--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川の三角州 その1

2011年04月22日 01:36

鴨川の三角州(もしくは鴨川デルタ)


DSC01325_R.jpg 〈鴨川の三角州全景〉

賀茂川(加茂川)と高野川が交わり、鴨川となるこの場所。

いつから「鴨川デルタ」「出町デルタ」などという無粋な呼び名が定着してしまったのでしょう・・・。

いや、確かに厳密にいえば、この場所の成り立ちは社会科で習う三角州の定義とはもちろん違うのですヨ。でも、そんな小難しいことは抜きに、昔の京都人は「出町の三角州」「鴨川の三角州」と呼んでいたものです。

DSC01377_R.jpg
〈三角州の先端から、賀茂川、糺の森、高野川を眺める。京都の小中学生が課外授業の写生大会で、一度は画板を持たされ連れてこられるのが、この鴨川の「三角州」です。ガッコのセンセーから「かもがわの三角州に9時集合っ!」ってね〉

どうやら90年代終わり頃から、大学生を中心に「鴨川デルタ」の呼び名が定着したようですが、旧い人間にとってはどうも違和感大ありの呼び名で・・・いつまでたってもやはり「三角州」なのです。

たぶん学のある他府県から来た大学生からすると、三角州でもない場所を三角州と呼ぶことに抵抗があり、(デルタも三角州の意味ですが)三角形の意を当てはめてそう呼んだのでしょうが・・・京都でデルタといえば、自動車教習所しか思い浮かびませんっ。


DSC01329_R.jpg
〈独断ですが・・・、京都を顔にたとえるなら、鴨川は鼻筋のようなもの。そして、鴨川が鼻筋なら、賀茂大橋のあるあたり、三角州の周辺は、眉間や目頭に相当し、もっとも顔を印象づける場所でもあるのです〉



さて、この場所には三つの橋が架かっていますが、今出川通りに架かる賀茂大橋(加茂大橋)は、鴨川に架かる橋の中でも最も長い橋なのです。

DSC01369_R.jpg 〈賀茂大橋〉

賀茂大橋は1931(昭和6)年に竣工し、上部の石造り灯籠付高欄と下部のゲルバー式鋼桁橋といわれる構造で出来ています。設計者は京都帝国大学工学部建築学科を創設した名建築家・武田五一。

DSC01426_R.jpg

橋自体は目を引くデザインではありませんが、むしろまわりの景観を損ねないための、バランスと強度を重視した設計です。



そして、賀茂大橋の一つ上流、東の高野川に架かるのが、河合橋。こちらも武田五一の設計で1918(大正7)年の竣工です。

DSC01404_R.jpg

賀茂大橋の桁高が緩やかなアーチを描いているのに対して、河合橋の桁高は一直線。どちらの橋も細かなブラケット(橋を支える突起部分)が特徴的。


さて、都に住む殿上人にとっても、この鴨川の氾濫は頭を悩ますタネでした。白河法皇が意のままにならぬものとして双六の賽、山法師(比叡山の僧)とともに鴨川の流れを「天下三不如意」に挙げたことでも有名ですね。

近代になっても、昭和10(1935)年6月29日に起こった京都大水害(鴨川大洪水)は、桂川や天神川など他河川での被害をも含むと、死傷者83名、家屋流出187棟、床上床下浸水43,289棟という甚大な被害をもたらしました。

そして鴨川に架かる橋のうちでも、三条大橋、五条大橋をはじめ26橋のうち22橋が流出しましたが・・・河合橋と賀茂大橋は流失しませんでした。

DSC01389_R.jpg DSC01390_R.jpg DSC01391_R.jpg
〈三角州の先端、一段低い石堤となっている部分は一種の「導流堤(どうりゅうてい)」ですね。河川が交わる流路を安定させるために築いた緩衝地帯の役割を果たしているのです〉

DSC01396_R.jpg



スポンサーサイト

鴨川の三角州 その2

2011年04月22日 01:38

出町柳という地名は、鴨川右岸の河原町今出川付近の地名としてあった「出町」と、鴨川左岸(現在の叡山電車「出町柳駅」周辺)の地名であった「柳(柳の辻)」の二つの旧地名を合わせたものです。

河合橋よりDSC04480
〈河合橋より叡山電鉄「出町柳駅」と大文字山を望む〉

かつて鴨川の三角州は今よりもっと距離が短く、出町橋と河合橋は一本の長い橋だったのだとか。京の町への洛北の入り口として江戸末期に架けられた木造で簡素な長い橋は(ちなみに、現在の賀茂大橋の場所には橋はありませんでした)、大正の初めに三角州が現在の形に整えられると、出町橋と河合橋という二つの橋になったのです。

ただし、河合橋は先に述べたように武田五一設計の頑強な橋であったものの、出町橋は木造のままで、1935(昭和10)年の鴨川大洪水で流され、再度の木造での建設を経て、1954(昭和29)年に現在のコンクリート造りの橋になりました。

DSC01364_R.jpg

1951(昭和26)年公開の新藤兼人監督の『愛妻物語』にはコンクリート造りに立て替えられる前の、木造だった出町橋を見ることができます。

WS000074_R_20110420114454.jpg
〈『愛妻物語』監督・新藤兼人、1951年、大映〉



この出町界隈は、大正時代に大きく町並みを変えることとなります。

江戸の面影をまだ残していた大正初期、この界隈を走る今出川通りや河原町通りは、今のような幅広の道ではなく、ほんの裏通りの一つに過ぎませんでした。むしろ表通りは、寺町通りであったのです。

賀茂大橋よりDSC04457_R
〈河原町今出川の交差点〉

ところが、明治末には京都で市電の敷設がはじまりました。

1917(大正6)年には烏丸今出川―寺町今出川間の市電の開通により今出川通りが拡張され、1924(大正13)年には寺町今出川―河原町今出川間が開通。と同時に南北の通りも河原町今出川―河原町丸太町間が開業し、河原町通りが現在の幅に拡張されました。

1925(大正14)年には京都電燈が叡山線(現在の叡山電鉄)を開通させ、1931(昭和6)年に賀茂大橋が竣工。同年、市電も河原町今出川―百万遍間を開通させて、ようやく現在の町並みになったというわけです。

賀茂大橋よりDSC04453_R
〈賀茂大橋より大文字山を眺める〉



飛び石は渡って遊ぶためだけの理由であるのではなく・・・、

DSC01359_R.jpg

川底にコンクリートブロックを敷き詰める護床工事の際に設置され、水の勢いを弱めるとともに、川底が削り取られるのを防いでもいるのです。

DSC01355_R.jpg DSC01356_R.jpg

四角形や亀の飛び石の他にも・・・千鳥の飛び石も。



アオサギ、コサギ、カモ・・・などは人影に逃げることもなく、水辺で戯れています。

DSC01402_R.jpg



ここは昔から、ドラマや映画のロケ地として使用され、紹介するのもやや食傷気味なのですが・・・、

『愛妻物語』(監督・新藤兼人、1951年)
『曼陀羅』(監督・実相寺昭雄、1971年)
『お引越し』(監督・相米慎二、1993年)
『きょうのできごと』(監督・行定勲、2003年)
『パッチギ!』(監督・井筒和幸、2005年)

WS000113_R_20110420114454.jpg 〈『パッチギ!』より〉

『クローズド・ノート』(監督・行定勲、2007年)
『鴨川ホルモー』(監督・本木克英、2009年)

WS000003_R.jpg 〈『鴨川ホルモー』より〉

・・・などなど。
ただ、町並みの変遷を映し出しやすい場所がらから、現代劇でしか使えませんね。

DSC01430_R.jpg





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。