--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある心の風景 その1

2010年09月23日 00:53

ある心の風景 著者・梶井基次郎 (初出 同人雑誌『青空』8月号 1926年)

ちくま日本文学全集 表紙_20100923011527 〈ちくま日本文学全集〉


京都で文学といえば、そう、梶井基次郎です。

とはいえ「檸檬」っていうのもなんだか芸がないと思い、他の京都を舞台にしたものをさがしてみると、
なんと、「ある心の風景」しかなかったのです。
何度も読んだはずの自分の記憶力の無さに、ほとほとあきれ返ってしまいます。

梶井基次郎の作品はどれも短編で、しかも31歳の若さで亡くなるまでに20編足らずしか発表していません。
それらの作品だけではもの足りず、京都時代を描きながらも完全な作品にならなかった習作「矛盾の樣な眞實」や
草稿「貧しい生活より」「犬を賣る男」「瀬山の話」(この「瀬山の話」の中の一部が、のちの「檸檬」となります)「雪の日」等
を読んでいるうちに、自分の中で、京都と梶井基次郎との印象が強くなりすぎたようです。


梶井基次郎全集 表紙20100923011340 〈筑摩書房 梶井基次郎全集〉


さて、「ある心の風景」も他の作品同様、短い小説です。しかし小品にもかかわらず6つの章立てになっています。

1.主人公・喬は、深夜眠れず、部屋の窓から寝静まった通りを凝視(みい)っている。そこは魚の腹綿や鼠の死骸が幾日も放置され、荒壁が崩れ、人々が古手拭いのように無気力に生活をしているように思われる町だった。
深夜ひとり眺めていると「深い霧のなかを影法師のように過ぎてゆく想念がだんだん分明になって来る」。そして「ある瞬間それが実に親しい風景だったかのように、またある瞬間は全く未知の風景のように見えはじめる」。
どこまでが自分の想念で、どこからが深夜の町なのかわからなくなる。ただ、ただ、彼は憂鬱だった。

2.喬が眠れないのは、買った女から悪い病気を得ていたからだった。
以前、彼は奇妙な夢を見た。  足が地腫れをし、その上に、噛んだ歯がたのようなものが二並びついている。腫れは大きくなり、盛りあがった気味悪い肉が内部から覗いたり、古い本が紙魚に食い貫かれたあとのようになっている。
喬はサボテンのようになった腫物を、母のせいにする。母は「そいじゃ、癒してあげよう」と、いつのまにか彼の腹に移っていた二列の腫物を、一方の腫物を一方の腫物のなかへ、ちょうど釦を嵌めるように、嵌め込んでいく。まるで釦の多いフロックコートを着たようになった。
現実生活では、女の児の相手になっていて、ふとその児が意地の悪いことをしたりすると、邪慳な娼婦が心に浮び、彼は自己嫌悪に堕ちるのだった。

3.病気をもらった夜の廓でのこと。喬は女を待つ間、勝手知ったるその家の火の見へと上がった。
レストランの高い建物、八坂神社の赤い門、電燈の反射をうけて仄かに姿を見せている森が甍越しに見える。夜の靄は遠くをぼかし、天の川が東山から流れている。
喬は自分が解放されるのを感じ、「いつもここへは登ることに極めよう」と思う。
博多から来た女は、先月の揚げ代は郭で四番目だと嬉しそうに語り、喬は女のおしゃべりに任せたままでいる。
彼はそのまま部屋に泊まる。朝、花売りの声が聞こえ、眼を覚ました。新鮮な声、と思った。榊の葉やいろいろの花にこぼれている朝陽の色が、見えるように思われた。

東大路四条_20100923014409
〈八坂神社より四条通を眺める。廓での描写は、自身の祇園乙部での体験だったとも言われている〉

4.喬は丸太町の橋の袂から加茂磧へ下りていった。護岸工事に使う小石が積んであって、秋日の下で強い匂いを立てていた。
彼は日陰に腰を下ろす。川向こうの道を徒歩や車が通り、空き地では家を建てるのか人びとが働いていた。川のこちら岸には高い欅の樹が葉を茂らせ、風に戦ぐ高い梢に心が惹かれる。
彼の心の裡のなにかがその梢に棲り、高い気流の中で小さい葉と共に揺れ青い枝と共に撓んでいるのが感じられた。
「『ああこの気持ち』と喬は思った。『視ること、それはもうなにかなのだ。自分の魂の一部分あるいは全部がそれに乗り移ることなのだ』」。
毎夜、窓辺で感じる心の不思議が、この高い欅の梢にも感じられた。しかし彼は「街では自分は苦しい」とまた呟く。

荒神橋より_20100923012248
〈「川水は荒神橋の下手で簾のようになって落ちている。夏草の茂った中州の彼方で、浅瀬は輝きながらサラサラ鳴っていた。鶺鴒が飛んでいた」(本文より)〉

5.夜、喬は町を歩いている。人通りの絶えた四条通は所どころに嘔吐がはいてあったり、ゴミ箱が倒されていたりした。
新京極に折れると、風呂へ出かける女、ローラースケートを持ち出す小店員、うどんの出前を運ぶ男、棒押しをしている若者など、盛り場の夜更けを見せている。
しかし新京極を抜けると、本当の夜更けがそこにはあり、自分の下駄の音が変に耳につく。そして「あたりの静寂は、なにか自分が変なたくらみを持って町を歩いているような感じを起こさせる」。
喬は腰に朝鮮の小さい鈴を提げて歩いた。人びとの中では聞こえず、夜更けの道で鳴り出す鈴は、彼の心の象徴だった。
彼の心を顫わせて鳴る鈴は病気に汚れた彼の血を洗い清めてくれるようだった。

6.窓からの風景はいつの夜も渝(かわ)らない。しかしある夜、喬は闇の中に一点の蒼白い光を見いだす。次の夜も次の夜も喬は光を見る。寝床の上に横になるときも、一点の燐光を感じた。
「私の病んでいる生き物。私は暗闇のなかにやがて消えてしまう。しかしお前は睡らないでひとりおきているように思える。そとの虫のように……青い燐光を燃しながら……」。


この「ある心の風景」には、「檸檬」の最後で見られた爽快で圧倒的な文学的カタルシスはありません。

梶井基次郎の文学の魅力とは“闇と光の対比”や“陰鬱さとそこに垣間見せる一瞬の諧謔的展開”にあるのであって、それが「檸檬」では見事に成功していました。
街を歩きながら“不吉な塊”という闇を充溢させたあと、“丸善の店内で画本を積み重ね、爆弾に擬した檸檬をおいて出ていく”という突飛もない空想(諧謔)は、闇を一瞬のうちに、光に反転させるイリュージョンとして抜群の演出でした。

ところが「ある心の風景」では、ところどころ(夜の窓辺、郭の火の見、花売りの声、加茂磧の高い欅の樹、夜に響く鈴)で、主人公は胸がすくような心持ちにはなるのですが、その気持ちも長続きはしません。
「ああこの気持」と少し精神的に解放された気分になるも、その軽やかな気分を傍で見ている別の自分が顔を出し、暗澹たる現実に引き戻されてしまうのです。

精神医学的には、この主人公の心理状況はリアルに描かれているのかもしれませんが、「檸檬」の快活さを味わってしまった読者にとっては、うまく消化しきれず、読み込めば読み込むほど、評価の難しい作品です・・・。
あんた考えすぎだよ、で済ませてしまえれば簡単なんでしょうけど、それでは名作なんていうものは生まれないですものね。



スポンサーサイト

ある心の風景 その2

2010年09月23日 01:09

新潮文庫 檸檬 表紙20100923011716 〈新潮文庫版 檸檬〉


「ある心の風景」は、1926(大正15)年、『青空』8月号に掲載されました。梶井基次郎が東京帝国大学文学部に入学して2年後のことです。
ちなみに「檸檬」は前年1月の『青空』創刊号巻頭で発表されています。
『青空』とは、三高時代の友人・中谷孝雄、外村茂(筆名は外村繁)とともに梶井が中心となって上京後につくった同人誌で、のち、有名なところでは三好達治、北川冬彦、阿部知二も参加しています。しかし、活動期間は1925(大正14)年1月から1927(昭和2)年6月の通巻28号までの2年半足らずでした。

大阪生まれの梶井が京都で過ごした期間は、第三高等学校理科甲類に入学した1919(大正8)年9月から卒業する1924(大正13)年3月までの4年半です。
梶井は大阪の北野中学時代、一方的な片思いの失恋をします。おそらく三高に入ってもその失恋を引きずっていたのでしょう。当初はエンジニアを目指していましたが、彼を取り巻く友人の影響もあり文学で生きていこうと決意するのです。

四条大橋の上で友人に「肺病になりたい、肺病にならんとええ文学はでけへんぞ」と叫んだほど、文学に憧れ、人生を掛けようとしますが、皮肉なことに四条大橋での願望は現実のものとなり、短い生涯のほとんどを肺病の闇が覆うのでした。

川端二条_20100923012740
〈梶井は京都時代、寄宿舎や下宿をたびたび変えている。一時住んでいた川端二条あたり〉

そして、文学で生きる決意とは裏腹に京都での彼の生活は、遊興を重ね、落第におびえ、三高の帽子をこれ見よがしにかぶって見栄を張り、酒に酔っては床の間の掛け物に唾を吐いたり、甘栗屋の釜に牛肉を投げ込んだり、中華そば屋の屋台をひっくり返したり(笑)・・・と、どこか退廃的でした。
将来に対する不安と病魔という二重苦が、ずっと梶井の背中にのしかかり、文学的背景には絶えずその陰気な闇がつきまとうのです。
彼の創作に大きな影響を与えた京都時代とは、他の学生のように無自覚に謳歌できるものではなかったようです。
そして最後には、友人のノートを借りてレポートを提出し、試験が終わると重病人を装い人力車で教授宅を回り、その甲斐あって特別及第で卒業します。なんだかこの街から逃げるように東京へ行ったのでした。


「そいじゃ、癒してあげよう」と云った。
 二列の腫物はいつの間にか胸から腹へかけて移っていた。どうするのかと彼が見ていると、母は胸の皮を引張って来て(それはいつの間にか、萎んだ乳房のようにたるんでいた)一方の腫物を一方の腫物のなかへ、ちょうど釦を嵌めるようにして嵌め込んでいった。夢のなかの喬はそれを不足そうな顔で、黙って見ている。
 一対ずつ一対ずつ一列の腫物は他の一列へそういうふうにしてみな嵌まってしまった。
「これは××博士の法だよ」と母が言った。釦の多いフロックコートを着たようである。しかし、少し動いてもすぐ脱れそうで不安であった。――

これは女を買った罪悪感から奇妙な夢を見た「ある心の風景」の一場面です。足が腫れ、歯形のようなものが二列びつき、それがサボテンの花のように膨らんでゆく。
その後ろめたさを隠すように、母親のせいにした末、治してもらうのです。

この部分はまさに、つげ義春の世界ですね。いや、もちろん、つげ義春が梶井基次郎に影響を受けているんですが。
つげ義春の「ねじ式」(1968年)で、メメクラゲに左腕を噛まれ、切断された血管を押さえながら医者をさがす主人公が、ようやく見つけた女医に治されるのは“○×方式を応用したもの”つまり“ねじ栓”なのです(笑)。(ちなみに、メメクラゲとは「××クラゲ」と書かれていたものを編集者が誤植したのでした)

ねじ式_20100923013814 〈「ねじ式」より〉

ここで論じるまでもなく、つげ義春が梶井基次郎作品に深いシンパシーを感じていたことは有名な話です。作為的に梶井作品のエピソードを自作に挿入するほどに。
たとえば、「檸檬」の一節は、「蟹」(1970年)や「近所の景色」(1981年)で。

近所の景色_20100923013133 蟹_20100923013415
〈「近所の景色」と「蟹」より〉      

また、「愛撫」の「私はゴロッと仰向きに寝転んで、猫を顔の上へあげて来る。二本の前足を掴んで来て、柔らかいその蹠(あしのうら)を、一つずつ私の眼蓋にあてがう。快い猫の重量。温かいその蹠。私の疲れた眼球には、しみじみとした、この世のものでない休息が伝わって来る」という描写を「やなぎや主人」(1970年)で。

やなぎや主人_20100923013558 〈「やなぎや主人」より〉


深読みをすれば、あまりにシュールなつげ義春の代表作「ねじ式」に、梶井の「ある心の風景」の影響を見ることができないわけではないでしょうが(奇怪な傷、母の存在、女性との交歓)・・・それはあまりにも乱暴すぎますね。

しっかし、ほんとうに、つげマンガの登場人物も梶井作品の主人公もよく街を徘徊します。焦燥感がほとばしりすぎ。



檸檬 その1

2010年11月05日 00:36

檸檬 梶井基次郎 1925年


「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。」
居たたまれない“私”は、街から街を彷徨いつづける。


20101104131518471[1]
〈寺町丸太町の交差点。一時(1923年5月~翌年1月頃)、梶井基次郎がこの近くに下宿していたことも〉


その頃、“私”が好きだった場所は丸善。
「赤や黄のオードコロンやオードキニン。洒落た切子細工や典雅なロココ趣味の浮模様を持った琥珀色や翡翠色の香水壜。煙管、小刀、石鹸、煙草。私はそんなものを見るのに小一時間も費すことがあった。」
しかし、今の“私”にとっては丸善も重苦しい場所でしかない。


20101104131519870[1]


街を歩く“私”が足を留めたのは寺町二条にある一軒の果物屋。
「店頭に点けられた幾つもの電燈が驟雨のように浴びせかける絢爛は、周囲の何者にも奪われることなく、ほしいままにも美しい眺めが照らし出されているのだ。」


20101104131409880[1]
〈鎰屋(当時あった菓子屋で、2階が喫茶店になっていた)の2階から眺めた果物屋がたいそう美しかったとか。写真のコンビニエンスストアの入るマンションが鎰屋のあった場所です〉


「いったい私はあの檸檬が好きだ。レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色も、それからあの丈の詰まった紡錘形の恰好も。」
その果物屋でレモンを一つ買って、手にすると“不吉な塊”もいくらか弛み、幸福になった。さらに歩き、たどり着いたのは丸善の前。


20101104131409568[1]
〈当時、丸善は三条麩屋町西入にありました〉


丸善に入ってはみたものの、それまでの幸福な感情は逃げていく。棚の前で、以前はひきつけられた画本を引き出しバラバラと捲ってみる。が、戻すのも億劫になってしまう。
「『あ、そうだそうだ』その時私は袂の中の檸檬を憶い出した。本の色彩をゴチャゴチャに積みあげて、一度この檸檬で試してみたら。『そうだ』」
手当たり次第に本を積み上げ、「奇怪な幻想的な城」を築きあげる。そして、その頂にレモンを据え付けた。

「見わたすと、その檸檬の色彩はガチャガチャした色の階調をひっそりと紡錘形の身体の中へ吸収してしまって、カーンと冴えかえっていた。」
そして、“私”はもう一つの奇妙な企みを実行した。
 ――それをそのままにしておいて私は、なに喰わぬ顔をして外へ出る。――
「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けて来た奇怪な悪漢が私で、もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆発をするのだったらどんなにおもしろいだろう。」




檸檬 その2

2010年11月05日 00:42

初出は1925(大正14)年1月創刊号の『青空』。
しかし、その前年(1924年)に執筆された習作「瀬山の話」の中に小説「檸檬」と同様の逸話が挿入されています。
さらに、その前(1922~23年頃)には、習作の詩「祕やかな樂しみ」が書かれ、いくつかの変遷の末に、名作「檸檬」が出来上がったことがうかがえます。

そもそも『青空』の創刊号には「瀬山の話」を載せようと頑張っていたらしいのですが、創刊のための広告取りなどの準備と重なり、断念。「瀬山の話」の瀬山の独白部分を「檸檬」として独立させて完成させたのです。

(ちなみに、「瀬山の話」の主人公・瀬山極とは、梶井基次郎が1923年の劇研究会の回覧雑誌『真素木(ましろき)』に“瀬山極”のペンネームで創作「奎吉」を発表したりして、お気に入りの名前だったようです。由来は、ポール・セザンヌをもじって、とのこと)

「瀬山の話」と「檸檬」を読み比べれば作者の意図や感性の変遷があぶり出されおもしろいのでしょうが、ここではそんなこむずかしい考察はしません(笑)。また機会がある時にでも・・・。
ありていに言えば、両作はテンポが違います。「瀬山の話」は少しまどろっこしく、説明口調で・・・まあ、習作の段階だから致し方ないのでしょうが。


20101104132106f6e[1]

「檸檬」「瀬山の話」「祕やかな樂しみ」が現在、手軽に読めるのは『梶井基次郎全集 全一巻』(ちくま文庫)。習作や遺稿も網羅されていて、お得です(活字が小さいですけれど・・・)。


この小説の舞台となった「丸善京都店」は2005年10月に閉店し、さらに主人公が檸檬を買った「八百卯」は2009年1月に閉店しました。

梶井基次郎のいた頃の丸善は、1907年から三条麩屋町で営業し、1940年に河原町蛸薬師へ移転しています。
八百卯は寺町二条の角にあり、1879年創業の老舗果物屋。ビルになってからは2階でフルーツパーラーも営んでいました。
1階の寺町通りに面したショウウインドウには、いつもレモンが飾られ、小説「檸檬」の説明書きも置いてありましたね。

20101104131406906[1]

ちなみに、この店の北に接する二条通りの緩やかなカーブは、かつて市電が走っていた頃の名残なのです。

寺町通りは、「犬を賣る男」(1924(大正13)年頃の草稿)で、孤独でみじめな主人公が目にする“犬を売る奇妙な露店”が出ていた場所でもあります。

201011041314077a0[1]


大谷晃一氏(帝塚山学院大学名誉教授)の書いた文章(『国文学 解釈と観賞』平成11年6月号)によると、
三高に入学した梶井は、ほどなく酒に親しみ、肺病からくる倦怠もあって、勉学も怠けがちになります。お初という名のウエイトレスに熱を上げ新京極の江戸カフェーに頻繁に通ったり、寺町の東洋亭(河原町丸太町を上がったところにある創業大正6年の「東洋亭」でしょうか)の芳枝という女性にも恋心を抱いたり・・・。しかし容姿のコンプレックスもあってか、うまくはいきません。

檸檬_0002
〈『新潮日本文学アルバム 梶井基次郎』表紙より〉

だれですか。ゴリラ顔なんて言っているのはっ。文章は顔で書くものではありません。
でも、そりゃそうですよね。肺病もちで、繊細な文章・・・。誰もが優男を想像するはずです。


最後に、「檸檬」のモチーフとなった詩「祕やかな樂しみ」を、記しておきます。


   祕やかな樂しみ

一顆の檸檬(レモン)を買ひ來て、
そを玩ぶ男あり、
電車の中にはマントの上に、
道行く時は手拭(タオル)の間に、
そを見 そを嗅げば、
嬉しさ心に充つ、
悲しくも友に離りて、
ひとり 唯独り、我が立つは 丸善の洋書棚の前、
セザンヌはなく、レンブラントはもち去られ、
マチス 心をよろこばさず。
独り 唯ひとり、心に浮かぶ樂しみ、
祕やかにレモンを探り、
色のよき 本を積み重ね、
その上に レモンをのせて見る、
ひとり唯ひとり數歩へだたり
それを眺む、美しきかな、
丸善のほこりの中に、一顆のレモン澄みわたる、
ほゝえまひて またそれを とる、冷さは熱ある手に快く
その匂ひはやめる胸にしみ入る、
奇しことぞ 丸善の棚に澄むはレモン、
企らみてその前を去り
ほゝえみて それを見ず、

『梶井基次郎全集 第一巻 筑摩書房』より


20101104131410d50[1]

寺町通りの中でも、北は丸太町通りから南は御池通りの区間は、一保堂茶舗、古梅園、紙司柿本をはじめとする老舗や古美術店、画廊などが並び、少し昔の京都の風趣を感じることができます。もちろん観光客にも人気のある通りです。






Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。