--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廓 その1

2011年02月09日 00:04

廓 西口克己 1956年―1958年

IMG_0001[1] IMG[1]


中書島(ちゅうしょじま)は古くより京都と大坂を結ぶ水運の拠点として栄えてきました。

桃山時代には三十石船が伏見と大坂の間を行き来し、江戸時代になって角倉了以が高瀬川を開削してからは、荷を積み降しする荷夫や商人、旅人で大変な賑わいとなります。さらには幕府の伝馬所や大名の本陣、屋敷も置かれ、多くの旅籠も存在しました。その旅籠の中の一つが寺田屋で、幕末、坂本龍馬が常宿としていたことでも有名ですね。

DSC02003[1] 〈寺田屋〉


現在でも京阪電車の中書島駅は、京阪本線と宇治線の接続駅として交通の要所を担い、昨今の龍馬ブームと、酒造会社のテーマパーク的酒造り見学も盛況で、休日には多くの観光客が訪れます。

DSC02048[1] 〈キザクラカッパカントリー〉


201101312119038dc[1]
中書島〔豊後橋の西にあり。文禄年中向島に塁を築くといふは此中書島の地なり。慶長のはじめ伏見城と共に滅亡せり。それより年久しく荒廃の地となりしを、近年遊女町となりていにしへの江口神崎に準、旅客の船をとゞめ、楊柳の陰に觴をめぐらし、あるは歌舞の妓婦花のあしたに袖を翻へし、琴三弦の音は月のゆふべに絶間なし〕
〈天明7(1789)年刊行の『拾遺都名所図会』より 伏見中書嶋 辨財天より〉

中書島の一角にあるのが、「島の弁天さん」や「弁天寺」と呼ばれ親しまれている、長建寺です。元禄12(1699)年に創建された比較的新しい寺院で、本尊の弁才天女(八臂弁財天)は、毎年元旦から15日間のみ開帳される秘仏です。

DSC02079[1]
〈辨財天長建寺。中国風の朱色の竜宮門や土塀が特徴的です〉

DSC02105[1]
〈長建寺のそばは辨天浜といい、この場所で米が降ろされ、酒が積まれていました〉


長建寺は淀川を行き来する廻船の守護神として、また本尊の弁財天が音楽をもって衆生を救う女神であることから、遊郭で働く遊女の技芸上達の神として信仰を集めました。『拾遺都名所図会』の右端にも“遊女町”と遊郭のあったことが記されています。


豊臣秀吉によって開発された中書島は江戸時代に入り、一時、荒廃しますが、伏見城下にあった遊郭がこの地に移転されると再び活気づき繁栄するようになります。江戸時代には祇園とならぶ花街、色街でもあったのです。
そして近代に入ると、1910(明治43)年に京阪線が開通し、ますます遊郭として栄えるようになりました。


さて、この中書島を舞台とした小説があったことをご存じでしょうか。
発表当時は廓の内情を暴露する小説としてセンセーショナルな話題となり、ベストセラーにもなりました。

その名も『廓』と題された長編小説で、作者は西口克己という人物です。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/156-291286c6
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。