--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧 橋本遊郭 その4

2011年03月04日 00:45

二階の窓や欄干を集めてみました。欄間の華麗な細工にも注目です。


20110201191437309[1] 20110201191519e96[1]

20110201191520af9[1] 201102011915565d4[1]

20110201191556e10[1] 201102011915566fc[1]

一様に遊郭建築と言っても、窓枠の意匠や欄干の違いで、これほどまでに違った個性を見せてくれるのですから・・・たいしたものです。


20110201185239238[1]

普通の遊郭街なら「われが、われが」と奇抜な意匠や、ド派手なネオン風の建物がところどころにあっても不思議ではないのですが、どの家も純和風の歴史を感じさせる欄間飾りや彫刻の数々・・・素敵すぎますっ。


それにしても、いっさい手をつけられていない感のある旧遊郭街なのですが・・・、

20110201185312fe6[1]

やはりこの町にも、時の流れという名の空き地が、ちらほらと(泣)。


最後に・・・、

うらたじゅんさんのマンガ「発禁・櫻御前」の舞台はこの橋本で、どこかで見た情景がそこかしこに描かれています。

20110206192504875[1] 〈うらたじゅん「発禁・櫻御前」〉


また、島原の遊郭を舞台に多くの小説を書いた川野彰子の「狂い咲き」(『小説現代』1964年1月号)にも橋本の様子が少し触れられています。
家を出ても、行くあてはなかったが、財布の底をはたいて「橋本」までの切符を買った。旧京阪電車の橋本というところに、離れ島のような遊郭があると聞いていた。遊郭以外のところでは働く方法を知らなかった。
山と川にはさまれた細長い町で、川向こうの山崎町近在から渡し舟で通ってくる、土地の百姓相手の商売であった。(川野彰子「狂い咲き」より)


他にも、宮尾登美子原作の映画『鬼龍院花子の生涯』(監督・五社英雄、主演・夏目雅子、1982年)や、西村望原作の映画『薄化粧』(監督・五社英雄、主演・緒形拳、1985年)、さらには谷崎潤一郎の『蘆刈』(1932年)など、幾多の文学や映画のロケーションとしても登場しています。






コメント

  1. ぽん | URL | -

    うう、先を越された(笑)
    噂には聞いていましたが、佇まいがよう残ってますねぇ。
    現役でないのに、こんだけ建物が現存してるとこがすごい。今は普通の人が住んでおられるのでしょうが、私もこういう建物に住んでみたいものです。
    夜中に、何かが出てくるのは勘弁ですけど。

  2. miyakotenjin | URL | -

    ほんと、この一廓だけ時代がかっていて、えも言われぬ風情なんです。
    といっても終日閑散としていて、住んでいる方も町並みと同じく、
    むしろ品のよさそうな方たちばかりで・・・(笑)。

    再開発されるような地域ではないんでしょうけど、
    次第にこの町並みも変わっていくんだろうなと考えると少し残念ですネ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/162-4b378f18
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。