--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説家 田宮虎彦

2011年01月26日 01:16

IMG_0004_20110122155605[1]


手元にあるのは1974(昭和49)年に旺文社文庫から刊行された田宮虎彦著『足摺岬 他五編』。もちろん今では絶版です(旺文社文庫自体がありませんからね)。

現在でも簡単に手に入る田宮虎彦の著書としては『足摺岬 田宮虎彦作品集』(講談社文芸文庫)があります。しかし、このブログの趣旨にあった文庫としては、やはり・・・旺文社文庫の『足摺岬 他五編』が最適なのです(笑)。


まずは田宮虎彦の簡単な経歴から。

1911(明治44)年、東京生まれ。幼少期より神戸に育ち、神戸第一中学校を卒業後、1930(昭和5)年に第三高等学校(現:京都大学)に入学します(この時、桑原武夫からフランス語を習ったのだとか)。
1933(昭和8)年、東京帝国大学文学部国文学科に入学。在学中は大学新聞の編集や同人誌をつくったりもしたようです。
大学卒業後は、新聞記者、「映画年鑑」の編集、女学校教師など職を転々としながらも小説を書き続け、1947(昭和22)年、37歳の時に『世界文化』に発表した歴史小説「霧の中」で注目され、本格的な作家活動に入ります。

残念ながら賞にはさほど、恵まれませんでした。
1950(昭和25)年に「絵本」が第23回芥川賞候補となりますが、惜しいところで逃してしまいます。
翌年の1951(昭和26)年には単行本『絵本』で第5回毎日出版文化賞を受賞。
そして、1953(昭和28)年には「都会の樹蔭」が第30回直木賞候補となるも受賞にはいたりませんでした。

代表作は「足摺岬」(1949年)や「絵本」(1950年)。
ベストセラーとしては『愛のかたみ』(光文社)があります。これは妻を胃がんで亡くした翌年(1957年)に刊行した、亡妻との往復書簡を本にまとめたものです。

作家の最期は残念なかたちで訪れます。脳梗塞の後遺症で右半身不随となり、執筆が思うように出来ない悩みから、住居であった東京のマンションより投身自殺を図ります。1988(昭和63)年、享年77歳でした。


20110122155700265[1]
〈第三高等学校(現、京都大学)の正門。現在は総合人間学部のキャンパスとなっています。門は三高時代からのものです。〉


どうして旺文社文庫の『足摺岬 他五編』にこだわるかといえば、その収録作品が、次の6編だからです。

「卯の花くたし」(1951(昭和26)年7月『改造』)
「鹿ヶ谷」(1951(昭和26)年7月『文芸』)
「比叡おろし」(1953(昭和28)年11月『新潮』)
「絵本」(1950(昭和25)年6月『世界』)
「菊坂」(1950(昭和25)年6月『中央公論』)
「足摺岬」(1949(昭和24)年10月『人間』)

これら6つの作品は執筆時期が前後するものの、一つの連なった作品となっています。
そして「卯の花くたし」「鹿ヶ谷」「比叡おろし」は田宮虎彦が第三高等学校に通っていた京都時代に題材をとった自伝“的”小説といえるのです。


2011012215570139d[1]
〈「卯の花くたし」や「鹿ヶ谷」の舞台となった疏水べりの「哲学の道」〉


時代はちょうど、満州事変(1931年)から日中戦争(1937年)に突入する頃。そんな時代を生きた、一人の青年の数年にわたる物語。
戦争が影を落としはじめ、社会は窮屈になり、若さという特権をもつ学生といえども、苦学生にとっては大学に進むという選択しか僅かな希望はありません。
作者自身、そして作者と同じ時代を生きた若者たちの姿を、作中の主人公「私」に仮託し、田宮虎彦自身「私の魂の歴史」と呼んだ物語がこの文庫に収録されている作品群なのです。


貧しさや社会の不条理を描く小説というのは、ややもすると、登場人物に当時のイデオロギーや体制を激しく糾弾する姿勢や言動をとらせたがります。しかも私小説の専売特許は、恨み辛みと愚痴にあり(あくまで私見です)、私小説を嫌悪する人は、その点に不快感を抱くのでしょうが、田宮作品では一貫して、苦学生である主人公の「私」に恨み節を吐かせていないのが、好いのです。

主人公を取り巻く人びとは、疎水に身を投げて情死した同級生や、自殺する下宿先の奥さん、そして下宿先の隣人が妻を亡くしたり・・・と、あまりに不幸の極みにいます。しかし、主人公も含めて不幸の中にいる人たちが思いやりと優しさをもっていて、これらの作品ほど人の哀しみと温かみを同時に感じられる小説も、そうありません。

そして田宮虎彦のこれらの作品は社会の不条理や貧困を、淡々と、客観的に描いている点で、より切なく感傷的にうつるのです。どれも歯切れのいい短編で、作品として書き込みすぎていないのが、作品の好さを際立たせています。


20110122155701d49[1]
〈「比叡おろし」の舞台となったのは、黒谷金戒光明寺のそばの下宿でした。〉


京都時代を描いた作品を踏まえた上で、名作「絵本」や「菊坂」、代表作「足摺岬」を読めれば、より作品世界を掴めるのでしょうが、現在では「卯の花くたし」「鹿ヶ谷」「比叡おろし」の3編は、そう手軽に読める状態にはありません。それ以前に、はたして田宮虎彦という存在自体がどれほど現代で認知されていることやら・・・(泣)。


こんなにも好い小説が世間から埋もれかかっているとは・・・残念ですねえ・・・というか、世間ではこれらを好い小説とは、もう呼ばないのかもしれません(泣)。






コメント

  1. かつての京大生 | URL | EWVx.VaU

    紙箱ケースに入った旺文社文庫

    買ってから35年以上になりますね。紙箱はケースはボロボロになって捨ててしまいましたが、中身は大切に保管して時々読み直しています。
    この本を読んで、進学先を決めました。
    大学4年の冬休みには、学生のうちに…と足摺岬を訪れました。のどかな風景で小説のイメージとのギャップが今でも忘れられません。

  2. t.okuno | URL | -

    箱入りの旺文社文庫はいまだに人気があるようで、なくなってしまった今では残念ですね。本に魅入って進学先を決められる学力がうらやましいです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/145-e4301177
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。