--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐電 RANDEN その1

2010年12月27日 22:41

嵐電 RANDEN 著者・うらたじゅん 北冬書房

嵐電_0001


『嵐電 RANDEN』は作者の第二作品集で11編の短編が収められています。ほとんどが北冬書房発行の漫画雑誌『幻燈』に掲載された作品ですね。

北冬書房は、青林堂で月刊漫画雑誌『ガロ』の編集に携わっていた高野慎三氏が1972年に立ち上げた出版社です。
高野氏は、つげ義春著「ねじ式」の“××くらげ”を“メメクラゲ”と誤植しちゃった人でもあります。

『幻燈』は年一度ほど、不定期に刊行されている漫画雑誌で、『ガロ』全盛期を築いたひとり・高野氏がつくっているだけあって、つげ忠男、菅野修ら『ガロ』テイスト満載の執筆陣が揃っています(『幻燈』は『ガロ』なき今、青林工藝舎の『アックス』とともに、『ガロ』的作家にとっては数少ない主戦場なのです)。
このヘビーテイストな漫画雑誌に毎回掲載されているのが、「うらたじゅん」さんで、それだけで作風はわかりますね。


幻燈11_0001 (最新号の『幻燈』NO.11 表紙は、つげ義春です〉

うらたさんは1954年、大阪生まれ。経歴は・・・ほとんど知りません。
京友禅の絵付け見習いやイラストレーター、同人誌での活動はあったようですが、マンガ家としての全国誌デビューは1998年の『幻燈』創刊号です。というか、『幻燈』や『何の雑誌』(幻堂出版)以外で作品を見たことがないですね。
2003年に『眞夏の夜の二十面相』を、そして2007年には本作『嵐電 RANDEN』(どちらも北冬書房)を刊行し、近年では、2008年に唐十郎が読売新聞夕刊に連載した小説「朝顔男」の挿絵を描いていたようです。


うらたさんの多様な作風は、作品集『嵐電 RANDEN』を見るだけでもわかります。絵は、正直上手いとは言えませんが、昭和ノスタルジーあり、つげ義春的リアリズムあり、そして幻想奇譚あり・・・。

そもそも、うらたさん自身が、つげ義春の「紅い花」を読み、ガロの世界に傾倒していったようで、つげ義春の作風が好きな人には、馴染みやすい作品が多いでしょう(つげ作品にリリシズムをさらに加えた感じとでも言いましょうか)。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/112-b5847ff5
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。