--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五條楽園 その1

2010年12月29日 00:38

「五條楽園ひっそり 経営者ら逮捕、お茶屋など一斉休業」

2010年11月20日付の京都新聞朝刊で報じられた記事の見出しです。さらに以下のように続きます。

府警は10月28日と11月18日、売春防止法違反容疑で、お茶屋と置屋の統括責任者や経営者ら計5人を逮捕した。府警によると、五條楽園の摘発は「平成に入って初」。最近の週刊誌やインターネットで売春の実態が掲載されたのがきっかけの一つという。
逮捕を受け、お茶屋と置屋は10月28日から一斉に休業した。11月17日には、一帯の入り口に掲げていた「五條楽園」の看板や案内図が撤去された。あるお茶屋は「終戦直後から続けており、今さら別の商売もできない。宣伝もせずひっそりやってきたのに・・・。再開の予定はない」としている。


20101227214915d05[1]


京都が誇る五つの花街(上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町(残念ながら島原は今では花街とは呼べませんね))が“陽”ならば、この五條楽園は京都人から忘れ去られた“陰”の町・・・。
京都でもっともディープな町、それが東九条と、この五條楽園といっていいでしょう。
しかし陰の町といえども、大正や昭和初期の建物が混在し、これほど淫靡な“情緒”をかもしだす町は日本中探してもそうみあたらないはずです。

「五條楽園」とは「北は五条通、南は正面通(七条通りの二筋北)、西は河原町通、東は鴨川」に囲まれた“遊郭”のことです。
京都新聞によれば、現在も15軒の「お茶屋」と4軒の「置屋」が点在しているようですが、「お茶屋」や「置屋」と聞いて、祇園のそれを思い浮かべてはいけません。

201012272147482ac[1]

さて、この町の歴史ですが・・・、
「五條楽園」のある一帯は、江戸後期には京都で最も大きな遊廓として繁栄していて、もともとは五条橋下(五条新地)、六条新地、七条新地といういくつかの近隣の遊郭が大正時代に合併し「七条新地」と呼ばれるようになりました。
芸妓と娼妓が混在していた町が、昭和初期には娼妓ばかりとなり、戦後は赤線(政府公認で売春が行われていた地域)となって、1958(昭和33)年の売春防止法施行後に「五条楽園」と名が改められます。ちなみに1960年頃には約60軒ほどのお茶屋があったのだとか。

50年前の売春防止法施行をかいくぐり、ひっそりと存在してきた町・・・京都のタブー・・・それが「五條楽園」なのです。

立て続けに二度も摘発を受け、町も看板や案内図を撤去したとあっては、今回は当局も本気か? と心配してしまいますね。
何が心配かというと・・・お姐ちゃん・・・もそうですが、この町並みが、です。

20101227214747268[1]

売春防止法によって、京都市内でも上京区にあった遊郭・五番町は急速に寂れ、今では往時の面影がまったく見られないのですから・・・。数十年後には五番町と同じ運命を辿るのではないかと懸念するのです。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/116-e84e0b37
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。