--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月の乾き その1

2011年01月10日 00:52

三月の乾き 著者・兵頭正俊 1985年

20101217193502481[1]


全共闘時代を代表する“文学”として一番に思い出されるのは、20歳で鉄道自殺をした高野悦子さんの『二十歳(にじゅっさい)の原点』(1971年、新潮社)です。
そこには、彼女が20歳になった1969年1月2日から自殺2日前(6月22日)までの、立命館大学での学生生活やアルバイト先での恋、学生運動への葛藤が赤裸々に描かれています。1973年には映画化もされました(監督・大森健次郎、主演・角ゆり子)。

各大学で全共闘運動が盛り上がり、ベトナム反戦闘争、東大紛争、日大紛争の始まった1968年。東大は1969年度の入試の中止を決定します。そして、運動が沸点に達したのが1969年1月18、19日の東大安田講堂攻防戦。その後、1969年9月5日に全国全共闘が日比谷野外音楽堂で結成された頃には運動は急速に終焉へと向かっていました。

なんだか、高野悦子という女性を思う時、ベルリンの壁崩壊の一ヶ月前に東ベルリンから脱出を試み、射殺されてしまった市民を思ったりするのです。もう少し待てばよかったのに、と。


さて、兵頭正俊著『三月の乾き』(1985年、三一書房)は、そんな全共闘の時代を描いた小説の中の一つです。兵頭氏の経歴は、1944年、鹿児島生まれ。1968年、立命館大学文学部卒業。1971年、立命館大学大学院中退。
他の作品に、『死間山』(1977年、鋒刃社)、『二十歳』(1979年、鋒刃社)、『霙の降る情景』(1979年、三一書房)、『希望』(1981年、鋒刃社)、『ゴルゴダのことば狩り』(1984年、大和書房)、『怜悧の憐れみ』(2004年、三一書房)。どうやら、これら一連の著作はR大(立命館大学)の全共闘運動と運動に関わった学生の生活を描いたもので、吉本隆明の雑誌『試行』からデビューし、長年、教師として勤めていらっしゃったそうで、今もご健在のようです。

2010121719372221a[1]
〈1955年頃の立命館大学広小路学舎〉

どうしてこの本に興味を持ったのかというと、高野さんが自殺した1969年当時、兵頭氏は同じ立命館大学の大学院に籍を置き、運動に深く関わっていたという事実から、でした。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/102-586f0619
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。