--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園の姉妹 その1

2011年02月21日 00:50

祇園の姉妹 監督・野村浩将 1956年 大映


祇園の姉妹0003

「祇園の姉妹」と書いて「ぎおんのきょうだい」です。

本作品は、溝口健二監督『祇園の姉妹』(1936年)のリメイクですね。原作・溝口健二、依田義賢。脚本・依田義賢。



“都をどり”からの帰り客であふれる花見小路を二人の芸妓と一人の舞妓がならんで歩いている。馴染み客の「よう、みつぞろえ!」の声が飛ぶ。三人の名は、美津次(木暮実千代)、美津ひろ(小野道子)、美津丸(中村玉緒)。

祗園の姉妹000008
〈左から芸妓の“美津次”“美津ひろ”、そして舞妓の“美津丸”〉

姉妹芸者として名を馳せる彼女たち。三姉妹を自称しているものの、実は舞妓の美津丸は美津次の娘で、美津次と美津ひろの異父姉妹は、二人で一軒の家を持ち、自前芸者として働いていた(「置屋」という名のプロダクションに入らず、フリーで「お茶屋」からの仕事をこなしているのです)。

都をどりの夜、平穏な姉妹の間に波風が立つ。美津次の元の旦那・古沢謙三(田中春男)が北海道での事業に失敗し、美津次の家に転がり込んできたのだ。古沢は美津丸の父親でもあった。父親が10年ぶりに帰ってきて喜ぶ美津丸。仕方なく家に受け入れる人情屋の美津次。しかし、妹の美津ひろは古沢を気に入らない。

祗園の姉妹000030

美津ひろは、芸妓を仕事として割り切り、「芸者にお父さんはあらへん。あれは姉ちゃんの旦那はんや。お金でお姉ちゃんを慰みものにしてきたんや。あてらはお客の喜びそうなことを言うてぱりぱりあしろうたらええのや」と、そろばん尽くでしかものを見ない。

美津ひろは、呉服屋の若い番頭・木村保(勝新太郎)が自分に好意を寄せているのをいいことに、只で姉の衣裳を作らせたり、古沢の分家で羽振りのいい岡西喜久一(山茶花究)が姉に気があるのを察して、仲を取りなそうとしたり・・・。ついには邪魔で金にもならない古沢を、美津次や美津丸のいない間に、手切れ金10万円を渡して追い出してしまう。

祗園の姉妹000050
〈20代半ばの好青年な勝新太郎。1962年に伴侶となる中村玉緒とは劇中、同シーンでの共演はありません。主演した『悪名』が評判となったのが1961年。この頃は役者としてまだパッとしない時代でした〉

その頃、木村は主人・工藤三五郎(進藤英太郎)に、衣裳を美津ひろに貢いだことが発覚する。怒った工藤は美津ひろの元に衣裳代を請求しに行くが、逆に彼女の色気と甘言に骨抜きになり、自分が旦那になってやると申し出る。

祗園の姉妹000093
〈工藤役の進藤英太郎は、1936年の溝口健二監督『祇園の姉妹』にも同じ呉服屋の主人役で出演しています。前作よりも恰幅がよくなって、より主人役らしくなっていますね〉






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/107-7a45d5a0
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。