--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方広寺 大仏殿 その1

2011年01月20日 01:02

五條楽園の南端を東西に走る通りは正面通。そして五條楽園を南北に貫く高瀬川には「正面橋」が架かっています。

20101230050907bbe[1] 〈高瀬川の正面橋〉

正面橋を東に向かうと、任天堂発祥の地があり、鴨川に出るとそこにも「正面橋」が架かっています。

20101230050908237[1] 〈鴨川の正面橋〉

川端通りを横切り、さらに東へと向かいます。小さな商店街風の町並みを通り過ぎると、

20101230050800530[1]

いきなり大きな通りがあらわれ、その先にあるのが豊国神社です。

20101230050908fc3[1]

といっても、通り名の由来は豊国神社の正面という意味ではなく、かつてこの場所にあった方広寺大仏殿の正面ということから名付けられました。

20101230050908b40[1] 〈豊国神社〉



20101230050531ab1[1]

大仏殿方広寺は、後陽成院御宇天正六年、豊臣秀吉公の御建立なり。本尊は廬舎那仏の坐像、御丈六丈三尺。仏殿は西向にして、東西廿七間南北は四十五間なり。楼門には金剛力士の大像を置、長は壹丈四尺なり。門の内には高麗犬あり、金色にして長七尺。〔これは豊国のやしろにありしといふ〕廻廊は南北百廿間東西百間なり。堂前に建る石灯籠には列国諸侯の名を刻む、仏殿の敷石又正面石垣の大石には国々出所の名或は諸侯の紋所等あり、廻廊の外には桜紅葉を交へて植ゑたり。慶長七年十二月四日には仏殿回禄す、同十五年右大臣秀頼公ことごとく再営ある。寛文二年本尊銅像を改て木像とし給ふ。太閤秀吉公の石塔婆は仏殿の南にあり、豊国崩れて後これを営しといふ。塔前の石灯籠には慶長十年九月とあり。
撞鐘堂は南廻廊の外にあり、四間四方にして柱の数は十二本なり。鐘の高さ壹丈四尺、指わたしは九尺二寸、厚さ壹尺。
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 大仏殿〉






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/123-ab469772
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。