--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞妓Haaaan!!! その1

2011年07月20日 01:34

舞妓Haaaan!!! 監督・水田伸生 2007年


東京にある鈴屋食品のサラリーマン・鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、高校の修学旅行で舞妓に魅せられてから、寝ても覚めても思うのは舞妓のことばかり。
休みの日には京都まで赴き、カメラ片手に舞妓の姿を追いかけるものの、お茶屋で野球拳をする夢には程遠い・・・。

WS000032_R.jpg
〈カメラ小僧には須賀健太、バナナマン日村に、山谷初男まで(笑)〉

そんな彼に突然、京都支社への転勤の辞令が・・・!

WS000185_R_20110421153456.jpg
〈“かやく工場”と揶揄される京都支店。実は左遷だったのです。グータラ社員の面々には先崎部長役の生瀬勝久をはじめ、キムラ緑子、Mr.オクレ〉

転勤早々、憧れのお茶屋遊びをしようと貯金を下ろし、消費者金融で金を借りるが、立ちはだかるのは“一見さんお断り”の壁。

WS000151_R.jpg
〈劇中にはミュージカルも・・・って、なんでやねん〉

そこで、鬼塚は社長の鈴木にお茶屋を紹介してもらおうと直談判。しかし社長からは仕事で成果を出してから、とつれない返事。

その言葉に奮起した鬼塚は、お茶屋遊びをしたい一心でカップ麺のヒット商品の開発に成功!
意気揚々とお茶屋に乗り込んだ内藤が目にしたのは、隣の座敷にいたプロ野球選手・内藤貴一郎(堤真一)のど派手で節操のない遊び。

WS000267_R.jpg

鬼塚はその振る舞いに圧倒され、内藤に対し嫉妬ともとれるライバル心を抱く。

その頃、鬼塚の元恋人・大沢富士子(柴咲コウ)は“夢川町”の舞妓になるべく、京都へとやってきた。舞妓への思いで先走っていた鬼塚は易々と恋人・富士子と別れ、彼女はそんな鬼塚を見返そうと京都に来たのだった。そして修業先に選んだのは偶然にも内藤の実家で、鬼塚憧れの舞妓・駒子(小出早織)のいる置屋。

WS000218_R.jpg

鬼塚は内藤への対抗心から、鈴屋食品にプロ野球チームを買収させ、自ら選手となって活躍する。

WS000317_R.jpg
〈買収したチームの新チーム名は“京都オイデヤース”。ふざけた名前と思いきや、実在する京都のプロバスケットボールチームの名前は“京都ハンナリーズ”です(苦笑)〉

その後、次々と華麗に職業を変える内藤の後を追うように、俳優、格闘家、市長選への出馬へと暴走!

WS000422_R.jpg
〈内藤の主演映画のタイトルは「山猿」。しかもその特大宣伝ポスターが貼られているのは、先斗町歌舞練場の壁。映画のコピーは「山で一番熱い奴!! ついに山火事―。水でしか、消せない」。そして共演者は「加糖こい」・・・(笑)〉

WS000440_R.jpg
〈鬼塚が内藤に対抗して作ろうとした映画のタイトルは「THE有頂天時代劇」ですが・・・こちらはあまりうまくなかったですね〉

さらに、内藤の血のつながらない兄妹として育てられた駒子の出生の秘密・・・、舞妓・駒富士となった元恋人の富士子との再会・・・、市長となった内藤が打ち出した「“一見さんお断り”のお断り」条例の行方・・・と、まあバカバカしいコメディ映画です。

WS000554_R.jpg



スポンサーサイト

舞妓Haaaan!!! その2

2011年07月20日 01:34

この映画は、宮藤官九郎の脚本と、主演・阿部サダヲの演技、その両者の勢いに尽きますが・・・まっ、娯楽作品はこれでいいのです。

柴咲コウの舞妓姿の白塗り顔がなんとも貧相と思いきや、柴咲コウだけではなく、京野ことみも、酒井若菜も、なんだかやけにうらぶれた感じで・・・そもそもの舞妓の化粧の仕方自体に問題があったようです。

WS000668_R.jpg
〈大沢富士子(駒富士)役の柴咲コウ〉

そんな中、小出早織は舞妓顔が際だって、かわいいのが救いです(この人はもっと売れても良いのにネ)。

WS000371_R.jpg
〈駒子役の小出早織〉


舞台は京都にある架空の花街“夢川町”ですが、モデルとされたのは「宮川町」。
「舞妓ゆうたら祇園ちゃいますのん? なんで夢川町やねん」とのツッコミにも、劇中で阿部サダヲが語っています。「祇園ばかりが花街とちゃいます。中でも夢川には昔ながらの置屋も多く、お座敷通の間では隠れた人気スポットなんどすえ」ってね。

WS000293_R.jpg
〈お座敷遊びを満喫する鬼塚(阿部サダヲ)のセリフ。「ナムコワンダーエッグの百倍楽しいっ!」〉

確かにかつては、祇園甲部と宮川町とでは、花街としての格は祇園甲部の方が断然上でしたが(宮川町は娼妓町として有名)、今の風情でいうとむしろ宮川町の方が味があるのです。


撮影には宮川町のほかに、金沢の花街である「主計町」がロケ地として主に使われています。鴨川に見立てられているのは「浅野川」。情緒ある木製の橋は「梅ノ橋」です。

WS000538_R.jpg
〈金沢の浅野川に架かる梅ノ橋。向こうに見えるのが浅野大橋〉

ちなみに泉鏡花はこのあたりの生まれで、梅ノ橋は泉鏡花の出世作「義血侠血」の舞台でもあります。


「夢川おどり」の撮影で使われたのは、上七軒歌舞練場。

WS000649_R.jpg


この映画でなんと言っても最高の場面は・・・、大文字の送り火の日、ガソリンスタンドでガソリンを盗んで大文字山に登った鬼塚。なにやら、ガソリンを山中で撒いていると思いきや・・・、

WS000591_R.jpg

恋する駒子に真剣な気持ちを伝えようと鬼塚が取った行動は、「大“好き”」の文字だったのです! 名付けて「大好き文字焼き」(笑)。

WS000621_R.jpg

これは、クドカンにやられてしまいました・・・。そしてBALの大型ビジョンに映る格闘家に扮した阿部サダヲって(笑)。

WS000455_R_20110421154457.jpg


堤真一もコメディからシリアスまで何でもできる器用な俳優です・・・。

WS000690_R.jpg
〈芸者姿の堤真一と阿部サダヲ〉


WS000225_R.jpg

この映画は、植木等の遺作でもありました。





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。