--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大覚寺 その1

2011年08月01日 22:26

「写経」と「いけばな」で有名な大覚寺は、京都市右京区嵯峨にある真言宗大覚寺派の大本山です。

太秦から近く、寺の境内地でもある大沢池が時代劇のロケに頻繁に使われることから、京都では馴染みの深い大寺院ですが・・・、たまに紫野にある大徳寺(臨済宗大徳寺派の大本山)と混同したりもします(苦笑)。

DSC02025_R.jpg 〈大門〉

もともとは嵯峨天皇(786年―842年)の離宮「嵯峨離宮」が起源の、1200年ほど前にまで遡ることのできる由緒正しき門跡寺院なのです。

DSC02022_R.jpg 〈式台玄関〉

貞観18(876)年に嵯峨天皇の皇女・正子内親王(淳和天皇の皇后)が離宮を寺に改め大覚寺となって、淳和天皇の皇子・恒貞親王(恒寂入道親王)が初代の住職に就きました。これが門跡寺院の始まりです。

拾遺名所図会「大覚寺」 - コピー
〈『拾遺都名所図会』(天明7(1787)年刊行)より 大覚寺〉

天明年間の図と現在とでは、伽藍の数も配置も少し違っています。

大覚寺の宮は真言宗にして、仏殿には五大尊を本尊とす、弘法大師の作り給ふとなり。開基は恒寂法師。〔淳和帝第三の皇子なり〕代々ゝ法親王御住職し給ふなり。〔嵯峨天皇の故宮を精舎として大覚寺と号す、三代実録に見えたり〕菖蒲谷といふは大覚寺の北にあり。〔小松中将惟盛卿の君達六代御前北の方姫君など、此ところに忍んであはせし所なり〕八角堂は大沢の西にあり、後宇多院の陵なり。〔内に五輪の石塔あり、昔は堂の形八角なり、今も其名を呼ぶ〕相沢池〔広沢大沢の中にあり〕長刀坂〔其北にあり〕僧正遍照の旧跡〔此ほとりにあるよし、古書に見えたり〕
新続古  夕暮は秋のさがのゝ鹿のねに山もと深き露ぞこぼるゝ      忠定
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 大覚寺宮〉


建物もなかなかに寺院の伽藍としては個性豊かで、雅やかな皇室ゆかりの建物ばかりです。

DSC03087_R.jpg 〈正面が唐門〉



江戸時代に後水尾天皇より大覚寺に下賜されたのが寝殿造りの「宸殿」。

DSC01931_R.jpg 〈宸殿〉

入内した徳川二代将軍秀忠の娘・東福門院和子が、女御御所の宸殿として使用していたもので、蔀戸の装飾も豪華。

DSC01937_R.jpg



「御影堂(心経前殿)」は、大正天皇即位式の際に御所に建てられた饗宴殿を式後の大正14(1925)年に移築したもの。

DSC02019_R_20110731134505.jpg 〈御影堂(心経前殿)〉

内陣には嵯峨天皇、秘鍵大師(弘法大師)、後宇多法皇、恒寂入道親王と、大覚寺の歴史に大きな役割を果たした人物の尊像が安置されています(後宇多法皇は大覚寺で院政を行い、伽藍を整備したことから中興の祖とされているのです)。

DSC02000_R_20110731134505.jpg

入母屋造りの立派な建物ですが「心経前殿」という通り、「勅封心経殿」の拝殿の役割を果たしています。

DSC01959_R.jpg



本来の本堂で、本尊の五大明王を祀る「五大堂」は、江戸時代の天明年間の再建。

DSC03144_R.jpg 〈五大堂〉

中では毎日、参拝者が写経できるように外陣に長机と椅子が列べられ、斬新なのはエアコンが完備され快適だということ(笑)。

DSC01982_R.jpg

建物の東側には、池に張り出すように濡縁があって、大沢池が一望できます。御影堂が大正期に移築されるまでは、伽藍の中心部にあったものが、御影堂が新しく建つことによって東側に移されたのです。



「正寝殿(客殿)」は幾たびかの再建を経て、現在の建物は桃山時代様式の書院造り。

DSC01946_R.jpg 〈正寝殿(客殿)〉

再建されたとはいうものの、まさにここが、永きにわたる南北朝の争乱を治めるため、元中9(1392)年に後亀山天皇(南朝)と後小松天皇(北朝)との講話が成立し、南朝から北朝へと三種の神器が引き継がれた場所なのでした。

DSC03114_R.jpg 〈正寝殿(客殿)の内部〉



スポンサーサイト

大覚寺 その2

2011年08月01日 22:27

さて、大覚寺がどうして“心経写経の根本道場”と呼ばれるのかというと・・・、

伽藍の中心部にある「御影堂(心経前殿)」の裏手(北側)にはコンクリート造りの八角形の校倉造風の建物があります。

DSC01965_R.jpg 〈勅封心経殿〉

大正14(1925)年に再建された特に目を引く建物ではありませんが、これこそが大覚寺の真髄である「勅封心経殿」なのです。

法隆寺の夢殿を模したこの建物の中には嵯峨天皇をはじめ後光厳・後花園・後奈良・正親町・光格と六天皇直筆の般若心経が収蔵されていて、もちろん内部は非公開。扉が開けられるのも60年に一度とのこと。

空海が嵯峨天皇の信任を得て、宮中に真言密教を広めたことは周知の事実ですが(東寺が空海に下賜されたのも嵯峨天皇によってでした)、弘仁9(818)年に疫病が大流行した際、嵯峨天皇が空海の勧めに応じて般若心経の写経をすることで疫病はたちまちに治まったといいます。

またその後の歴代天皇も嵯峨天皇の写経に倣って、国の異変、天災のたびに自ら筆をとって国の平静を祈願し、さらに時を経て、嵯峨天皇や歴代天皇の直筆の般若心経は、都に悪疫の流行や大飢饉の際に開封され、宮中の人々が拝見し、国の安泰を願ったのだとか。

そして、今も「勅封心経殿」に納められている天皇直筆の「般若心経」はところどころ文字が欠損しているらしいのですが・・・それは、“宮中の人々が文字を洗って飲んで?!”、病気平癒を祈ったからだともいわれています。

しかし大覚寺側のアピール不足なのか、この建物の前に建つ「御影堂(心経前殿)」の存在感が大きすぎるのか、参拝者で足を止めて、天皇直筆の写経に思いを馳せる人はほとんどいません・・・。昔の宮中人はその文字を洗って飲むほど、すがったというのに(苦笑)。


もうひとつの大覚寺の特徴「いけばな」も嵯峨天皇の時代に遡ります。

都名所図会「大沢池 大覚寺」 - コピー
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 大沢池 大覚寺〉

大覚寺の境内の東にある大沢池は、嵯峨離宮の造営にあたって中国の洞庭湖を模して嵯峨天皇が造った庭園の名残。日本最古の人造湖です。

DSC03146_R.jpg

たびたびこの池で船遊びに興じていた嵯峨天皇が小島に咲いた菊を手折り花瓶に挿したところ、その姿が仏教の花を献じる供花と相まって、“いけばな嵯峨御流”として今日にまで続いているのだとか。

DSC03173_R.jpg
〈嵯峨天皇が野菊を手折ったとされる「菊島」〉

寺院と華道はいにしえより深い関係にはありますが、嵯峨御流は仏教寺院が主宰する華道の流派の中でも、かなり有名な流派と言えます。境内のいたるところに花も活けてあって「いけばなの寺」としてのアピールは上々。



大沢池の北東にあり、嵯峨離宮庭園の遺構として有名なのが「名古曽の滝跡」。『百人一首』で「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ」と藤原公任によって詠まれた滝跡です。平成6(1994)年からの発掘調査で中世の遺水が発見され、平成11(1999)年に復元が完了したとはいうものの・・・ただ石が転がっているだけです・・・。

DSC03171_R.jpg 〈名古曽の滝跡〉


池のほとりに映える真紅の宝塔ですが、古い建物ではありません。昭和42(1967)年、嵯峨天皇心経写経1150年を記念して建立されたものです。

DSC03155_R.jpg 〈心経宝塔〉


DSC02040_R_20110731134504.jpg 〈大沢池の蓮の花〉



姉妹坂 その1

2011年08月05日 23:36

姉妹坂 監督・大林宣彦 1985年


なんだか、これ・・・けっこう、いい映画なのです・・・。

『姉妹坂』は京都を舞台に、血のつながらない喜多沢家の四人姉妹(紺野美沙子、浅野温子、沢口靖子、富田靖子)を描いた物語で、原作は小学館の少女雑誌「プチセブン」に連載された大山和栄原作の同名漫画です。

WS000333_R.jpg


まず、この映画を見るにあたっての注意点。この映画は・・・ミュージカル映画だということ。

ここを押さえずして観てしまうと、トンデモ映画以外のなにものでもなくなってしまいます。
なんせ、ヒロインで三女役の沢口靖子が通う大学で「全女子大生の人気を二分するふたり」というのが、尾美としのりと宮川一朗太という世界なのですから(苦笑)。そこを疑問に思っては、残念ながらもうこの映画を観るための道は踏み外し、世界観にはついていけないでしょう(笑)。

WS000022_R_20110531110324.jpg
〈大学のキャンパスは同志社大学で撮影〉


沢口靖子や尾美としのり、宮川一朗太らが踊るクリスマスパーティーでのとっても小恥ずかしいダンスや、富田靖子のロボットダンス・・・。

WS000086_R_20110531110323.jpg


フォーク歌手・園臣大役の早瀬亮なる人の存在・・・。

WS000358_R_20110531110323.jpg


尾美サンの・・・濃すぎるアイシャドー。

WS000391_R.jpg


浅野温子の・・・セーラー服姿。

WS000403_R.jpg


保育園で歌う沢口靖子のザンネンな・・・歌声。

WS000422_R_20110531110350.jpg


格好をつけて哲学の道を去っていく尾美サンの自転車のサドルの・・・低さ。

WS000478_R.jpg


工事現場から久しぶりに戻ってきた宮川一朗太のドーランの・・・濃さ。

WS000573_R.jpg


こういった“些末なこと”にツッコミを入れたら、ある意味負けです(苦笑)。



設定も展開も、これ以上の王道はないというほどの少女漫画チックなストーリー。
しかし、大林宣彦の“妙”とでもいいましょうか・・・全体のテイストはやけにノスタルジックで切なく感じられる色彩に仕上げてきました(ミュージカル調なのに・・・)。


映画の冒頭から、三女・茜(沢口靖子)をめぐるライバル・桜庭諒(尾美としのり)と柚木冬悟(宮川一朗太)が水路閣を舞台にフェンシング対決!?

WS000007_R.jpg 〈水路閣〉


題名の由来ともなるのが、四姉妹の住む家にいたる坂道。
施設にいた三人が新しい母親となる喜多沢千代(藤田弓子)に手を引かれて、喜多沢家に至る道の坂道を登っていくのです。

WS000203_R_20110531111159.jpg

すると坂道の途中で父親となる喜多沢守男(佐藤允)と長女が出迎えていて、六人が揃って「ひい、ふう、みい、よっ、なんだ坂、こんな坂」と、かけ声をかけながら上がっていくシーンが・・・実にいい。

WS000208_R_20110531111158.jpg
〈日向大神宮への坂道。決してメジャーな神社ではありませんが、近くの蹴上にある山之内浄水場取水池とともに、雰囲気を出しています〉


WS000507_R.jpg
〈山之内浄水場取水池は、茜(浅野温子)が入院する病院の外観として使われています〉


劇中では終始、登場人物の心象をあらわすようにピアノやバイオリンのBGMが鳴り響き、構図やカットのつながりも全く無視した斬新な演出。こんな演出方法が許されるのは“尾道三部作”がヒットした後の大林宣彦だからなのです。


WS000143_R.jpg
〈茶房「小径」。四人姉妹の実家であり長女・彩(紺野美沙子)が営む喫茶兼土産物店。哲学の道にある実名の喫茶店が使用され、現在も改装をされて営業中とのこと〉


WS000049_R_20110531111159.jpg
〈京福電鉄の太秦駅。茜と杏が乗る電車に、諒と冬悟が乗り込んできた場面〉


WS000289_R_20110531111158.jpg
〈祇園の辰巳神社付近。酔った藍(富田靖子)が不良に連れ去られようとしているところを、助ける格好いい尾美サン(笑)〉



姉妹坂 その2

2011年08月05日 23:37

あらすじ・・・。


両親が不慮の交通事故で亡くなって7年。
父親が営んでいた哲学の道近くの写真店を改装し、喫茶・土産物店「小径」を営む長女・彩(紺野美沙子)。雑誌社に勤めるカメラマンの次女・茜(浅野温子)。大学生の三女・杏(沢口靖子)。そして、高校生の四女・藍(富田靖子)。

ある日の大学の構内で、三女の杏がフェンシング部で学内の人気者の二人、桜庭諒(尾美としのり)と柚木冬悟(宮川一朗太)から告白される。


戸惑う杏を尻目に、クリスマスパーティーのダンス会場で冬悟から無理矢理キスされた杏。それを見た諒は「どうやらオレの負けらしいな」とあっさり杏を諦めた。

そして、諒が後輩たちと飲みに行ったスナックで見かけたのは次女の茜。家計を助けるためにカメラマンの他に、夜はスナックでアルバイトをしていた彼女に心を寄せる。

WS000112_R_20110531111837.jpg
〈謎の覆面をかぶり悪ふざけをして夜の祇園を歩く、尾美サン〉

冬悟の誕生日に実家の茶会に誘われた杏。冬悟の実家は老舗の京扇子屋で、本来の冬悟には従妹でフィアンセの宝大寺毬子(横山美樹)がいたのだった。ところが、柚木の気持ちが杏に移り変わっている事を知った毬子は、杏を喫茶店に呼び出し、杏も知らない自らの出生の秘密を明かす。喜多沢家の本当の子供は長女の彩だけで、他の三姉妹は施設からもらわれてきた養女だという事を。

WS000172_R.jpg
〈冬悟を返せと杏に迫る毬子。「返してくれへんのやったら、ここを切るわ」とティースプーンを手首に当てる毬子!〉

WS000173_R.jpg


戸籍謄本を取り寄せ、事実を姉に尋ねる杏。その姉たちのやりとりを部屋の外で聞いていた四女で高校生の藍はショックを受け、自暴自棄になってディスコに繰り出す。

WS000266_R_20110531111835.jpg
〈酒に酔った四女役の富田靖子は、ビックリするくらい奇妙なロボットダンスを披露(苦笑)〉

東京に住む杏の生みの親・綾小路良江(入江若葉)が現れ、彩に杏を引き取りたいと申し出る。綾はその申し出を断るが、茜は突然、杏に冷たくなり、彼女の生母に引き合わせる。

WS000235_R.jpg
〈京都センチュリーホテルのレストランで綾小路良江(入江若葉)が彩(紺野美沙子)に杏を引き取りたいと言っている場面ですが・・・後ろの外国人エキストラの張り切り方が凄い(笑)。入江若葉のセリフが耳に入らないくらいのジェスチャーによる会話で熱演!〉


家計を助けるため夜のアルバイトをしていた茜(浅野温子)が倒れ、杏(沢口靖子)は裕福な生母の元に行く決心をし、その最後の思い出に冬悟(宮川一朗太)と旅に出て一夜をともにする。

WS000320_R.jpg
〈杏と冬悟が降り立ったのは、山陰線の保津峡駅〉

綾小路家に入ったはずの杏だったが、すぐに家を出て夜はウエイトレスのアルバイトをしながら自活。夢であった施設で働く保母を目指す。

その頃、喀血していた茜が医師の岩城(竹脇無我)から白血病と宣告された。岩崎は彩(紺野美沙子)のかつての恋人でもあった。彩は自分の幸せを捨て、岩崎と別れ妹たちを育ててきた。
長く生きられないことを悟った茜は諒(尾美としのり)と荒れた海を見に行く。

東京にいる杏は、建設会社に就職が決まり研修に来ていた冬悟から茜の病気の事を聞く。
茜の病気を心配し、杏が京都に戻り久しぶりに四姉妹がそろった席で、自らの妊娠を告白する茜。お腹の子は諒の子どもだった。

WS000503_R.jpg
〈「子どもは私の籍に入れますさかい、どんな結果になってもあんたさんは新しい人生を目指しておくれやす」と諒へと告げる彩に「オレと茜さんはれっきとした夫婦なんです」とキッパリ応えるオットコマエな諒役の尾美サン。ロケ地は寺町五条下がるの“世継地蔵”こと上徳寺〉

余命少ない茜だったが、子を産む決意をし、無事に男の子を出産。

WS000532_R.jpg


体も弱くなった茜は「海を見たい」と言い出し、病院を抜け出し諒と二人で出かけた海岸で、茜は息絶える。

WS000541_R.jpg
〈亡くなった茜を抱きかかる諒。そのそばを通りかかる老人には特別出演の宇野重吉〉

そして、海岸からの帰り道、亡くなった茜を乗せた諒の運転する車はガケから海へと飛び込こむ!!?

ダム工事の工事現場から一年ぶりに杏の元に帰ってきた冬悟。
そして、藍(富田靖子)は夢だった手描き友禅作家へと、杏は保母にとそれぞれが道を歩み始める。
茜と諒の息子・一仁が歩けるようになり、桜の舞い散る坂道を手をつないでそのこの手をつないで上がっていくのは岩城。そして坂の中ほどでは彩が立っていた。

WS000582_R.jpg



映画、もとい芸術的表現というのは、なにもリアルである必要なんてないってことが、この映画からは学べます。残念な事にDVDにはなっておらず、手軽に観る事はできませんが。
DVDになっていないって・・・まさか、大林宣彦や出演者の中で、忘れたい過去となっている作品ではないですよね?




智積院 その1

2011年08月08日 00:40

東大路七条にある智積院は、真言宗智山派の総本山です。

DSC03186_R.jpg
〈総門(東福門院の旧殿の門を移築)〉

もともとは和歌山にある根来寺の塔頭に過ぎなかった智積院でしたが、天正13(1585)年の豊臣秀吉による根来攻めの際に難を逃れ、根来寺を後にします。学頭でもあった玄宥僧正を先頭に高野山や京都の各所を転々とし、関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利した翌年の慶長6(1601)年、家康の加護によって現在の地に再興されました。

DSC03204_R.jpg 〈大書院〉

その後、元和元(1615)年に大坂の役で豊臣家が滅ぶと、秀吉が三歳で夭折した嫡男・鶴松の菩提を弔うために建てていた大寺院・祥雲禅寺(しょううんぜんじ)の寺域が徳川家によって智積院へと寄進され、現在の広大な境内の礎が出来上がったのです。

秀吉の根来攻めに始まった智積院の苦難の流転は、豊臣家の滅亡とともに広大な伽藍を得るという、なんとも皮肉な寺の歴史の始まりでした。

拾遺都名所図会「智積院」 - コピー
〈『拾遺都名所図会』天明7(1787)年刊行より 智積院〉

しかし、もともとの智積院は根来寺にあった“学問所”としての塔頭寺院で、再興によって大寺院へと変貌を遂げた洛東の地においても江戸時代を通じて学問の寺としての性格を色濃く反映していきます。それが、“学山智山(がくざんちざん)”といわれる由縁で、庶民の信仰を集める寺としてではなく宗侶養成の役割を一身に担ったのです。

江戸の最盛期には名だたる学匠(先生)が名を馳せ、真言宗に限らず宗派を問わない1600名もの僧侶が全国各地から、この洛東の地に集ったのだとか。“朝がゆをすする音が七条大橋まで届いた”ともいわれています。
今も境内の東奥には「学侶墓地」という、江戸時代に智積院内で修行をし、そして志し半ばで亡くなった僧侶たちの墓碑が整然と列べられた一画があります。

DSC03257_R.jpg 〈学侶墓地〉


この智積院、江戸時代から現代にいたるまで、たびたび火災の難に遭っていて、創建当時から残っているのは長谷川等伯の障壁画と、豊臣の謳歌を思わせる祥雲禅寺時代から引き継いだ庭園のみ・・・。


もともとの「金堂」は桂昌院(徳川五代将軍綱吉の生母)より与えられた金千両を元に学侶からの寄付金をあわせて、宝永2(1705)年に建立されたものの、明治15(1882)年の火災により焼失。

DSC03231_R.jpg 〈金堂〉

現在の「金堂」は弘法大師空海生誕1200年の記念事業として昭和50(1975)年に建てられたコンクリート造りの大伽藍です。

DSC03236_R.jpg


また、金堂の南隣に建ち不動明王が祀られている「明王殿」は、昭和22(1947)年の火災により旧本堂(方丈殿)が焼失した際に、京都四条寺町(現在の高島屋)にあった浄土宗の大雲院の本堂を譲り受け、移築した建物です(ちなみに大雲院はその後、円山公園南にある大倉喜八郎の別荘だった地に移転し、現在は祇園閣を所有していることでも有名ですね)。

DSC03229_R.jpg 〈明王殿〉


庭園に隣接する「講堂」は、興教大師850年遠忌記念事業として平成7(1995)年に完成したもの。祥雲禅寺の法堂があった建物でしたが、天和2(1682)年に焼失し、その後、幕府から与えられた東福門院の旧殿・対屋を基に、貞亨元(1684)年に再建されるものの・・・またしても昭和22(1947)年の大火災によって焼失してしまったのです。

DSC03271_R.jpg 〈講堂〉


空海の像を安置する「大師堂」(寛政元(1789)年建立)や、中興の祖・興教大師覚鑁像を安置する「密厳堂」(寛文7(1667)年建立)は火災の難には遭わなかったものの、現在は「これより先は修行中につき、立ち入りを禁止します。」の札により間近で見ることはできません・・・。

DSC03245_R.jpg 〈大師堂〉





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。