--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北白川の石仏

2010年09月06日 00:22

百万遍を東へ。京都大学も通り過ぎ、さらに東へ向かいます。すると北東に向かって斜めにのびる街道があります。
この街道を志賀越道(しがごえみち)といい、京から近江へつづく重要な内陸交通路として江戸時代まではたいそう栄えていました。

今出川と志賀越道の交差点は、旧吉田村と旧白川村との村境で、白川口と呼ばれていました。
もしこの街道の交差点が思い浮かばなくても、街道の入り口に立つ高さ2メートルほどの大きな石仏を知らない京都人は少ないでしょう。
ただ、いつも気になりながらも、祠に鎮座するこの石仏のいわれは?と聞かれると・・・ほとんどの人は知らないんですよね。

20100905164912ee1[1]

さて、この大きな石仏は、お地蔵さんではなく、「子安観世音」といいます。
鎌倉中期につくられたこの石仏は、子授けや、子どもの成長を見守る観音として昔から地元民の信仰を集めていました。
花の振り売りで有名な白川女も町へ出る際、この観音に花を供え、道中の安全と商売繁盛を祈願したのだとか。

201009051649113df[1]
〈御詠歌は「みちばたの川にはさまれ東むき あさひをうける子安観音」〉

傍らの説明書きには、
「ここは昔から白川の村の入り口に当り、東は山を越えて近江に向い、洛中へは斜めに荒神口に通じていた。また出町から百万遍をへて浄土寺へと向う細道との交差点でもあった。
この堂々たる鎌倉期の石仏は『拾遺都名所図会』に希代の大像として描かれている弥陀像であるが長い年月の間にかなりの風化が見られる。古来子安観世音として町の人々の信仰があつく今も白川女は必ずここに花を供えて商いに出る。」
とありました。

北白川石仏_20100905164348 北白川石仏_20100905164240
〈天明7(1789)年刊行の『拾遺都名所図会』より 北白川の石仏〉


この石仏にはおもしろい言い伝えがあります。
当地を通りかかった豊臣秀吉が石仏をたいそう気に入り、当時、謳歌を極めていた聚楽第へと持ち帰ります。
すると、夜な夜な、持ち帰った石仏のもとから地響きのような不吉な音が聞こえるようになります。どうやら「もとの白川に戻せ、帰りたい、帰りたい」と石仏がうなりをあげる声だったのです。
そして、その悲痛な声に辟易した秀吉が石仏を元に戻さざるを得なくなり、いつごろからか、太閤をも打ち負かした地蔵として「太閤地蔵」とも呼ばれるようになったのだとか。
また、文政13(1830)年の白川村の大火により、それまで村の中ほどにあった石仏が現在の場所に移されるのですが、その際、両手と首がちぎれてしまい「首切れ地蔵」とも呼ばれるようになります。
さらに近年でも、1996年にトラックが石仏に突っ込む事故があり、胴体と頭部が丸太で繋いであっただけのもろい頭部が転げ落ち、今も顔には補修した痛々しい白い傷跡が残っています。


さて、これだけ立派な石仏がつくられたのには、この土地ならではの特産品である花崗岩・白川石の存在が大きかったようです。
白川石は鎌倉時代、三大名石のひとつにも数えられ、このあたりに住む多くの人々が石工(いしきり)を生業とし、庭石や白川灯籠、手水鉢が名産となります。
また、白川石が風化して白くなった砂は、白川砂として寺社の庭園の砂として重宝がられました。
残念ながら大正期には材料となる花崗岩の枯渇もあって、石を用いた産業も衰退してしましましたが、今でも北白川通りにかけて石屋さんが多いのは、往時からの名残なのでしょう。

北白川石仏_20100905164157 北白川石仏_20100905164059
〈安永9(1780)年刊行の『都名所図会』より 石工の作業のようす〉


この石仏を少し遠くからながめていましたら、近くにお住まいの方なのか、70代くらいの帽子をかぶった老紳士が街道の坂の上から歩いてきました。
なにげに見ているとその老紳士は、かぶっていたパナマ帽子を石仏の前を通る際に脱ぎ、通り過ぎるとひょいとかぶりなおして歩き去りました。
今の時代に町角の信仰がまだ根づいている光景を見ることができ、妙に嬉しくなったものです。


なお、子安観音から南西に下がった位置にも立派な石仏が鎮座しています(今出川通りから隠れるように覆屋が建っていますので、わかりにくいですが・・・)。

20100905164910a5a[1]

高さ1メートルあまりの2体の石仏で、碑には大日如来と書かれていますが、阿弥陀如来像らしいです。
今では2体仲良くならんでいる石仏ですが、右側の石仏は昭和になって近くから掘り起こされたものをここに一緒に祀ったのだとか。
目鼻立ちもなくなってしまうほどに古い左の阿弥陀像は平安後期の作ともいわれており、元々は子安観音と対面して安置されていたものが、市電開通に伴う今出川通の拡張に伴って、現在の場所に移されたともいいます。
今では北白川の石仏といえば、この3体の総称として通っているようですね。

20100905164911b61[1]



スポンサーサイト


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。