--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花曝れ首

2010年10月20日 00:25

花曝れ首 赤江瀑 1975年

幻妖の匣 赤江瀑名作選
〈『幻妖の匣 赤江瀑名作選』(東雅夫編、学研M文庫)所収〉


短編「花曝れ首(はなされこうべ)」の初出は1975年11月号の「小説現代」。
講談社文庫版の『花曝れ首』はすでに絶版。現在は、『幻妖の匣 赤江瀑名作選』(東雅夫編、学研M文庫)で読むことができます。


失恋した女性が、あの世とこの世の境界である嵯峨の化野(あだしの)で、妖しであるふたりの童子と出会い恋の痛手を癒そうとするが・・・。



いにしえの風葬、土葬の地である嵯峨の化野。そこをたびたび訪れるのは失恋したばかりの篠子。
失恋をした日、雨宿りで世話になった竹細工屋の裏座敷で出会ったのが秋童と春之助だった。
まるで江戸草双紙や浮世本の極彩色絵図から抜け出してきたようなふたり。
秋童と春之助は江戸時代、「色子」や「かげ子」と呼ばれ、歌舞伎の舞台修行の傍らで色を売る家業に身をやつしていた。
そう、ふたりはこの世の者ではなく、篠子にしか見えない妖かしなのであった。

浮き世の行き止まり、苦界の憂さのつきる所。そんな場所で口舌なふたり、秋童と春之助と会っていると不思議と失恋の痛手も癒えるのだ。
ふたりは、薄情な彼のことなんて早く忘れてしまえ、と彼女を元気づける。

彼女が化野を訪れるようになってひと月が経った頃、篠子はふたりに失恋の顛末を語る。
篠子の彼は、年下の男の恋人をもっていた。
男の存在を知った篠子が彼を問い詰めるが、嘘のつけない優しい彼はただ黙り込むばかり・・・。
業を煮やした篠子が小雨の中、彼の車から飛び出し辿り着いたのが、秋童と春之助のふたりに初めて出会った竹細工屋なのであった。

篠子の告白を聞き、まだ彼女が彼のことを好きなままだということを知ると、ふたりの態度は一変する。
「この世は男と女の世界、それで天下太平やと、すんなりいうてる連中こそ、わたしにいわしたら、大あほや。なんにも見えてへん、大ばかや」と秋童が声を荒げる。「地獄が、怖うおすのんか? 修羅が、そんなに恐ろしおすか? 好いた男と見る修羅や。おちる地獄や。おちとみやす」。
そう言うと、秋童はいつも被っていたお高祖頭巾を剥ぎ取り、自らの顔を白昼に晒した。
大江戸日本橋の堀江六軒町花水楼の看板だったはずの秋童の顔に、深く刻まれたていたのは・・・無数の傷。
色恋に狂った果てに、相手に構ってもらおうと自らつけた傷だった・・・。



男色の世界に身を置き、歌舞伎役者として大成できなかったふたりの「色子」の妖かし。
男色は明治時代まで、武家や女人禁制の僧侶の世界では日常的に見られ、売春目的の「陰間(かげま)茶屋・若衆茶屋」も、かなり人気があったのだとか。
そして男色の恋人をもつ篠子・・・。
なかなか思いつきそうにない発想ですが、歌舞伎に造詣の深いこの作者ならではなのでしょう。
そして、この作者の作品にはホモセクシュアルの出てくる作品が多いのです。


いまだ熱狂的な読者をもつ赤江瀑。なかでもこの「花曝れ首」は「花夜叉殺し」とともに、人気の作品にあげられます。

怪奇譚の名手とか、妖変小説の旗手、耽美、幻想などという言葉で赤江瀑の小説世界は表現されますが、
この人の文壇的立ち位置がいまだあやふやなのと同じように、
同じプロの作家の中でも熱烈なファンがいる一方で、どうしても作品世界に馴染めないという人も多いようです。

ただこの作品で、篠子に向かって秋童が放つ、
「地獄が、怖うおすのんか? 修羅が、そんなに恐ろしおすか? 好いた男と見る修羅や。おちる地獄や。おちとみやす」
は、話の流れからいってもなかなかのセリフですよ(笑)。芝居好きの作者の真骨頂があらわれています。



スポンサーサイト

花夜叉殺し その1

2010年10月25日 00:47

花夜叉殺し 赤江瀑 1972年

花夜叉殺し
〈『赤江瀑短編傑作選〈幻想編〉 花夜叉殺し』(光文社文庫)所収〉


とにかく凄い作品ですョ。

この「花夜叉殺し」を読むたびに思うのは、
この人は作家になる最初の入り口を間違えてしまったんじゃないか、ということです。
「純文学」(純文学がエライといってるんじゃないですよ)という分野から入って、寡作のままで作家活動を続けていれば、おそらく今では耽美作家の大御所として澁澤龍彦や中井英夫クラスの位置を占めていたでしょうに、と(作風は全然違いますが)。
もちろん耽美主義って何だと聞かれてもよくわかりませんが、この作品が耽美だと人から言われれば、「ああ、なるほど」と納得してしまいます。そんな作品なのです。


邸宅に住む妾と無理心中を試み、ひとり亡くなった庭師。彼が執念を込めてつくった庭にはある仕掛けが施されていた。
庭園造りの要諦を全く無視し、様々な匂いの草木で埋め尽くされたその庭は、四阿(あずまや)を中心に匂いの奏でる音楽で、立ち入る者を淫らな“けもの”にかえる麻薬の庭だったのだ。
そして、彼の死から50年後。新たに庭の造作を頼まれた庭師・篠治が、仕組まれた庭の秘密を知ろうと、
あたかも50年前に死んだ庭師と同じように、邸宅に住む女と庭に潜む魔性の呪縛に堕ち、痴情に入り浸ってゆく。
そのふたりの逢い引きを夜な夜な庭先から眺めているのは、妾の子として義兄の庭仕事を手伝う青年・一花。
匂い立つ淫靡な庭に魅せられた3人に待っているのは、もちろん・・・破滅デス。



あらすじの前半。


庭師の妾の子として生まれた「一花(いっか)」。色街の女のような名前を他人にからかわれると、我を忘れて殺気立ってしまう。
その怒りは、“目に見えない”刃物となってあらわれ、怒りの末に相手を刺すのだ。
その血が滴る“血刀”を、今は亡き母親が好きだった銀閣寺の『月の庭』に深夜忍び込み、白砂の砂盛に突き刺すのだった。
一花が19歳となった今では、いくつかの鈍く光る刃が乱杙(らんくい)のように突き刺さっている。

〈凄い想像力ですね。序を読んで惹き込まれれば、もう、この作品の虜です。そう、狂気の物語には名前をからかわれることぐらいで傷つくガラスの心を持った神経質な若者が必要なのです〉

義理の兄・篠治が後を継ぐ錦木家の庭職人となった一花。
ある日、南禅寺にある郷田邸から仕事が入る。そこは50年前に無理心中のあった曰く付きの邸宅だった。
当時、その邸宅は金持ちの妾の屋敷で、出入りの庭師と妾とがいい仲となり、
心中を試みた末、庭師は死んだが妾は傷を負うものの生き残ったのだとか。
錦木家に古くから勤める老庭師の芳吉と一花がその仕事を負うことになる。
が、取りかかった初日、芳吉が脚立から足を踏み外し、その日の夜半に息を引き取る。
「あの庭に手ェ出したら、あかん」という言葉を残して・・・。

〈40年前の心中はともかく、剪定の初日に職人に庭で死なれたら、かないませんねえ・・・〉

今の屋敷の主人は郷田曄江(あきえ)という三十代とも四十代とも年齢のわからない女。
清婉な落ち着いた気品があり、一花にとっては気になる存在だった。どこか母親の面影がある曄江・・・。
芳吉の事故も一花が曄江に見とれていなければ防げたかもしれなかったのだ。

芳吉の代わりには親方である篠治が入ることとなった。
郷田邸の庭は雑然としていて、無秩序で、本来の『眺め』を無視したむちゃくちゃな庭だった。
しかも植わっている樹木のすべてが、匂いをもつ香花木である。
立木を植替えようとするも、曄江とともに邸宅に住む老婆の勢(せい)が凄まじい剣幕で怒りだし、植替えることを容赦しない。

少しずつ篠治と一花にも、この屋敷のことが理解できるようになってきた。
曄江はこの邸宅の主人の一人娘で、勢は50年前に心中事件で大怪我を負った妾の妹であったのだ。

底冷えの深い日、庭で仕事に取りかかろうとした一花は、誰もいないはずの庭でハサミの音を聞く。
「誰やっ! 出て来いっ! 隠れたかて、わかったあるで!」と叫ぶ一花に、
「聞かはったんかいな、あんさんも……」と、そばで勢が立っていた。
勢によると、50年前に亡くなったはずの庭師が手入れをしているのだという。
「悪い女に引っかかったばっかりに……命落とさはったのや……」
実の姉を“悪い女”という老女・・・。

今宮神社のやすらい祭りの夜、祇園の歓楽街で篠治と曄江が密会していることを一花は知る。
その日から、一花は郷田邸へ潜り込んでは篠治と曄江の逢瀬を覗き見るようになった。
次第に篠治を刺殺し、曄江に飛びかかりたい衝動にかられるようになる。

ひと月半ばかりたった蒸し暑い夜、遅くに帰ってきた篠治に、一花の感情が爆発する。
芳吉の死んだ庭で毎夜、曄江と乳繰り合っている篠治に我慢がならなかったのだ。
篠治の部屋に行くと彼はベッドの上に大の字になり、軽い寝息を立てていた。
彼のあらわになった胸元には鮮紅色の大輪の刺青があった。薔薇の花弁のようなそれは曄江の唇が創った花弁であった。
走り去りたい衝動をおぼえはしたものの、体は動かない。一花は篠治の胸を吸っていた。曄江の舌が一花の唇を押し分けて暴れ込んでくるのを感じた。
その夜から一花は秘密の楽しみを持つようになった。

〈う~ん、なんだか安物のレディースコミックのような妖しい展開になってきましたね(笑)。このまま陳腐な展開に陥るのではないかとハラハラしてしまいます〉


あらすじの後半に続く・・・。



花夜叉殺し その2

2010年10月25日 00:53

あらすじの後半。


曄江の汗や体液にまみれた篠治の肉体をむさぼる一花。
しかし篠治は一花が曄江を求めていることを見抜いた上で、知らないふりをし、さんざん楽しんでいたのだった。
「親父の恨みや、お袋の恨みを、筋ちがいのあの婆やで晴らしている女やねんで。どこがええのや。けったいな女やないか」と、こともなげにいう篠治。
そんな女にどうして手を出したのかと、一花は初めて篠治に楯突く。と同時に、忘れかけていた見えない刃物をつかむ。
「当たり前やないか。あの庭、知るためや。芳吉を殺した……あの庭、知るためや」篠治はさらに続ける。
「芳吉は何を考えた? 女と庭や。その庭が……わからへん。女に当たるより手ェないやないか。その女が何をした? 庭師と出来たんや。庭師がなにをした? 女に惚れた。三年掛かりで惚れ抜いて、あの庭を作ったんや。わからなんだら、やってみるより仕方ないやろ」
一見無造作な香花木で埋め尽くされた庭は、実は庭師の緻密な匂いの造作がしてあったのだ。「匂いの音楽を聴かせてんのや。その音楽も、ほかの音楽やない。そうや。淫らな音楽や。長いこと聴いてたら、けものになる音楽や……」
四阿(あずまや)を中心に、立ち入る人をけだものにする麻薬の庭。
「女があっても、それだけやったら、ただの悩ましい匂いの庭や……。女が狂い始めんことには、あの庭は〈姿〉を現わさへん……狂い出して、初めて音楽が聴こえてくるのや。庭が、完成するのや。狂わせてみんことには……それはわからへんやないか」
そんな篠治の言葉を聞いた一花は「むごいひとや! あんたはんは、鬼や! 悪や! 夜叉やっ!」と部屋を走り出る。

〈この小説を要約することには無理があります・・・、というよりあまり要約に意味はないですね。それと同じく、物語の進行に必然性を深く考えてもダメです。ただ単純にこの妖しい世界観を受け入れられれば、どっぷりはまっちゃうのです〉

その日以後も、一花の生活も篠治の生活も変わることはなかった。
「ほれ、とっておいてやったんやで。まだ洗うていてへんで」
その体に狂ったようにむしゃぶりつき愛撫する一花。泣きながら、一花は『曄江』にとびつく。

〈あほか・・・と呆れないでください。きちんと大団円が待っていますから。しかし恋情が募り募れば、あたかも人はもう性なんて超越してしまうんじゃないかと勘違いしてしまいそうな展開で危ういです・・・〉

ある日、いつものように忍び込んだ郷田邸の庭先で、一花は篠治と曄江の会話を聞く。
篠治が一部始終を曄江に打ち明けているようだった。
「……そうなの……お妾さんの子供なの……」「……やっぱり血ィか」「……好きな血なのよ」
(お母ちゃん!)と叫び、一花は藪を蹴って躍り出た。

数時間後、一花は銀閣寺の庭にいた。遠くにはほのかに赤い闇。その赤い空の下には火を噴いている庭があった。
焼け跡からは二人の焼死体と、勢の姉にあたる妾の白骨が発見された。


あらすじ終わり。今回も長すぎました・・・。


あまりに映像的で、読む者をも蠱惑にさせるこの作品。間違いなく赤江作品の中ではナンバーワンです!


初出は「別冊小説現代」1972年爽秋号。
現在は『赤江瀑短編傑作選〈幻想編〉 花夜叉殺し』(光文社文庫)で読むことができます。





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。