--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西陣京極 千本中立売 その2

2011年01月07日 00:23

この界隈の往時の“残滓”を探してみようとしたのですが・・・、完全に町は終わっていました。
千本中立売の交差点から北東にある「西陣京極」もその中の一つです。ここを今のうちに触れておかないと、もう往年の姿はたどれないと思いきや・・・、面影すらもほとんどなくなっていたのです。


2011010518150928c[1]
〈西陣京極への西側からの入り口に掲げられた看板〉


それもそのはずです。映画産業は1960年代後半になるとテレビの台頭もあり廃れはじめ、西陣の織物業も1970年代から急速に斜陽となってしまいます。この地を走っていた市電も北野線は1961年に、千本線と今出川線も1970年代には廃線となりました。そして、遊郭であった「五番町」も1958年の売春防止法施行によって寂れてしまい・・・。
今でもこの界隈には、洋品店などのうらぶれた商店が目につきますが、それは歓楽街だった往年のかろうじての名残なのです。


20110105181510385[1]
〈千本通りに面した西側の入り口。千本通りは今やパチンコ屋とその駐車場ばかりです・・・〉


さて、件の「西陣京極」ですが、“京極”といっても四条の新京極を思い浮かべてはいけません。たかだか、縦横それぞれ150mほどの狭い範囲の小路が入り組んだ場末の歓楽街でしかないのですから・・・(お住まいの方、場末と言ってごめんなさい)。


20110105181510f44[1]
〈西陣京極の路地で、かろうじて一番賑やかそうな場所〉


この狭い西陣京極一帯に、かつて「西陣キネマ」「長久座」「千中劇場」「西陣大映」「西陣東映」と5つもの映画館があったというのですから驚きですね。
ちなみに、「長久座」は昭和30年代に、「西陣キネマ」と「西陣東映」は昭和40年代に廃館となりました。


201101051813114b5[1]
〈南の入り口から「西陣京極」に入ると、すぐにあるのが左手の公衆トイレ〉


残る2館の運命もたどるべき道をたどります(笑)。場末の映画館のたどる道と言えば・・・、
「千中劇場」は「千中ミュージック」と名前を変えストリップ劇場となり、1987(昭和62)年には失火により焼失してしまいました。
そして、「西陣大映」は「シネ・フレンズ西陣」として同性愛者専門(!)の映画館となり、2005(平成17)年に廃館となったのでした。


2011010518131100e[1]
〈この先にかつての「西陣大映」がありましたが、のち「シネ・フレンズ西陣」と名を変え、今は民家が建っています〉


2011010518131276e[1]
〈北側の入り口〉


20110105181312a47[1]
〈現在も営業中の銭湯「京極湯」。この界隈では唯一、かつての趣を残している場所です。かつての「千中ミュージック」はこの先にありました〉


西陣京極は今や、数軒の飲み屋と一軒の銭湯が頑張っている程度で、民家が増えているほかには、こんな路地にまでも新しく建ったパチンコ屋の母屋やガレージが浸食し、情緒を語るには見るも無惨な状態でありました。





コメント

  1. ぽん | URL | a7A/fxcY

    過去記事にすんません。昔、この界隈に住んでました。当時はまだ、五番町にも色ガラスのはまった往年の建物がいくつかあり、それらしいニオイを漂わせていたものです。いまはすっかり、影も形もないのは残念です。

    写真に写っている西陣京極には、頻繁に飲みに行ってました。「はや川」は、先代がご健在やった頃の常連です。信じられへん値段で美味しいお総菜がいただけた良いお店でした。飲みすぎたおっちゃんが、向かいのシネフレンズのオールナイトで夜明かしし、それらしき人に声をかけられたとか、そういう話もよう聞きました(笑)

    あのごみごみした界隈が更地になり、普通の家が建ち並んでいる様子はなんだかなぁと思います。そんなわけで、かすかな風情を求めて大阪の新地を徘徊する今日このごろです。
    ところで、よろしければリンクさせていただいて良いですか?

  2. miyakotenjin | URL | -

    ぽんさん、こんちゃ~

    ぜひ、こちらの方こそリンクさせてください。今後ともよろしく、です。

    およ、あの近くに以前、お住まいでしたか。
    かな~り前、シネフレンズ西陣(当時は「西陣大映」)の前に小さな切手屋がありました。
    西陣京極といえば、あのたぐいの映画館がある卑猥な小路という印象で、
    なぜか切手集めに熱病のように憑かれた小学生時代の(ほんの短い)一時、
    あの映画館を横目に切手を買いに行ったことを思い出します(笑)。

    新地といえば、いつだったか、夕方のニュース番組で飛田新地を特集していたのを見てびっくりしました。
    もちろんアレやコレやの大人の世界には触れず、「伝統を守る町」として紹介していましたが・・・、
    むしろ、大人の世界に一切触れずに特集していたことがびっくりでした(笑)。

    五番町はここ10年ほどでいっきにおもしろい建物がなくなっちゃて、ざんねんですねえ(泣)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/129-9ad1dfd4
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。