ニセ京都

2020年08月28日 00:43

The ニセ京都 全 著者・逆柱いみり


20082201_R.jpg


ビバ、ニセ京都!

この人の漫画を読むたびに脳内麻薬が分泌し、めまいを起こします。
そう、その漫画家とは・・・逆柱いみり。
『象魚』『MaMaFuFu(馬馬虎虎)』『ケキャール社顛末記』・・・、ガロ系を代表する唯一無二の作風で知られた逆柱さん。数年前から出町柳のトランスポップギャラリーで行う個展の際に書き下ろされていた漫画が「ニセ京都」。

そのシリーズの「序」と「前編」「後編」の3つがひとつになったのが、この『The ニセ京都 全』です。

あらすじは・・・
ニセ京都に疫病が蔓延し、病に罹ったサラリーマンたちがオオサンショウウオ化。京都の危機を救うには、ニセ大文字の送り火の灰を撒かなければならない・・・。後半はストーリー展開を無視して暴走するいつもの展開に。

20082501_R.jpg《山肌には「大」ならぬ「The BIG」の文字》

20082522_R.jpg 《修学旅行生は「銅閣寺」へ》

20082502_R.jpg


惜しむらくは、もう少しだけ本来の京都の町並みをモチーフにした風景に力を入れてほしかったかな・・・。





Twitterボタン