--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哥 その1

2011年12月11日 02:07

哥 監督・実相寺昭雄 1972年


滅び行く日本の原風景と、それを守ろうとする不器用な青年。
高度経済成長で急激に移りゆく時代という巨人に抗おうとする、ドン・キホーテを描いた一作です。
旧家の中では莫大な財産の分配や愛欲を巡って様々な思惑が渦巻く中、その寡黙な青年は一人、ただ家を守ることだけを考えています。それが彼の唯一の生存の理由でもあるかのように。

WS000069_20111005180335.jpg
〈主人公・淳を演じる篠田三郎〉


どうしてもこの『哥(うた)』は、実相寺昭雄がATGで制作した前の二作『無常』(1970年)、『曼陀羅』(1971年)に比べると、脚本のあざとさが目についてしまって・・・。

WS000072_20111005180334.jpg
〈森山家の長男・康には岸田森〉

弁護士の仕事に没頭しながらも、親の財産の行方が気になる長男・康(岸田森)。
遊び人で、自分が生きているうちにすべての財産を使い果たそうとする次男・徹(東野孝彦(のちの東野英心))。
そして、家のためならどんな滅私奉公もいとわない、当主と召使いとの間に不義の子として生まれた三男・淳(篠田三郎)。
主な登場人物の色分けも、わかりやすすぎ(苦笑)。

WS000982.jpg
〈次男で遊び人の徹には東野孝彦(のちの東野英心)〉

そして、脚本のあざとさに加えて、主演の篠田三郎演じる淳があまりに人物としての魅力がなさ過ぎ。たとえばダメ人間でも、陰気な人間でも、極悪非道の人非人でも、何か魅力があれば映像を見る上で面白いのでしょうが、
感情を押し殺した彼のロボットを意識した演技は、見ていてイライラするほど。もはや篠田三郎という役者自身の決定的な魅力のなさなのではないか・・・とも思えるくらいです。


WS000154.jpg

舞台は、丹波篠山の旧家・森山家。一帯の山あいを所有する大地主で、年老いた当主・伊兵衛(嵐寛寿郎)は妻・ヒサノ(毛利菊枝)と、長年森山家に仕える召使い・浜(荒木雅子)との三人で静かに暮らしています。

WS000163.jpg
〈森山家の当主・伊兵衛を嵐寛寿郎が演じています〉

そして物語が進行する場所は、丹波篠山の本家から離れた京都の南丹・園部の別宅。ここでは法律事務所を営む長男の康(岸田森)が家主となり、妻の夏子(八並映子)、弁護士を目指す司法書生の和田(田村亮)、若い女中の藤野(桜井浩子)、そして書生の淳(篠田三郎)が暮らしているのです。

書生の淳が当主の子どもだという事実は別宅の人間には隠されたまま。ただ母の浜に「森山家があっての我々。森山家をお守りするように」と教育されてきた淳にとっては、森山家への忠誠心のみが、その生きる行動原理のすべてで・・・。

朝の9時から夕方5時まで、寸分の狂いもなく時間に正確に働く淳。その頑なまでの生活リズムは、康の法律事務所に突然、大物の弁護依頼が舞い込んで、家人総出で資料をつくらなくなった時にも揺るぎません。「五時以降は働きとうないんです・・・僕は五時以降は働きません」の一点張りで。
司法書生の和田が、「忙しいときに、残業して働くことは森山家のため」と諭しても、淳は聞く耳を持ちません・・・。そう、淳にとっての森山家とは“モノとしての家”そのものなのでした。

WS000405.jpg
〈左が和田役の田村亮〉

ですから、毎夜、誰からも頼まれることなく、夜中十二時になると懐中電灯片手に、広い屋敷を見回り、家を火災から守ることを日課としているのです。皆から気持ち悪がられようとも。

WS000488.jpg



スポンサーサイト

哥 その2

2011年12月11日 02:08

淳の唯一の楽しみは、食事が済んだ後に、ザラメを加えたハッタイ粉をおやつとして食べること。
そして唯一の趣味は、仕事が終わってから勤しむ習字。文字への執着は相当なもので、近くの墓場で墓石の拓本をとっては、書の手本にするほど。

WS000441.jpg

墓場に居合わせた謎の雲水(内田良平)に「拓本をとっているその墓石の字はうまくない」と言われても、「すでにこの世を去った人の事を書いた字なんやから、この字を刻んだ石の中には“絶対”が潜んでいます。死という名の絶対・・・墓碑銘には格別の味わいがあるんです」と、この映画で唯一、笑顔を披露する淳。
しかし雲水は語ります。「墓をつくればいつまでも死者の記憶がこの世に残ると思うのもバカな考えだ。死人の魂なんか百年もしたら消えてしまう。一番長持ちして千四百年くらいだが、これは未練たらしくていかん。お釈迦様など死んだ途端にその霊魂も消滅したそうだ」と。

WS000270.jpg


森山家の別宅では、毎夜、書生の和田と女中の藤野が、家人の目を盗んで睦み合っていて、さらに夏子は夫・康との夜の営みもなく欲求不満の毎日。
悶々とした夜を送っていた夏子は、ある日、和田と藤野の営みを垣間見たことで興奮し、淳の部屋に入り、彼を襲います。
「あんたに断られたら、うち、他に男つくるかもしれへんで」「よそでそんなことすると、森山家が噂になります」「そうや、そやから・・・」
なによりも森山家の体面を重んじる淳は迷うことなく夏子を受け入れます。

WS000586.jpg

表面上は大きな波風の立たなかった森山家別宅に、長い間、都会で放浪していた次男・徹が帰ってきたことから、大きな展開を見せます。

WS001241.jpg

徹は家の財産をあてにして、親の死を待っているような、根っからの遊び人。
そして康は徹が帰ってきたのを、これ幸いと古い家を弟に任せて、気軽な京都のマンション住まいへと移るのです。

康の法律事務所の転居にともない、和田は行き場を失って、おなじく途方に暮れる藤野にせかされ、妻・夏子の浮気をだしに、康を強請り200万円の大金を引き出し、二人で代書屋を営みます。

WS000961.jpg

そして淳は長男・康から次男・徹に主人を移し、あくまで「森山家のために・・・」と別宅に残り、日々の雑用をこなし・・・。

しかし、次第に陰気な淳を徹は鬱陶しくなり、暴力を振るい、ついには「置いてやるかわりに、食事をするな」と命令。その主人の命令に頑なに従い次第に衰弱していく淳。そんな衰弱した中でも、日課の深夜の点検だけは欠かさず・・・。

WS001154.jpg



哥 その3

2011年12月11日 02:08

WS001395.jpg

日に日に衰弱していく淳を心配した和田は徹からの相談もあり、強請のあとで二度と会わないと言われていた康に、事の顛末を説明するため京都へ。淳が自分の弟だと薄々感じている康は彼を心配し、急いで別宅に帰るも、淳は「いっぺん口にされた言葉は、消されへん。時間を坂のぼらん限り」と食事を拒否しつづけます。

家という概念と、時間の概念にあくまでこだわりつづける、淳。

康夫婦と徹が揃った別宅の居間では、財産分与の話がなされ、その話を聞きつけた淳は這々の体で二人に訴えるのです。

WS001451.jpg

監督・実相寺昭雄、脚本・石堂淑朗といえば・・・そう、劇中に必ず挟み込まれる、その作品の核となる緊迫した登場人物同士のやりとり。
そして『哥』の場合は、淳が唯一感情をむき出しにする、この場面がそうでした。

淳「それだけはやめて下さい。山を売るのはやめてほしいのです」
康「淳、お前はどうしてこれまで森山家を大切に思ってるんや。売られてバラバラになって人手に渡っていくのは、何もうちの山林だけやない。日本中どこでもそうなんや」
淳「そやし・・・そやしお願いしてるんです。森山家だけは、バラバラになったらあかんのです。森山家の土地こそ、最後の砦でなければ、あかんのです」
康「何のための砦や? もう日本には守るべき価値のあるものは何一つないと思うんやが」
淳「そうです。そやから必要なんです。中身はのうなっても、形さえあったらいずれ必ず中身は・・・命は復活します。その形のために森山家の自然、古い山が必要なんです。これを失うたら、我々は魂の拠り所である形を失うんです!」
徹「魂なんていらねえんだよ、淳。日本はもう滅びたんだ。今さら手遅れだ。ヨーロッパもアメリカも日本も、もう滅びたんだ。要するにね・・・世界なんかありゃしないんだ。世界そのもの、存在そのものが、一つの夢なんだ。この宇宙を構成している無機物の気まぐれの一つなんだよ。・・・おい、下男! 山林を売ったらな、少しはお前にも金をやる。その暁にはハッタイ粉を浴びるほど喰うてくれ。ハハハハハハ・・・」
淳「そこまで考えになっていて、あなたは・・・なぜ、自殺しはらへん?・・・」
徹「・・・それは・・・自殺もまた夢の一つに過ぎんからさ・・・」

WS001497.jpg


う~ん、やはり前二作に比べれば、少し弱いのです。ここで説明された淳の行動原理の動機づけがネ・・・。そこが最も、この作品に入り込めなかった理由でしょうか。



映画の最後は、康夫婦と徹、そして淳の四人が車に乗って山林を見に行く場面。資産である山々を見渡し、数十億の金が手に入りそうだと話し合っている三人の姿がありました。

WS001542.jpg

そして同じ頃、本宅にいた伊兵衛と妻・ヒサノは、遠くの山に灯った狐火を目にします。
しかし、その狐火は狐火ではなく、康夫婦と徹の三人を乗せた車が燃える火で・・・。

WS001637.jpg

森山家の山林を守った淳もまた、本宅につづく長い石段の下で息絶えるのでした。

WS001680.jpg


ところで・・・「哥」って、どういう意味なんだろう?





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。