悲しみのお気持ちは、幸せな男女のえにしを妨げる全ての悪縁を絶ちきって下さいます。
男女の縁はもちろん、病気、酒、煙草、賭事など、全ての悪縁を切っていただいて、良縁に結ばれて下さい。良縁に結ばれたご夫婦やカップルがお参りされても縁が切れることはありませんのでご安心を。
と、あります。まあ、こじつけが強引と言えば強引ですが・・・。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/175-abd2a928
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。