--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑞泉寺 畜生塚 その1

2011年04月01日 00:40

瑞泉寺 畜生塚


三条木屋町にかかる三条小橋。たもとには、かの安藤忠雄が設計したTIME'S(テナントファッションビル)の建つ、あの小さな橋のことです。

DSC04987_R_20110413112114.jpg 〈高瀬川にかかる三条小橋〉

そこは、昼は三条通を多くの人が行き交い、夜は酔った老若男女が木屋町通りを闊歩する何とも賑やかな場所でもあります。そんな三条小橋を少し下がり、ちょうどTIME'Sから木屋町通りをはさんだ向かいに、飲食店の喧噪をよそにひっそりとたたずむ小さな門のお寺があります。それが瑞泉寺です。

DSC00574_R_20110413112028.jpg 〈瑞泉寺〉

何の気なしに前を通っていたはずの、このお寺の存在を知ることとなるのは、先に紹介した甲斐庄楠音の未完の大作「畜生塚」によってでした。

「畜生塚」は四曲一双の屏風絵(大きさ1552×576)で、1915(大正4)年頃、甲斐庄楠音が20歳そこそこだった1915(大正4)年頃の作といわれています。

畜生塚 1915年頃 左 京都国立近代美術館 畜生塚 1915年頃 右 京都国立近代美術館
〈「畜生塚」 1915年頃 京都国立近代美術館所蔵〉


楠音には同じ頃に描かれ、未完となっていた大作がもうひとつありました。同じく京都国立近代美術館が所蔵する六曲一隻の「虹のかけ橋(「七妍」より改題)」(大きさ1080×370)という屏風絵です。

楠音の人生の中で、最後の大々的な個展となった「甲斐庄楠音回顧展」が東京日本橋の三越で開催されたのが、1976(昭和51)年、楠音82歳の時。映画界に身を投じていた際に知り合った文化人サークル「山賊会」の粋な面々の計らいで“生きながらの遺作展”ができることになったのです。

彼は展覧会の開催が決まってから、「虹のかけ橋(七妍)」と「畜生塚」を60年ぶりに完成する作業に取りかかります。
七人の絢爛たる衣裳を身につけた太夫たちが、落ちていた文を読んで様々に詮索している様を描いた「虹のかけ橋(七妍)」。その七人の太夫の顔をすっかりと洗い、描き直し・・・。まさに老体にむち打ち、最後の画家としての意欲を注ぎ込み、完成させます。

IMG_0002_20110413112112.jpg
〈甲斐庄楠音「虹のかけ橋(七妍)」の一部〉


ところが、「虹のかけ橋(七妍)」に全精力を注ぎ込んだためか、もうひとつの大作「畜生塚」は結局、完成を見ることはありませんでした。

そもそも、この「畜生塚」は太閤秀吉の甥・豊臣秀次(秀吉の姉・日秀の子)にまつわる哀しい物語を描いた、いえ、描こうとした作品だったのです。

DSC04996_R_20110413112114.jpg
〈瑞泉寺の門そばに建つ「豊臣秀次公一族終焉之地 旧三条河原跡」の碑〉



スポンサーサイト

瑞泉寺 畜生塚 その2

2011年04月01日 00:41

瑞泉寺は浄土宗西山禅林寺派(総本山は永観堂禅林寺)に属する寺院で、創建は1611(慶長16)年。豊臣秀次とその一族を弔うため現在の地に建てられました。

瑞泉寺は三条小橋の南にあり、浄土宗にして、本尊阿弥陀仏は聖徳太子の作なり、開基は三空桂叔和尚し、本願は関白秀次公の母堂瑞龍院なり。秀次公追悼の為に建立し給ふ。〔則秀次公を瑞泉院殿と号す〕文禄年中に秀次公、太閤秀吉公に対して逆心の企あるよし、故に紀州高野山に入つて自殺す、首を取つて三条河原に梟、又三十余人の妾婦并に稚子共、此所において斬罪して同穴に埋む。其後塚を築て上に截石あり、銘に曰、秀次悪逆塚文禄四年七月十五日と書す。〔傍に石塔婆あり、妾婦三十余人の墳なり、悉く法名をきざむ、世に畜生塚といふは非なり〕
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 瑞泉寺〉

DSC05010_R_20110413112113.jpg
〈現在の堂宇は天明の大火後の再建で、本堂には聖徳太子作と伝えられる阿弥陀如来像が安置され、向かい合って建つ地蔵堂には秀次の引導仏といわれる地蔵尊が安置されています〉

豊臣秀次とは・・・。
関白秀吉が53歳にして授かった待望の嫡男・鶴松がわずか3歳にして夭折したのが1591(天正19)年8月。それから3ヶ月後に、秀吉の養子となり関白に就任したのが甥の豊臣秀次(1568(永禄11)年―1595(文禄4)年)でした。
ところが1593(文禄2)年に秀吉の側室・淀殿に秀頼が誕生すると、秀次は次第に秀吉から疎んじられ、1595(文禄4)年には謀反の疑いをかけられて高野山に追放、そして出家。さらに7月15日には切腹を命じられ、儚く人生を終えるのです。享年28歳でした。


秀次の切腹だけなら、まだしも・・・さらに惨い事件が起こります。

同年8月2日、秀次の遺児と側室、さらに一族にかかわる女性たち三十九名が、三条大橋西南の当時はまだ鴨川の河原であった現在の瑞泉寺が建つ場所で、公開処刑が行われたのです。

DSC00601_R_20110413112027.jpg 〈三条大橋〉

白装束に身をまとった女性や子どもたちは三条河原に引っ立てられ、河原には二十間(36メートル)四方に壕が堀られ、鹿垣をめぐらし、秀次の首は河原に晒されてありました。連れてこられた女性たちは次々と、秀次の首を拝まされ、壕のそばに座り、首を切られたといいます。そして幼い子どもたちは太刀で突き刺され、まだ息があっても壕へと投げ捨てられ・・・。

DSC00591_R_20110413112027.jpg
〈地蔵堂の中央に安置された地蔵尊は、引導地蔵尊。一族処刑の際、四条・大雲院の僧・貞安上人が刑場の一隅に木像を持ち込み、次々と打たれる子女たちに引導を授けたと言われています〉

DSC00594_R_20110413112027.jpg
〈引導地蔵尊のまわりの人形は、寺宝「秀次公並びに御一族・三幅」に描かれた殉死した子女と家臣の像を模し、1941(昭和16)年につくられたもの〉

女こどもたちの遺骸は一カ所に埋葬され、その上に塚を築き、さらにその上に、秀次の首が納められ石櫃が建てられます。石櫃には「秀次悪逆塚、文禄四年七月二十一日」と刻まれていました。

塚は、のちに「殺生塚」とも「畜生塚」とも呼ばれます。殺された妾の中に母子関係の者がいて、そんな人たちをも妾としたのは人倫に背く「畜生」の行為と人々から囁かれたからだとか・・・。

しかし実際、秀次に謀反の疑いがあったのかどうかは、今となってはわかりません。そして秀次には性格異常があって、日頃から粗暴な振る舞いや奇行が絶えなかったとも伝えられていますが、それも本当かどうか・・・。
ただ、この凄惨な修羅場に立ち会ったのは、石田三成、増田長盛、前田玄以で、彼らは秀次の陰謀を秀吉の耳に声高に訴えた人物だったようです。
そしてこの事件がもとで、秀吉は民衆の評判を落としただけではなく、出家させた人間に切腹を命じ、さらに一族郎党をも処刑してしまうという行為は、当時としてもあまりに非道な振る舞いで、豊臣政権内部においても大きな禍根を残しました。



瑞泉寺 畜生塚 その3

2011年04月01日 00:43

さて、陰惨な処刑から16年後、誰からも顧みられることのなくなった「畜生塚」でしたが、大仏殿再建の資材運搬のため、高瀬川の開削事業を担うこととなる豪商・角倉了以が、その開削中に墓石を発掘します。角倉了以は度重なる鴨川の洪水によって荒れていた塚を哀れみ、瑞泉寺の開山上人となる桂叔和尚と相談。墓石である石櫃の「悪逆」の二字を削り、その上に無縁塔を建てて、さらに大仏殿建立の余材をつかい堂宇を建設し、秀次一族の菩提を弔ったのが、瑞泉寺の起こりなのです。


DSC00580_R_20110413112028.jpg
〈境内の西南角には、秀次の首が納められていた石櫃の安置された墓塔が建ち、墓前の左右には、秀次の子女五名、妻妾侍女三十四名、殉死者十名の計四十九名の五輪石塔がならんでいます。墓塔のまわりの五輪石塔は1941(昭和16)年に建てられたものです〉〉

DSC00585_R_20110413112028.jpg
〈墓塔中央に安置された砂岩の古石が、秀次の首を納めて塚の頂上に据えた中空の石櫃です〉


また、寺の縁起に触れ、当代の二十一世となる住職が「角倉家」と「「豊臣秀次」との関係について、興味深い話を記しています。
角倉了以の実弟・吉田宗恂(後陽成天皇の脈をとるほどに当時としては著名な医師)なる人物が、かつて秀次の家臣であったというのです。秀次事件の連座を免れた彼は1610(慶長15)年に亡くなります。そう、瑞泉寺の創建時は角倉了以の弟・吉田宗恂の一周忌にあたるのです。
歴史の資料には何も記録がありませんが、怨念の「塚」が秀次公一族の新たな「墓所と寺」に生まれかわるためには、理不尽な「秀次事件」の犠牲になった人々に対する「角倉家」の熱い思いが、その財力にも増して大きな力となったのではないか―。
案内書「瑞泉寺の縁起について」より抜粋


瑞泉寺には、処刑された人たちの辞世の和歌が残されています。そして、その句が書かれた掛物の表装は、秀次の妾が着ていた打ち掛けでつくられていました。
甲斐庄楠音は瑞泉寺の法会でこの打ち掛けを見て、畜生塚に釘付けにされ、処刑される寸前の女人群像を描く八曲の屏風絵を構想。その下絵を描き始めたのが20歳の頃のことでした。

そして二十一名の女性たちの裸体が描かれた下絵だけが、未完成のまま現存しているのです。・・・いえ、むしろ未完成だからこそ、その絵は生々しく、嘆き悲しむ女性たちの姿に、鬼気迫る迫力があるのです。

IMG_0003_20110413112112.jpg
〈甲斐庄楠音「畜生塚」の一部〉


DSC05013_R_20110413112113.jpg
〈今ではテナントビルがひしめく繁華街のなかで埋もれている名刹ですが・・・手入れの行き届いた、いいお寺です〉



(秘)必殺現代版 その1

2011年04月02日 00:53

(秘)必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族

WS000000_R_20110401133300.jpg


1982年12月31日。恒例の第24回レコード大賞では、細川たかしの「北酒場」が大賞を獲り、NHKでは紅白歌合戦が高視聴率を打ち出す中、テレビ朝日系列では、真っ向から視聴率勝負を棄てた“トンデモ”ドラマが放送されていました。

それが、「(秘)必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族」です。

藤田まこと主演でおなじみ、時代劇「必殺シリーズ」のスペシャル第3弾は、なんと現代劇だったのです。

WS000047_R_20110401133300.jpg

その藤田まことが語るオープニングの自虐的なナレーションも秀逸です。「大晦日、民放NHK比ぶれば 恥ずかしながらNHKが勝つ。神も仏もないものか。紅白嫌いの皆さんの、つのるウップンの数々を、晴らす一夜の裏番組。お釈迦ぁさぁでも、 I don't know」って(笑)。

当時、時代劇姿でおなじみレギュラー陣の洋服姿も新鮮ながら(特に、鮎川いずみがね)、このドラマで主要キャストを演じる芦屋小雁師匠の熱演ぶりに、注目っ!
現在、紅白歌合戦に真っ向勝負を挑んでいるダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズ並の爆笑シーンも満載です。


中村主水(藤田まこと)は保険の勧誘員、村上秀夫(三田村邦彦)は路上で手作りアクセサリーを売る青年、山田勇次(中条きよし)はピアノの調律師、そして長谷川加代(鮎川いずみ)は個人タクシーの運転手。

WS000059_R_20110401133259.jpg

カラオケ仲間だった彼ら四人は、ひょんなことからお互いの祖先が仕事人だったことを知り、カラオケ屋で言い争いになった悪徳産婦人科医師の殺害を企てるのです。

WS000067_R.jpg
〈悪徳医師の用心棒だったヤクザに殴られ、鴨川の河原に座り込む四人〉

河原で主水がつぶやくのです。「私のご先祖さんだったらねえ、グサーっといくとこ、なんですがねえ・・・」と。その言葉に固まる三人。「いや、私の曽々爺さんというのがね、その昔、お江戸八丁堀で同心やってたっていうんですけどね、生活が苦しいんで、裏稼業の殺し屋をやってたっていうんですよ」。
加代「すると晴らせぬ恨みを代わって晴らす?」。
勇次「もしかして仕事人か?」。
秀夫「同じ!」。
勇次「おれんちも仕事人だよ~」。
加代「わたしんちも!」。
秀夫「おれんちも仕事人だよ」。
って、んな、あほな(笑)。

WS000095_R.jpg

しかし、先祖の殺しの道具であった、勇次の三味線の糸は使い物にならず、秀夫のかんざしは夜の祇園には目立ちすぎ、主水の形見の刀は錆び付き・・・殺害は失敗するかに思えたものの、悪徳医師の偶然の運転ミスが原因で崖から車ごと転げ落ち、成功してしまったのです。

WS000018_R.jpg
〈事故の目撃者として加代が西陣警察署で事情聴取を受けているのを、向かいの北野天満宮で心配しながら待つ主水、秀夫、勇次の三人〉

悪徳医師の死因は事故死で片付いたものの、「もうこんな危険な真似は二度とご免」と、現代の仕事人はこれっきり、のはずだったのですが・・・。




(秘)必殺現代版 その2

2011年04月02日 00:55

代々、中村主水(もんど)の名を継いでいる、藤田まこと演じる現代の中村主水。ご先祖様と同じく上司からは「昼行灯」と呼ばれ、保険勧誘の成績もよくはありません(もちろん上司役は、山内としお)。

WS000120_R_20110401133345.jpg

家ではおなじみ妻のりつ(白木万理)と姑のせん(菅井きん)がいて、肩身の狭い毎日。

WS000113_R.jpg

ある日、営業で立ち寄った零細商店店主・仙田(芦屋小雁)から五千万円(死亡時は三倍払いの一億五千万円)という大口の保険契約に成功する主水。

WS000139_R.jpg
〈最初、チョイ役での出演だと思われた小雁師匠でしたが、この後、ドラマの中でトンデモない活躍をするとは・・・〉

仙田は、妻(山口朱美)と娘(中西紫野)の三人暮らし。妻は苦しい家計を助けるため商売敵の24時間営業のスーパーで働き、娘は短大に通っています。

ところが保険金の契約直後、娘が妻を原付で迎えに行った帰り、暴走族に絡まれ、娘が暴行を受けてしまうのです。さらに、それを苦にした娘と妻は相次いで自殺してしまうのでした。

WS000158_R_20110401133344.jpg
〈当時の原付はノーヘルでもよかったのですが、二人乗りはダメ!〉

主水が保険契約の詰めのため仙田の店を訪れると、シャッターが閉まり、喪中のシールが貼られていました。そして、仙田の妻と娘の死を知るのです。

WS000185_R.jpg
〈娘のやり残したジグソーパズルに打ち込む仙田〉

保険金の受取人を主水にして、自分が死んだときには自分と妻と娘の墓を建て永代供養をしてほしいと頼む仙田。仙田の自殺を疑う主水に「自殺なんか絶対しますかいな。身寄りがないさかいね、万が一の時はあんたに後始末を頼もうと・・・」と仙田は明るく振る舞います。

その陽気さを不審に思う主水は、契約した夜、カラオケ仲間の三人に「みんなで二、三日でいいから仙田さんの身辺を見張ってくれませんかね」と依頼。三人はボトル二本づつを入れることを条件に、渋々承知します。






Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。