--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎上 その1

2010年11月01日 00:28

炎上 監督・市川崑 1958年 大映京都

炎上0004


原作はもちろん三島由紀夫の「金閣寺」(1956年刊)。
この映画の企画が大映から市川監督にもたらされた時、監督は一旦断ったそうです。
長編小説、しかも主人公の告白体で、あまりにも観念的で・・・。
小説をそのまま映画化したとしても、小説のもつ世界観は削ぎ落とされてしまうのは目に見えていたのでしょう。
それでも撮ることになったのは、会社側の熱意に根負けしたことと、「自分の手に負えないものを何とか征服してみたいという気持ちがあった」からだとか。

炎上000001

映画化にあたり一番の問題である脚本は和田夏十と長谷部慶次が担当。まあ、市川監督の脚本と言えば妻である和田夏十しかいませんが・・・。
和田夏十も「引き受けない方がいい」と思っていたこの作品を再構築できたのには、三島由紀夫の取材ノートの存在が大きかったようです。大学ノート3冊分の取材ノートと原作から、人間本位のドラマに置き換えることに成功します。

ただ映画化はまだスムーズに進みません。金閣寺から映画化にクレームがついたのです。
舞台や小説ならまだしも、映画では世間の影響が大きすぎる、と。焦った市川監督は老師に題名の変更を提案し、ようやく了解を得ます。
ですから映画の中で、金閣は驟閣、大谷大学は小谷大学(古谷大学?)になってしまっているのです。


市川監督がこの作品でこだわったのは、モノクロとシネマスコープ(横長の画面)。
モノクロにこだわったのは、「火が赤くメラメラ燃えたりすると安っぽくなる。それよりは白黒の格調を狙ったほうがいいだろう」との意図から。
撮影は宮川一夫が担当しました。宮川にとって初のシネマスコープでの撮影でした。

炎上000083

当初は主役を川口浩(探検隊ですね(笑)。当時、川口浩の父親で作家の川口松太郎は大映の専務でもありました)で決めていたものの、大映の永田雅一社長が認めず、溝口健二監督の「新・平家物語」(1955年)で主演をつとめた26歳の市川雷蔵を市川監督がふと思い出し、起用するのです。

炎上000002
〈この5年後、「眠狂四郎」が当たり役になるとは想像できない繊細な演技です〉

この「炎上」が市川雷蔵にとっては、初めての現代劇になります。しかも役柄は学生で、吃音持ちで・・・。周りからは起用に反対する声も少なからずあったとか・・・。
しかし、この作品でキネ旬やブルーリボン賞の主演男優賞を獲り、市川雷蔵はトップスターの地位を名実ともに確立するのですから、市川監督の慧眼には恐れ入りますね。




スポンサーサイト

炎上 その2

2010年11月01日 00:40

昭和19年、溝口吾市(市川雷蔵)は京都の名刹・驟閣寺に徒弟として住み込むようになる。
亡き父・承道(浜村純)と住職・田山道詮老師(二代目中村鴈治郎)が修行仲間という縁からであった。
溝口にとって国宝・驟閣は、この世で最も美しい建物として幼い頃から父に聞かされてきた憧れの存在でもある。
老師から大学に通わせてもらい将来を嘱望される溝口だったが、生まれついての吃音が彼を孤独に、陰気に、さらには卑屈にさせてしまう。
大学での友人といえば、内翻足の障害を持ち、始終足を引きずり歩く戸苅(仲代達矢)。
戸苅は自らの障害を、異性の同情を買う道具に仕立て上げるような、一癖も二癖もある人物だった。
戦争も終わった昭和22年。驟閣寺は観光寺として多くの拝観収入を得るようになり、仏の道に生きるはずの老師も芸妓遊びにうつつを抜かしていた・・・。
驟閣のもつ絶対的な美と、偽りの仏の道を目の当たりにした失望感から、溝口の生活もだんだ荒んでゆき、将来への希望も閉ざされた。
彼は自殺用の小刀とカルモチンを手に入れ、驟閣とともに心中する決意をする。



老師役の二代目中村鴈治郎と、五番町の遊女・まりこ役の中村玉緒は父娘での共演です。
中村鴈治郎はホンモノの坊さんよりも坊さんらしいです。弟子を前にした講話のシーンは聴き入ってしまうくらいの心地よいセリフ回し。

炎上000007

仏道と俗欲との間で揺れる高僧を好演しています。

炎上000073

中村玉緒はこの時、18歳。役者としては不遇の真っ只中だったらしいです。「炎上」ではわずかワンシーンの出演でしたが、小気味よいセリフ出しがうまいです。


姦通する母(北林谷栄)と、その行為を見て見ぬふりをする気弱い父(浜村純)。
田舎でのこの体験が溝口を母から遠ざけ、父を慕う原因となるのです。しかし、田舎の寺が借金の形でなくなってしまい、母は驟閣寺に住み込みで働くことに。聖なる驟閣に汚らわしい母を近寄らせたくないにもかかわらず・・・。そんな子の心も知らぬまま、ただ母は、子のいない老師の跡継ぎとして溝口に驟閣寺の住職になってほしいと期待を寄せているのでした。

炎上000060 〈母親役の北林谷栄〉


戸苅(小説「金閣寺」では柏木)を演じた仲代達矢。危険な香りが漂いまくり。

炎上000010
〈曇天の空模様に、黛敏郎のおどろおどろしい音楽が鳴り響き、足を引きずる戸苅役・仲代達矢の登場シーン〉

傲岸な役に定評のある仲代達矢ですが、この戸苅役もその最たるものの一つでしょう。存在の迫力がありすぎです。登場のシーンはトラウマになりそうデス・・・。こういう演技を怪演というのでしょうね。

炎上000041 〈左は新珠三千代〉


金閣がモデルの驟閣ですが、実物大を大沢池に再現しています。

炎上000063



しかし、これほどの名作でも、おそらくもう地上波でのオンエアは難しそうですね。今の基準じゃ差別用語で引っかかりそうな言葉のオンパレードで・・・。


あえて、市川雷蔵のことは語りません。この人が37歳の若さで亡くならなければ、日本映画はどうなっていたのでしょう・・・。吃音の学生僧で、この端麗さ。かっこよすぎです。






Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。