--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五番町夕霧楼 その4

2011年05月01日 00:33

五番町夕霧楼 監督・田坂具隆 1963年 東映東京

IMG_0011[1]


もちろん原作は水上勉の『五番町夕霧楼』で、監督は田坂具隆がつとめました。
原作の初出は『別冊文藝春秋』秋季号(1962年9月)、映画の公開が1963年11月。ほぼ原作を踏襲した映画化となっています。

あらすじは、小説紹介の時に詳しく書きましたので省略ということで・・・。


三島由紀夫の『金閣寺』(1956年)同様、1950(昭和25)年7月2日未明に発生した学僧による金閣寺放火事件をモチーフに描いていますが、三島由紀夫の『金閣寺』や、それを原作とした映画『炎上』(1958年)のように学僧の放火に至る心理や経緯をつづった作品ではありません。

あくまで、貧しい家庭を助けるため自らの意志で娼妓となった少女の物語なのです。
そして寺(『五番町夕霧楼』では鳳閣寺)を放火することとなる学僧は少女の幼馴染みとして登場し、少女の廓生活での心の支えとなります。
学僧との清廉な恋、そして遊郭での日常生活や、女将や先輩娼妓との交流を(哀しくも、あたたかく)描いた作品です。


実際の放火犯で、大谷大学の学生でもあった金閣寺の修行僧・林養賢(法名は承賢)は、放火の一週間ほど前に五番町の遊郭に登楼しました。
そこで彼の相手をした娼妓に「もうすぐ大変なことをやってみせるぞ」と漏らしていた事実を原作者の水上勉は事件直後、新聞で目にするのです。
水上は林養賢と同じく、日本海に近い福井の寒村に生まれ、幼い頃に口減らしのため寺に出された経験を持ち、しかも青春時代の大半を五番町で過ごしました。
貧しい境遇と吃音というコンプレックス、そして矛盾だらけの寺の生活で、精神的に窮し放火に至った修行僧に、水上が関心や同情を向けるのは当然のことでした。
その大いなる関心と、自らが体験し見聞きした廓での生活を交えながら創作されたのが、このフィクションなのです。


20110106210242da1[1]

主人公の片桐夕子役は佐久間良子ですが、多岐川裕美に見えちゃいました。右は父親役の宮口精二。『古都』(1963年)では、千恵子(岩下志麻)の父親役でしたね。


201101062101538ee[1]

夕霧楼の女将・かつ枝役は、いつも名演技を披露する木暮実千代です。しかし、今回は演出上の指示なのでしょうか、原作の女将よりも少しキツイ感じがしました・・・。


2011010621015305a[1]

おそらく50年前の千本通りです。「スター食堂」や「関西相互銀行」の看板が見えます。


20110106210153598[1]

売春防止法が施行され赤線が廃止されたのは、1958(昭和33)年。上映の5年前ですね。さすがに夕霧楼のある町並みは、東京大泉の撮影所に組まれたオープンセットでの撮影です。


20110106210153735[1]

50年前の京都北野郵便局。現在も上七軒の同じ場所にあります。かつ枝が夕子のために貯金通帳をつくってやるのです。

20110106210154a5d[1]

夕子が廓生活で大切にためた貯金通帳。昔の貯金通帳は、こんなのだったんですねっ。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/132-ea54d160
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。