--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五條楽園 その3

2010年12月29日 00:56

もう少し、五條楽園の町歩きは続きます。


20101227214911e4d[1]

看板がローマ字でも表記してある通り、外国人客にも人気の旅館だそうです。遊郭と外国人、なかなかミスマッチでよろしおすなあ。


20101227215041a65[1]

緑色の雨戸が、なに気にサイケ。


2010122721504160e[1] 〈山内任天堂〉

五條楽園の南端、正面通にあるのは、“世界のNINTENDO”発祥の地です。

20101227215041824[1]

任天堂はここで、カルタやトランプの製造からはじまり、世界に羽ばたいていったのですね。


2010122721504107a[1] 〈高瀬川船廻し場跡〉

豊臣秀吉が天下統一の後、その権勢を誇るため「天下泰平」祈願の寺として方広寺(大仏殿)を建立します。その際、建設資材を伏見港から搬入するため、1586(天正14)年、豪商・角倉了以とその息子・素庵に命じ、開通させた水路が、この高瀬川です。
実際、1920(大正9)年まで米、材木、薪炭から日常雑貨などを運ぶ重要な水路として使われていました。
このあたりに回漕点があり、ここから上流の六条坊門にかけての舟繋ぎ場には、常に何艘かの高瀬舟が繋がれていたそうです。


2010122721504231a[1]

大正モダンなんて言葉が似合う洋風のお茶屋さん。

2010122721491436a[1]


2010122721491532a[1] 〈五條楽園歌舞練場(五條会館)〉

五條楽園歌舞練場は1915(大正4)年に造られた木造三階建。最近はイベントでの貸し出しもされているようですよ。

20101227214915bf6[1]

提灯の紋は“五”を模しているのでしょうか。


20101227214745e93[1]

ステンドグラスの芸妓さん。



ひとつ気づいたことは・・・、町から消え去った「五條楽園」のネオン看板ですが、それがなくなったおかげで、町がさらにあだっぽく艶やかになっているのです。今後、ケーサツからお目こぼしがあって、営業再開の暁には、情緒ある提灯を増やして、ネオンサインはナシでお願いしたいものですね。


京都の町にぽっかりと空いた冥界のような場所。そんな場所が一カ所ぐらいあってもおもしろいと思うのですが・・・。

最後に・・・「五條楽園」の中でまったく触れていない建物がありますが、そこのところは忖度してくださいね(笑)。





コメント

  1. ぽん | URL | a7A/fxcY

    初めまして。ブログ村から来ました。
    丁寧できちんとした紹介、文章がわかりやすくていいブログですね。

    そしてチョイスの趣味!
    私はこういう風景をこよなく愛してるんですが、紹介されてる方はなかなか少ないです。そやしうれしかったです(もちろん、くだんの建物は紹介できませんよねww)
    余談ですが天野忠さんも好きで、晩年の忠さんと大野新さんに詩を教えていただきました。忠さんのお宅に伺ったとき、上品な奥様が出してくださったカルピスの味が忘れられません。

    また寄せていただきます~

  2. miyakotenjin | URL | -

    いらっしゃ~い

    ぽんさん、はじめまして~。
    こんなに過疎っている上に、かたよった趣味のブログにようこそ(笑)

    「誰がこんなブログ見てるねん」とツッコミたくなるところに、
    わかっていただける方からのお褒めの言葉はうれしいですぅ。

    というか、ぽんさんは天野さんと大野さんに、お会いなさったことがあるのですね(驚)、うらやましぃ。
    自分が天野忠(偉人は呼び捨てです(謝))を知った時は、もう亡くなっていましたからねぇ・・・。

    またぜひ、お暇な時は覗いてやってくださいませ~。

  3. boogiebluebabe | URL | bPb6EJlw

    はじめまして。
    加藤一雄できたら、五條楽園を見つけてしまいました。地元民です;
    ステンドグラスの写真に、あー電脳世界(笑)に残るんだなあ、とちょっと感慨が。いまは隣の三階建のお茶屋ともども更地となりました。そのうち駐車場になって、マンションが建っちゃうかな、と思います。まあ、事件の震源地だからしょうがないですが。
    見慣れた風景がどんどん消えていくなか、再会できて嬉しかったので、
    一言かきこませていただきました。

  4. miyakotenjin | URL | -

    はじめまして~。

    boogiebluebabeさん、コメントありがとうございます!

    加藤一雄でいらっしゃって、五条楽園でコメントしていただけるとは・・・なかなかの“通”でいらっしゃいますね(笑)
    そういう方に見ていただくと、こちらも駄文の書きがいがあったというものです。

    はやくも、更地になりましたか。なんせ、あのあたりは一等地でもありますものね。
    それにしても、もちろん違法なことは駄目なんですけど・・・ますます面白味のない町になっちゃうようで、淋しいかぎり。最近は、なくなるとわかってから、よさに気づくことばかり・・・で(苦笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/118-921a7f84
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。