--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅生門 その1

2010年12月12日 02:19

羅生門 監督・黒澤明 1950年 大映

羅生門_0002


原作は芥川龍之介の短編小説「藪の中」。
脚本は黒澤明、橋本忍。撮影はもちろん名匠・宮川一夫。

1951年、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。1952年、アカデミー賞名誉賞(最優秀外国映画賞)受賞・・・今さら言うまでもないですね。


この『羅生門』は、2009年2月に角川映画からブルーレイディスクで「デジタル完全版」が発売され、2010年7月に遅れて発売されたDVDを見ても、とにかく映像がきれい!なのです。60年前の映画とは思えない鮮明さ!です。
音声も聞き取りづらい部分はあるものの、格段に良くなっています。

米アカデミーの最高技術によるデジタル復元らしいですが・・・、
劣化によるダメージを、現存するフィルムの中から、オリジナルネガに最も近い上映用プリントとマスターポジを使用して、総計12万枚以上のコマを、1コマずつ、2種類のフィルムで状態の良い方を選択し復元したそうです。かなり気の遠くなりそうな地道な作業ですね。

 
そうして、鮮明に生まれ変わった名作を改めて見てみると・・・。

『羅生門』はいわずと知れた黒澤明の代表作で、これほど日本映画を象徴する作品もないのでしょうが、
その一方で、完成当時、大映の永田雅一社長が試写でこの作品を、難解で理解出来ずにボロカスにこき下ろし、その後、ヴェネチアでグランプリを取ったとたんに掌を返して自分の手柄のように振る舞った・・・なんて逸話もあります。
一つ観る側の焦点がずれてしまうと、永田社長の最初の評価も決して間違ってはいなかったと思えるような、一筋縄ではいかない作品でもあります。

羅生門000004

この作品は、そもそも、そう難しく考える必要はないと思うのです。

要は、最後の場面。藪の中での殺人について、当事者が三者三様自分勝手に、自分だけが都合のいいように証言していることに憤る杣売り。そして、この一見善良そうな杣売り自身が、自分が起こした窃盗を覆い隠して都合がいいように役所に名乗り出ているという事実。さらに、そんな小悪人のひとりに過ぎないことを自覚した杣売りが、捨て子を憐れみ、育てていく決意をする場面。そここそが、杣売りを演じる志村喬の表情の変化とあわせて、なんとも涙を誘う感動の場面なのです。

戦さ、地震、辻風、火事、飢饉、疫病・・・そんな忌々しい世相の中で、
追い打ちをかけるように、「いったい正しい人間なんているのかい。みんな自分でそう思っているだけじゃねえのか。人間ていうヤツは自分に都合の悪いことは忘れちまって、都合のいい嘘を本当だと思ってやんだい。その方が楽だからな」と居合わせた下人が放った、ある種真実の言葉。自分もその絶望の一端を担いでいた杣売りが人間性を取り戻し、旅法師が人を信じられるようになる。これこそが芸術的カタルシスの神髄・・・でしょう?

羅生門000129


たとえば原作の「藪の中」であっても、それぞれ事件に関わった人の証言の食い違いは、あくまで人間のエゴを強調しているだけのことであって、どの証言が正しいかなんて詮索することの方が愚問のような気がします。
そして映画『羅生門』にいたっては、原作になかった杣売りの語りが加えられることによって、なおさら何が真実かは、問うべくもないのです。
どうして、原作になかった「羅生門」の場面があるのか。そして、この映画のタイトルが『藪の中』とならずに、『羅生門』となったのか。その理由を考えれば、至極明快な映画だと思うのですが・・・。



スポンサーサイト

羅生門 その2

2010年12月12日 02:20

土砂降りの雨。朽ち果てた楼門。それは荒んだ人びとの心をあらわしているようで・・・。

そんな誰もが知るカットから始まるこの映画。雨の質感を出すために墨汁を混ぜて降らせたというエピソードは有名ですが、しかしどう混ぜているのか、よくわからないですね。まあ、わからなくとも、この朽ちた楼門と雨のシーンは誰をもうならせ、一瞬にして平安の世に惹き込みます。

楼門の下で雨宿りをしているのは、杣売り(志村喬)と旅法師(千秋実)。
さらに雨に打たれて走ってやってきたのが下人(上田吉二郎)でありました。
「わかんねえ、さっぱりわかんねえ・・・」杣売りが意味ありげに呟いています。

羅生門000009

旅法師は旅法師で、「今日のような恐ろしい話は初めてだ」と陰気な顔をしています。
やがて、ふたりは検非違使の庭での出来事を下人に聞かせます。三日前の藪の中での殺人について、です・・・。
杣売りは男の死体の第一発見者で、旅法師は関山から山科へつづく道で、のちに死体となる男とその妻を偶然目撃していたのです。

羅生門000025

ふたりは殺人の証言者として検非違使庁の庭に出頭し、そこで見聞きしたことを下人に話します。
男を殺したとされるのは多襄丸(三船敏郎)。桂の河原で放免(加東大介)に搦め捕られます。都では名高い悪党でした。

羅生門000026
〈右が放免。放免とは検非違使庁の下級刑吏で、犯罪者を探し、拷問などを行う者だそうです〉

男である金沢武弘(森雅之)を自分が殺した、と多襄丸は隠し立てなく白状します。
山道で昼寝をしていた多襄丸は、葦毛の馬に乗っていた女・真砂(京マチ子)がまるで女菩薩のように見え、女を奪いたいという欲情にかられるのです。
夫婦の後を追って、上手く男を藪の中におびき寄せ、縛り上げた上で、男の目の前で女を襲います。女は短刀を振り抜き抵抗しますが、多襄丸の力の前では無力でした。


《多襄丸の証言》
羅生門000051

女を襲い、満足した多襄丸が一人で去ろうとすると、女が追いすがって、「二人の男に恥を見せるのは、死ぬよりつらい。どちらか生き残った男に連れ添う」と言い出した。多襄丸は、男の縄を解き、正々堂々と決闘をし、そして男を殺した。ところが決闘の間に女は逃げ、姿を消していた、と。


《ある寺に身を寄せていたところ、放免によって捜し出された女の証言》
羅生門000066

多襄丸に手込めにされた後、多襄丸はふたりを見て、嘲るように笑い、どこかへ駆けて消えていった。泣き崩れる女を見る男の目は、怒りでもなく哀しみでもなく、女を蔑んだ眼差しだった。

羅生門000065

男の凍える冷ややかな目に居たたまれず、ひと思いに自分を殺してほしいと男に短刀を渡す。しかし、男はただ女を見つづけるだけ。女が眼差しの恐ろしさで気を失っている間に、男は短刀で自殺してしまったと語る。


検非違使の庭での証言者は、多襄丸と女だけでは終わりません。なんと、巫女(本間文子)の口寄せで、死んだはずの男が証言するのです。


《巫女の口を借りて語る男の霊の証言》
羅生門000075

女を襲った多襄丸は、自分の妻になるよう、女に言い寄る。女は顔をもたげ「どこへでも、連れて行ってください」と返事をし、さらに「あの人を殺してください」と縛られている男を指さした。

羅生門000084

その言葉を聞いた多襄丸は顔色を変え、女を足蹴にし、男に訊ねた。「おい、この女をどうするつもりだ。殺すか、それとも助けてやるか」。この言葉で、男は多襄丸の罪は許してもいいと思った。女は叫びながら逃げていく。それを追う多襄丸。
やがて、多襄丸が一人で戻り、「女は逃げた」と告げ、縄をほどき、立ち去った。
男は女の短刀で自殺する。薄れゆく意識の中で、誰かが短刀を引き抜くのを感じた・・・。



羅生門 その3

2010年12月12日 02:23

さらに、この現場には、当事者の他に、一部始終を見ていた人物がいました。それが、死体の第一発見者である杣売りなのです。関わり合いになりたくなかったからと検非違使庁の庭では嘘をついた杣売りでしたが、羅生門の下では下人相手にこの時の様子を語ります。


《杣売りの話》
羅生門000091

多襄丸は泣き伏している女の前で両手をつき「俺の妻になってくれ」と懇願する。何度頼んでも泣いている女だったが、急に起き上がり、「無理です。女の私になにが言えましょう」と答える。

羅生門000093

「わかった。それを定めるのは男の役目だと言うんだな」そういって、太刀の柄に手をかける多襄丸。しかし、男は「待て! 俺はこんな女のために命を懸けるのはごめんだ」と多襄丸を制す。さらに「ふたりの男に恥を見せて、なぜ自害しようとせぬ。こんな売女は惜しくない。欲しいというならくれてやる」と言い放つ。女は物言いたそうに多襄丸を見つめる。

羅生門000094

女を置いて去ろうとする多襄丸に「待って」と追いすがるも、「来るな」と制される女。
「いくらしおらしげに泣いても、もうその手に乗る者はおらぬ」と男。
「女というヤツは所詮、このようにたわいないものなのだ」と多襄丸。
どちらの男からも見放された女の泣き声は、次第に笑い声へと変わり、女の様子が豹変する。
「たわいないのはお前たちだ! 夫だったら何故この男を殺さない! 私に死ねという前に何故この男を殺さないのだ! (多襄丸にふり返って)お前も、男じゃない! 多襄丸なら、この私の助からない立場をかたずけてくれるかもしれない。そう思ったんだ。ところがお前も私の夫と同じに小利口なだけだった。覚えておくがいい。女は何もかも忘れて、気狂いみたいになれる男のものなんだ! 女は腰の太刀にかけて自分のものにするものなんだ!」

羅生門000100

その女の言葉と笑い声を合図に、双方の男は殺しあいをはじめる。が、どちらもへっぴり腰で、太刀は空をかすめるばかり。
ほうほうの体で、多襄丸が太刀で男を刺し殺し、女の手を携えるが、女はそれを振り払い、叫びながら逃げ去る。多襄丸は女を追いかけようとするも、疲れで動けない。少し経って、投げ出されていた男の太刀を奪い、自分もその場から逃げていった、と。


話を聞き終えた下人は「どうやら本当らしい話だ」と言いますが、杣売りの話のすべてを信じようとはしません。

相変わらず旅法師は「人が信じられなくなったら、この世は地獄だ」と嘆き、杣売りは「わかんね。さっぱりわかんね」と呟き、下人は「どうもこうもねえ。人間のすることなんて全く訳がわかんねえって話だ。わははははは」と笑い飛ばします。

そこに突然、赤ん坊の泣き声が響きます。楼門の隅に、赤ん坊が捨てられていて、傍らには着物が置いてありました。下人は赤ん坊には目もくれず、着物を剥ぎ取り持ち去ろうとします。

羅生門000114

それを咎める杣売り。「お、お前は鬼か!」「鬼? この俺が鬼だったら、このガキの親は何だ!」。
杣売りは着物についているお守り袋を指さし、「子供を捨てずにいられないのは、よくよくのことだ」。「けっ、人の気持ちを考えていたら、きりがねえや。てめえ勝手でねえヤツが生きていかれる世の中じゃねえや!」と下人は開き直るばかりです。
「ちくしょー。そうだ、誰も彼もてめえのことばかりだ。てめえ勝手な言い訳ばかりだ。あの盗人も、あの女も、あの男も、それからお前もーー!」そう言って穏和そうな杣売りは下人に飛びかかったのです。

ところが・・・、

「へん、そういうてめえは、そうじゃなえと言うのか。笑わしちゃあいけねえ」下人は杣売りがついた嘘に気づいていたのでした。
螺鈿を散りばめた女の短刀を、杣売りが盗んだということに。「おい! てめえが盗まねえで、誰が盗むんだ・・・どうやら図星らしいな」。杣売りは押し黙るしかありません。「盗人のくせに、盗人呼ばわりは、それこそてめえ勝手というものだ!」。

羅生門000122

旅法師は今にも泣き出しそうな絶望的な表情でふたりを見ています。
笑い声を上げながら、剥いだ着物を抱え、下人は雨の中を去って行きました。

後に残されたのは、肩を落とした杣売りと、赤ん坊を抱いた旅法師。雨は小降りにかわっていました。赤ん坊の泣き声はやまず、杣売りは旅法師の手から赤ん坊を取り上げようとします。

羅生門000127

「何をする! この赤ん坊から肌着まで剥ぐつもりか!」
杣売りは無言のまま悲しそうな顔で首を横に振るのです。
「わしのところには、子供が六人いる。しかし、六人育てるも、七人育てるも同じ苦労だ・・・」
「わたしは恥ずかしいことを言ってしまったようだな・・・」
「無理もねえ。今日という今日、人を疑らずにいられるはずがねえ。恥ずかしいのはわしだ。わしにはわしの心がわからねえ」
「いや、有難いことだ・・・。おぬしのおかげで、わたしは人を信じていくことが出来そうだ」

あれだけ降っていた雨も止み、日が差してきました。赤ん坊を抱いて立ち去る杣売り。それを見送る旅法師の影。

羅生門000146





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。