--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都 その3

2011年01月04日 01:05

古都 監督・中村登 1963年


古都0003

いやはや、年が明けましたね。ということで、新年第一弾は少しお正月っぽく・・・もないですが(笑)、岩下志麻の着物姿が艶やかな映画の紹介です。

京都を舞台にした映画の中で、もっとも美しい作品の一つがこの1963年に制作された『古都』かもしれませんね。
京都が町としての奥ゆかしさを残していた最後の一瞬を奇跡的にとらえた映画・・・といえば大袈裟でしょうか。第36回アカデミー賞外国賞にノミネートされますが、残念ながら受賞にはいたりませんでした。

古都000162
〈宵山の御旅所〉


川端康成の原作発表から時を経ず、京都の町には高層ビルも見あたらない時代。墨色、鼠色の甍がまさに碁盤の目のように整然とならぶ背の低い京都の町では、町家の室内もどこか陰気で薄暗く、もの悲しさすら感じさせます。

古都000004
〈甍のならぶ京の町〉

そんな町家の日常とは対照的に、平安神宮の桜、清水寺の夕景、嵯峨の竹林、北山杉の緑、祇園祭の提灯、大文字の灯、時代祭の祭列・・・さらに何よりも主人公・千重子の美しさは、その着物の着こなしとともに、凛とした艶やかさがスクリーンにいっそう映えて見えるのです。


東京生まれの岩下志麻が京都弁に苦労したであろうことは、劇中のイントネーションを聞けばわかりますが(笑)、千重子と苗子の演じ分けは見事です。

古都000286 〈千重子〉

もし一人二役と言われなければ、よく似た役者を起用しているのかと思うほど・・・言い過ぎかな。少なくとも一人二役によくある安っぽい違和感は全く感じられません。

古都000284 〈苗子〉

町育ちで洗練された着こなしの千重子と、山育ちで朴訥な苗子ですが、苗子の方が眉毛が太く、頬もふっくらしていますね。


古都000281

川端康成の『古都』はいくつかの映像作品となっていますが、この作品ほど原作を忠実に再現している映像はありません。撮影現場に足を運び、監督よりも口うるさくリアリティを追求した川端康成のこと。作品の改変なんてもってのほかだったのでしょう。
1980年に制作され山口百恵引退記念作品『古都』(監督・市川崑)では、原作にない清作という役を三浦友和が演じていますが、川端康成が健在であれば卒倒ものだったことでしょうに(笑)。


古都000391

本作の中村登監督は、千重子と苗子の姉妹のほかに、京都の町そのものを物語の主役として捉えていたようです。原作の通り、四季や祭りを描き出すとともに、町かどや山々のカット等をふんだんに多用し、情感豊かな映像美に仕上げました。




スポンサーサイト

古都 その4

2011年01月04日 01:13

古都000271

1960年に松竹へ入社した岩下志麻。『極道の妻たち』シリーズや、象印マホービンの気の抜けたCMなど、最近の岩下志麻しか知らない人にとっては、目を見開くほどの美しさです。これほど“鼻筋の通った”という形容が似合う横顔の女優もそう、いないでしょう。


古都000025

平安神宮での枝垂れ桜の観賞シーン。しかし撮影は12月。枯れた桜の枝に造花がつけられての撮影だったとか。


古都000032

夕暮れの清水寺で、幼馴染みの真一(早川保)に千重子(岩下志麻)は自分が捨て子だったと打ち明けます。真一は幼い頃に祇園祭のお稚児さんに選ばれた大呉服店の次男坊。千重子をたびたびデートに誘いますが、彼女は彼に男としての魅力は感じていないようです。


古都000047

千重子の父・太吉郎(宮口精二)は呉服問屋の商いだけではもの足りず、嵯峨の寺に籠もって帯の下絵を創作します。様子を見に来た千重子が持ってきたのは森嘉の豆腐。


古都000093

西陣の織屋の息子・秀男(長門裕之)に千重子の帯の制作を依頼する太吉郎。秀男は職人気質で陰気ですが、若いながらも腕は確か。千重子に憧れを抱くも、父親に身分の差をたしなめられ、諦めます。そして、千重子の双子の妹・苗子に求婚するという役どころです。秀男の父・宗助役には東野英治郎。黄門様より職人役がこの人には似合います。


古都000113

友人の真砂子(環三千世)と北山杉の里を訪れる千重子。そこで千重子に瓜二つの女性を見かけるのです。


古都000192

祇園祭の宵山の夜。四条寺町の御旅所で、初めて対面する姉妹(岩下志麻の一人二役)。この時代、二重露光という技術が、どれほど難しく面倒な作業だったのかはかわかりませんが、カメラワークも見事ですね。撮影は成島東一郎。成島は後に、赤江瀑原作の映画『オイディプスの刃』(1986年)の監督もしています。


古都000216

同じく宵山の夜、四条の橋の上で千重子に間違えられ、秀男に帯をつくらせて欲しいと頼まれる苗子。




古都 その5

2011年01月04日 01:17

古都000234

突然、妹に会い、産みの親が亡くなっていることを知って顔色の悪くなった千重子。彼女を気遣って、家まで送ってやる真一とその兄・竜助(吉田輝雄)。四条大橋の後ろに見える建物は、かのCMで有名な「いづもや」です。
この映画で、唯一、役柄として浮いているのが竜助役の吉田輝雄。役の上では千重子を助け、頼もしい彼に千重子も結婚を決意するという設定なのですが・・・顔も演技も“濃すぎ”。堅い無表情が不気味です・・・。


古都000244

京都会館前のバス停で顔見知りの上七軒の女将に出会う太吉郎。もちろん女将役は浪花千栄子です。達者すぎて、ちょい役でもインパクト大はさすがっ。溝口健二監督『祇園囃子』でお茶屋のお女将役を好演し、ブルーリボン助演女優賞を受賞して以来、女将役が当たり役となったのですね。


古都000311

苗子をたずねて北山杉の里を訪れた千重子。突然の激しい夕立にあうシーン。抱き合う二人が双子であることを強く実感する重要な場面ですね。
雷を怖がる千重子を苗子がかばうこの杉林は、セットでの撮影です。現地の杉林から丸太350本を切り出し、北山を再現したのだとか。


古都000389

苗子のために帯を織ってほしいと千重子に頼まれた秀男が、北山杉の里に帯を届けた際、苗子を時代祭に誘います。そして再会した苗子に結婚を申し込むのです。しかし、苗子は秀男が自分に千重子の面影を求めていることを知っていて、素直に申し出を受け入れることができません。


古都000423

双子であることを他人に知られては千重子の家族に迷惑が掛かると、店員が帰った夜遅く、千重子の家に泊まりに来る苗子。千重子の両親はそんな彼女を歓迎します。

古都000439

一晩、床をならべて一緒に寝るのですが・・・、

古都000452

まわりの家々が起き出す前に、千重子に別れを告げ、「また、来とくれやすな」という千重子の言葉には悲しそうに首を振り、雪で白くなった町を駆け足で去って行くのです。



おまけ。

古都000404

この映画唯一の、千重子の洋装シーン。フードを被る姿も美しい! 北山杉の里に洒落た着物で来てはいけません。山の天気は移ろいやすいのですから。




古都 その6

2011年06月23日 00:26

古都 監督・市川崑 1980年

WS000169_R.jpg


山口百恵の引退記念作品(公開されたのは、引退直後)で、脚本は日高真也と市川崑。市川監督の妻で名脚本家の和田夏十はこの作品には関わっていないようです。


山口百恵の最後の作品だというのに・・・市川監督、完全に手を抜きました。

この映画公開の17年前には同じく川端康成原作で監督・中村登、主演・岩下志麻の『古都』(1963年、松竹)という、あまりに完璧な映画化がなされているだけに、市川作品のやっつけ仕事ぶりが目立ちます。


婚約者だった三浦友和の共演は決定事項だとしても、どうして原作にない清作などという役をつくって彼を置いたのかが理解できません。
むしろ千重子に思いを馳せる着物問屋の水木竜助役や織職人の大友秀男役をあてがえばよかったものを・・・。

WS000234_R_20110418121540.jpg
〈北山杉の木樵・清作役の三浦友和〉

新たな役を加えることで、最初に映画化された中村登作品との差別化を図りたかったのでしょうが、その思いが最大のつまずきでした(もし、和田夏十が脚本に携わっていたら、清作という未知の人物は作らなかったでしょうに)。

そして俳優の演技も・・・ひどい。
千重子の父親・佐田太吉郎役の實川延若。歌舞伎役者としては高名だったようですが、台詞回しや演技が舞台用のままで、カタイのです。

WS000129_R.jpg
〈千重子の父・佐田太吉郎役の實川延若〉


千重子の幼なじみの水木真一役の北詰友樹・・・こんな俳優さんいましたね。二枚目なのですが・・・演技は残念ながら下手くそです(初めての映画出演で、百恵ちゃんとの共演ではテンパリもしますよね(苦笑))。

WS000041_R.jpg


千重子から苗子に意中の人を鞍替えする西陣織の職人・大友秀男役の石田信之・・・って、この配役に三浦友和を入れろっつーの(笑)。

WS000322_R.jpg


さらに、千重子が結婚を決意する水木竜助役には沖雅也。存在感と演技力は悪くないのに・・・どうして市川演出の『古都』では、この人にベラベラ喋らしてしまったのでしょうか。原作では出来る男のはずが、少し軽い男前になってしまっていて、 明らかに演出上のミスです。
この作品が沖雅也にとっても最後の映画作品だったようですが・・・こんな演出では、沖雅也も今ごろ涅槃で泣いてますヨ。

WS000349_R_20110418121609.jpg


かろうじて、岸恵子の存在と、三浦友和のそつのない演技力が救いです(といっても、誰がこの頃の三浦友和を見て、今の「洋服の青山」専属俳優になることを想像したでしょう)。

WS000136_R_20110418121541.jpg
〈千重子の母・佐田しげ役は岸恵子〉

本来のこの作品の主題の一つでもある京都の風物詩もほとんど出てこず、
多重露光撮影すら大半の場面で用いず(大部分が、千重子か苗子のどちらかが山口百恵の影武者である女優を使っての撮影)、
いかに手間暇をかけずに撮ったかが一目瞭然。


そして・・・、作品の冒頭に「昭和二十九年」などという、うざったいテロップをわざわざ挿入しているにもかかわらず、途中で挟む町並みの景色はどう見たって・・・ビル建ち過ぎじゃんっ。

WS000189_R.jpg


市川崑監督の中で商業映画と芸術映画の割り切りがあったのかどうか・・・、予算や撮影期間がとれなかったのかどうか・・・、は知りませんが、テレビドラマでももう少し丁寧につくるでしょう(泣)。


まっ、いろいろと管を巻いてしまいましたが・・・、
百恵ちゃん目当ての観客には、そんなことどーでもよかったんでしょうネ。

WS000362_R.jpg





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。