--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小早川家の秋 その1

2012年05月21日 21:18

小早川家の秋 監督・小津安二郎 1961年


「小早川」は「こばやかわ」ではなく「こはやがわ」です。
同じく小津安二郎の「宗方姉妹」(1950年)は、「む“な”かたしまい」ではなく「む“ね”かたきょうだい」ですので、あしからず(苦笑)。
微妙に変わった読み方をさせるのは、小津のこだわりなのでしょうか・・・、ややこしいですネ。

WS000098_R.jpg 〈祇園〉

さて、脚本はいうまでもなく・・・小津と野田高梧による共同脚本。
しかし、松竹所属の小津が、東宝(宝塚映画制作)に出向き、東宝のスタッフで撮ったという珍しい作品です(結局、小津が松竹以外で監督をしたのは、この『小早川家の秋』と、『宗方姉妹』(新東宝、1950年)、『浮草』(大映、1959年)の三作品のみ)。

宝塚映画創立十周年記念として、松竹の小津を迎えて満を持しての制作だったようで、東宝も当時としてはオールキャストに近い豪華な俳優陣を揃えてきましたが、その豪華さがうるさくならず、映画全体が本来の小津色に染まっているのが、大したものです。

そういう点でも、この『小早川家の秋』は、小津作品の集大成ともいうべき作品となっています(実際、この作品の次に撮られた『秋刀魚の味』(1962年)が遺作となってしまうのですから・・・)。

WS000208_R.jpg 〈渡月橋〉

なんといってもこの作品の見どころは、二代目中村鴈治郎の演技。娘の視線を気にしながら、妾の家に行こうと企む仕草なんて、何ともかわいすぎっ!

WS000179_R_20110417215106.jpg 〈二代目中村鴈治郎〉

しかも、脚本を作った小津と野田は、信州蓼科の別荘に籠もって脚本の材料を探している時、「野田の知人の老父が急病で倒れ、一家をあげて心配している最中に、ケロリと直って元気になった」という話を耳にし、小津も野田も二代目中村鴈治郎を頭に浮かべたというのですから、この人なしでは成り立たなかった作品なのです。

WS000300_R.jpg
〈伏見の蔵横で、孫とキャッチボールをする万兵衛役の中村鴈治郎〉

中村鴈治郎の演技を中心にユーモアある軽い映像のホームドラマで終わると思いきや・・・、突然の家長の死と、古きよき商家の終焉を感じさせる結末が用意され、黛敏郎の重厚な音楽「葬送シンフォニー」とともに“もののあわれ”が表現されているのです。最後に出てきた農夫役の笠智衆と妻役の望月優子の交わす会話も、何気ないようでいて、深く心に染み入ります。

WS000420_R.jpg

唯一、この映画に難をつけるとするなら・・・、番頭・山口役の山茶花究はクドイながらもおもしろい演技なのですが、磯村役の森繁久彌は正直いらなかったですねえ・・・。撮影中は、アドリブを繰り返し自分の色を出そうとする森繁に、小津は何度もダメ出しをしたようですが(苦笑)。 結局、森繁の小津作品登場はこれ一度きりでしたが、もし小津が長命であっても、二度と起用はされなかったことでしょう。

WS000026_R.jpg
〈森繁の隣に座るバーのホステス役は環三千世。この人、美人なのですがいつもチョイ役での出演です。『古都』(監督・中村登、1963年)では主人公・千重子(岩下志麻)の友人・真砂子役でしたネ〉



スポンサーサイト

小早川家の秋 その2

2012年05月21日 21:19

舞台は京都伏見の造り酒屋・小早川家。大旦那の万兵衛(二代目中村鴈治郎)には、三人の子どもがいます(いました・・・かな)。

長男と長女・文子(新珠三千代)、次女・紀子(司葉子)。
しかし長男はすでに亡くなっていて、店の切り盛りは長女の婿養子で若旦那の久夫(小林桂樹)が任されており、大旦那の万兵衛は半ば隠居状態です。

小早川家の今の懸案は、傾きかけている稼業と、未亡人となっている長男の嫁・秋子(原節子)、そして婚期にさしかかった次女・紀子の行く末です。
万兵衛の義理の弟である北川弥之助(加東大介)は小早川家を心配し、秋子と紀子に縁談を持ってくるものの、当人たちはそう乗る気ではありません。

WS000059_R_20110417215108.jpg

未亡人となった秋子(原節子)の縁談相手は、大阪で鉄工所を営む磯村英一郎(森繁久彌)。次女・紀子(司葉子)の縁談相手は銀行頭取の息子。しかし紀子は裕福ではない大学助手の寺本忠(宝田明)に思いを密かに寄せているのです。そして、寺本はこのたび大学助教授となり、遠く札幌へと旅立ってしまうのでした。

そんな小早川家に、もうひとつの騒動が起こります。隠居の身でありながら、隠れるようにコソコソとどこかへ出かける万兵衛・・・。

WS000048_R.jpg
〈番頭の山口(山茶花究)に命じられ、店員の丸山(藤木悠)が万兵衛の跡を追います〉

かつての妾であった佐々木つね(浪花千栄子)のいる京都の祇園に出かけていたのです。十数年ぶりに、たまたま向日町の競輪場近くの駅で二人は再会し、焼けぼっくいに火がついたのです。つねの娘・百合子には団令子。万兵衛は自分の子だと思っているようですが・・・。

WS000168_R.jpg

父親が妾の元に通っていることを知り、長女の文子は、亡き母が苦労していた当時を思い出し、万兵衛にきつく当たります。

WS000181_R_20110417215204.jpg

家族揃って嵐山で亡き妻の年忌法事を済ませ、ご機嫌の様子の万兵衛。ところが、その晩、心筋梗塞で倒れ、一大事に。

WS000238_R.jpg

万兵衛の兄弟が名古屋や東京から呼ばれ、妹・加藤しげ(杉村春子)や弟・林清造(遠藤辰雄(現・遠藤太津朗))らが、伏見の家に帰って来るも、翌朝、万兵衛はケロリと何もなかったかのような顔で起きてきて、一同は胸をなで下ろします。

WS000284_R.jpg

孫とキャッチボールやかくれんぼを出来るまでに回復した万兵衛。ところが元気さ余って、また妾のつねの元へ・・・。そして、二人で向日町競輪場で競輪を楽しんだ夜、祇園のつねの家で急に亡くなってしまうのです。

WS000358_R_20110417215203.jpg
〈二代目中村鴈治郎と浪花千栄子、黄金のツーショットです(笑)〉

遊び人で好き放題暮らしていた万兵衛でしたが、その存在は大きく、商売が続けてこれたのも父親のおかげだったと、家族全員が改めて思い知らされるのでした。

若旦那の久夫(小林桂樹)は、大資本の元へと会社を吸収される道を選び・・・、秋子は縁談を断り、息子と生活を続けることを決意し・・・、紀子も縁談を断って憧れていた寺本の赴任先である遠く伏見から離れた札幌に行くことを決心するのです。

WS000423_R.jpg





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。