メンゲキ!

2020年09月05日 00:33

メンゲキ! 監督・四季涼 2012年


①メンゲキ


京都人にとってのソウルフードと言えば・・・懐石料理? 湯豆腐? ぶぶ漬け(お茶漬け)? 鱧(はも)? 鯖寿司?
もちろん京都人のソウルフードと言えば、「餃子の王将」とラーメンの「天下一品」です。

その天下一品が創業40周年を記念して、2012年に劇場公開したのが映画「メンゲキ!」。
舞台は東京の台東区。京都もほとんど出てきませんが、京都のあれやこれやを紹介するこのブログが、天下一品の記念企画した映画を取り上げないわけにはいかないですよね。

天下一品の関係者以外、「誰が見るねん」とのツッコミの声も聞こえてきそうですが、作品自体は・・・それほど悪くない(見る前のハードルがすごく低くなっているという理由も大きいのですが)。

企画は俳優の金山一彦さんと、ごぞんじ天下一品の木村勉社長(現会長)。脚本はスピードワゴンの小沢一敬さん。「熱くてあま~い“こってり”青春ラーメンストーリー!!」が映画のキャッチコピーです。

さらに「夢を本気で追ったら、地に足をつけてる暇はない!!」という“熱くてあま~い”キャッチフレーズ兼セリフが、映画の終盤で生きてくるのです。
そして映画の最後には、もちろんお約束のあの人物が・・・。

単なる天下一品のプロモーションではなく、ドラマに仕上がっている点は評価すべきですが、映画にするほどの作品かと言われれば・・・。深夜に天下一品の一社提供でドラマ放送でもしていれば、もっと多くの人に見てもらえたのに、と思わないでもない一作です。


② (1165)_R


あらすじは・・・
売れない劇団員の本郷晋之介(青柳翔)は人生の岐路に立つ30歳を前に、恋人である木村美世(AKINA)との結婚を決意する。
京都に住む彼女の両親に結婚のあいさつに赴くが、売れない劇団員とは言えず、雑誌にも取り上げられる有名ラーメン店の店長だと嘘をつく。

③(1157)_R


美世が「来月にも取材が来る」と両親に思わず言ってしまったことから、美世の両親が店の様子を見るため、取材当日、上京することに。
晋之介の一大ピンチに、現実との折り合いをつけて役者の道をあきらめた高校時代の演劇部仲間が「お前の夢は、みんなの夢」と協力。部の先輩や、現役部員も加わって、美世の両親に対して同級生の営むラーメン店を舞台に一芝居を打つ。

④ (1172)_R


しかし作戦当日は、さまざまなハプニングもあって、計画通りに芝居は進まず、美世の両親にも嘘をついていたことがばれてしまう。

売れない役者であることを知られ、「どないして美世を幸せにするんや? 役者やめるんか?」と美世の父親に言われた晋之介。
「ぜったに役者で成功して、美世さんを幸せにしてみせます」
美世の父親「夢を追うのはええことや。夢のない男なんか、しょうもないからなあ。せやけどなあ、地に足つけて生きてないやつが、人を幸せにできるんか?」
晋之介「夢を本気で追ったら、全力で走ったら、地に足つけている暇なんかないんじゃないですか!」

⑤(1253)_R


高校の卒業公演の時は実感がわかず、しっくりこなかった「夢に向かって全力で走っているやつは、地に足つけている暇なんてないんだよ!!」のセリフが自然と出たところで、「今のセリフ、リアルに言ってたぞ!」と仲間や美世の両親も拍手。
実は美世の両親も偽物で寿橋高校演劇部の先輩だったのです。役者人生に迷いが出てきた晋之介を後押しするために、皆で芝居を打っていたのでした。



高校時代の演劇部仲間には白川天馬(天野浩成)、風間凌(秋山真太郎)、赤松広子(小野真弓)。
店の常連で演劇部の先輩には間野甘太郎(金山一彦)。
2011年1月には、天下一品の創業者・木村勉氏の人生を描いた「天下一品物語~すべては屋台から始まった~」が放送されており、その主演を務めたのが金山さんでした。
そのような縁もあったのでしょう、本作品には金山さんが企画を担当して、出演。

映画の最後には、晋之介が出演した舞台の楽屋に来た同級生たちに、美世と結婚することを報告。
晋之介の「美世の本当のお父さん、ラーメン屋さんだったよ」の言葉に・・・もうおわかりですよね(勘のいい方なら、美世の名字が木村さんの時点でお察しでしょう)。

楽屋に登場したのは、木村社長!

⑥スクリーンショット (1264)_R


木村社長の「やあ! これからも末永くよろしくね!」の言葉で、大団円!!
これぞ予定調和のカタルシス!
天下一品ファンとしては上映中に誰もが、「どこで木村社長が出てくるの?」「もしかして出てこないの?」と、やきもきしていたのでしょうが、期待は裏切りません。





Twitterボタン