--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧 橋本遊郭 その1

2011年03月04日 00:40

旧 橋本遊郭

2011020118363048e[1]


京都府の南部、石清水八幡宮のある男山の西側は、八幡市「橋本」と呼ばれる地域です。

この橋本を『拾遺都名所図会』(天明7(1789)年刊行)では次のように紹介しています。
橋本〔八幡山の西南にあり、大坂街道の駅にして人家の地十一町あり、茶店旅ごや多し。いにしへは山崎より架す大橋あつて、其東の橋爪なるを以て橋本といふ。今中之町と号する所橋の渡口なり。山崎橋、延喜式及び文徳実録に出たり。今舟渡となる、これを橋本の渡口といふ〕

もともとは、淀川に架かる山崎橋(行基が架橋したとも)の袂という由来から「橋本」と呼ばれ、橋が失われてから1962(昭和37)年まで長い間にわたって渡し船が通っていました。

2011020118363014e[1]
〈川向こうに見えるのがサントリーの山崎蒸溜所です。〉

淀と枚方を結ぶ交通の要所で、宿場としても栄え、歌舞伎『双蝶々曲輪日記』の六段目「橋本の段」に登場する、茶屋が発展した色町としても有名でした。

また幕末、戊辰戦争の“鳥羽伏見の戦い”では、会津藩・小浜藩をはじめとする幕府軍が陣を築き、大砲を設置した場所でもあったのです。京阪橋本駅前にある西遊寺には今も橋本砲台弾薬庫が遺り、近くの久修園院にあった幕府軍橋本陣屋跡も移設されています。

1958(昭和33)年の売春防止法が施行されるまで、京阪橋本駅を出発する終電車は連日、多くの男たちで混み合っていたとの話も・・・。


20110201183630e14[1]
〈京阪橋本駅の東改札口〉

現在の閑散とした駅前から当時の賑わいは想像出来ないものの、駅の西側一帯には往時を偲ばせる古く情緒ある家並みが今も数多く残っているのです。


20110201183630bb8[1]

さて、いきなり駅前にあらわれた、この巨大な廃屋風の建物が、かつての橋本遊廓歌舞練場です。

20110201183548874[1] 201102011835481f5[1]

駅前から怪しさ全開ですね。


20110201183548458[1]

昼間の駅は閑散としていますが、駅の東側から男山にかけての丘陵地帯は住宅街が拓け、近年は京都、大阪への通勤者が多いとのこと。


20110201183547562[1] 20110201183547154[1]

踏切を越えると、すぐに建つ遊郭建築。軒先には吊された傘外灯と年季の入った欄干の手すり。


20110201183547b46[1]

営業している理髪店の向こうが京阪の踏切で、さらに奥に建つのが先ほどの旧歌舞練場です。この細い道を線路とは反対の方角に進むと、かつての遊郭のメインストリートにたどり着きます。




スポンサーサイト

旧 橋本遊郭 その2

2011年03月04日 00:42

20110201185154c1b[1]

淀川に沿ってくねるように南北に細長くつづく街道。かつては両側に遊郭が連なっていました。


20110201185155a81[1] 20110201185155511[1]

遊郭街の南端には「橋本湯」というお風呂屋さん。真新しい棟飾りには銭湯の名と温泉マークがあしらってあります。


2011020118515539d[1]

緩やかに曲がりくねった道が、いい雰囲気です。


201102011853137e6[1]

昭和初期には80軒以上の廓と400人以上の娼妓がいたとも。


201102011851549fc[1]

他の遊郭街と比べて、町としての統一感とセンスがハンパなく高いです! 町の雰囲気には知性すら感じさせますねっ。


そんなセンスのいい橋本の町並みの中でも、随一は・・・、

2011020118523964c[1]

こちらの黒壁の建物です。

20110201185240ce4[1]

洋風の門灯。

20110201185154402[1] 201102011852400f7[1]

銅板葺きの軒と、銀行の地図記号に似た窓が。

20110201185240a36[1] DSC03399[1]

屋根の上にいるのは鍾馗さんだと思いきや・・・恵比寿さんでした。




旧 橋本遊郭 その3

2011年03月04日 00:43

20110201190347c13[1] 2011020119040714c[1]
〈淀川堤防から見た橋本の遊郭〉

遊郭の裏側には、淀川に沿ってドブ川が流れています。正式名は「大谷川」と言うそうです。


20110201190347a91[1]

遊郭の北にあり、大谷川にかかる橋の名は「栄橋」です。


201102011903487be[1]

旅館「多津美」さん。現在も営業中なのでしょうか。泊まりも休憩も3千円からだそうです。看板に“淀川温泉”と銘打っているのがいいですね。

2011020119034872e[1]

同じく多津美さんのステンドグラス。


2011020119034887c[1] 20110201190407bec[1]

屋号の入った防火用の水槽。タイルでデコレーションした防火水槽は遊郭には欠かせません。


2011020119034835b[1]

デザインの良し悪しはともかく、見落としそうな床のタイル細工。ホント芸が細かい。


DSC03289[1]

目につきづらい軒の裏側にも、この芸当。この町の遊郭のかつての経営者たちは、粋揃いですねっ。このサービス精神は商売人の鑑です。




旧 橋本遊郭 その4

2011年03月04日 00:45

二階の窓や欄干を集めてみました。欄間の華麗な細工にも注目です。


20110201191437309[1] 20110201191519e96[1]

20110201191520af9[1] 201102011915565d4[1]

20110201191556e10[1] 201102011915566fc[1]

一様に遊郭建築と言っても、窓枠の意匠や欄干の違いで、これほどまでに違った個性を見せてくれるのですから・・・たいしたものです。


20110201185239238[1]

普通の遊郭街なら「われが、われが」と奇抜な意匠や、ド派手なネオン風の建物がところどころにあっても不思議ではないのですが、どの家も純和風の歴史を感じさせる欄間飾りや彫刻の数々・・・素敵すぎますっ。


それにしても、いっさい手をつけられていない感のある旧遊郭街なのですが・・・、

20110201185312fe6[1]

やはりこの町にも、時の流れという名の空き地が、ちらほらと(泣)。


最後に・・・、

うらたじゅんさんのマンガ「発禁・櫻御前」の舞台はこの橋本で、どこかで見た情景がそこかしこに描かれています。

20110206192504875[1] 〈うらたじゅん「発禁・櫻御前」〉


また、島原の遊郭を舞台に多くの小説を書いた川野彰子の「狂い咲き」(『小説現代』1964年1月号)にも橋本の様子が少し触れられています。
家を出ても、行くあてはなかったが、財布の底をはたいて「橋本」までの切符を買った。旧京阪電車の橋本というところに、離れ島のような遊郭があると聞いていた。遊郭以外のところでは働く方法を知らなかった。
山と川にはさまれた細長い町で、川向こうの山崎町近在から渡し舟で通ってくる、土地の百姓相手の商売であった。(川野彰子「狂い咲き」より)


他にも、宮尾登美子原作の映画『鬼龍院花子の生涯』(監督・五社英雄、主演・夏目雅子、1982年)や、西村望原作の映画『薄化粧』(監督・五社英雄、主演・緒形拳、1985年)、さらには谷崎潤一郎の『蘆刈』(1932年)など、幾多の文学や映画のロケーションとしても登場しています。






Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。