--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しさと哀しみと その2

2011年06月16日 23:54

美しさと哀しみと 監督・篠田正浩 1965年

20110113123302bd7[1]


川端康成の原作完成(1961年~1963年まで『婦人公論』に連載)から2年後の1965(昭和40)年、松竹の制作で公開されました。監督は篠田正浩。


ちなみに篠田正浩は大島渚、吉田喜重とともに「松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手」ともてはやされた監督ですが、映画好きの中では多くのアンチ篠田正浩がいるように、世間の評価より凡庸な監督だという意見には少し同意です。

映画の企画は当初、加賀まりこが映画化を松竹に提案し、会社の命により篠田正浩にお鉢が回ってきたのだとか。
そもそも、文豪たる川端康成が当時の加賀まりこにメロメロだったというのは有名な話です。最近のテレビ画面ではいつも苦虫を潰したような不快な表情の彼女しか見かけませんが(笑)、この映画の中では、文豪をも骨抜きにするコケティッシュで、小悪魔で、という形容もダテではない存在感で演じきっています。

2011011312350646a[1]


映画はほぼ、原作通り。
原作もそうですが、ロケにおいても、今まで京都であまりロケ地として使われなかった“ひなびた”場所を意識的に使ったとのこと。たとえば、二尊院、化野念仏寺、苔寺など。

20110113123551b29[1] 〈化野念仏寺〉

寂しい雰囲気は物語全体に影を落とす上野音子という女性を表現するにはうってつけだったようには思えます。


そして、劇中を通して、音子が描き続ける大作「嬰児昇天」。

20110113123412198[1]

この絵は、篠田監督と交流のあった池田満寿夫が描いたもの。映画と同じ「美しさと哀しみと」と題され、畳三畳分の大きさ。現在は真ん中の部分だけが残っていて、残りの上下部分は行方不明になっているそうです。



スポンサーサイト

美しさと哀しみと その3

2011年06月16日 23:55

北鎌倉に住む中年作家・大木年雄(山村聡)は、にわかに思い立って新年を迎えるため京都に赴いた。

20110113123550016[1]
〈新幹線車中の大木。原作では東海道線を利用していますが、映画では新幹線です。原作発表と映画公開との間の1964年に新幹線が開通しています〉

表向きの口実は古い寺々の除夜の鐘を生で聞いてみたいという長年の思いにかられてというものであったが、ずっと逢うことのなかった京都にいる上野音子(八千草薫)と二人きりでその鐘を聞きたいというのが本音だった。

二十年前、新進の小説家であった31歳の大木は妻子ある身で、16歳の女学生であった音子と関係を持った。
そして、大木の子を身ごもった音子は、妊娠8ヶ月で早産し、子供は死産。
ショックで音子は自殺を図り、それは未遂に終わるも、精神科の病室に入れられるまでに憔悴してしまった。

2011011312355197e[1]

音子の母(杉村春子)は、彼女に大木を忘れさせるため、大木の元から離れ、母娘で京都の嵯峨に引き籠もる。
その後、大木は音子との出来事を『十六七の少女』という私小説にしたため、小説家としての地位、名声、金を手に入れた。一方、40歳となった音子はといえば画家として立ち、弟子を持つまでになっていた。

京都に着いた大木は、音子と除夜の鐘を聞く約束を取り付ける。
大晦日、滞在のホテルに迎えに来たのは音子ではなく弟子の坂見けい子(加賀まりこ)だった。

201101131235064cb[1]
〈大木が泊まっていたのは蹴上にある「都ホテル」〉

音子と二人きりの夜を期待した大木だったが、知恩院の除夜の鐘が間近に聞こえる座敷には、大木、音子、けい子、そして二人の舞妓。大木は音子の自分に対する態度に、時の長さを感じるとともに、けい子の若く妖しい魅力に惹かれる。

201101131235061f6[1]

けい子は、音子に同性愛に等しい愛情を抱いていた。もちろん大木の著作を通じて、大木と音子との関係も知っている。
彼女は愛する音子をおとしめた大木に対し、復讐することを決意する。

20110113123507124[1]



美しさと哀しみと その4

2011年06月16日 23:56

けい子は自作の絵を携え、北鎌倉の大木の家を訪ねた。あいにく大木は留守で、息子で私立大学の講師をしている太一郎(山本圭)が応対した。
大木の妻・文子(渡辺美佐子)は、けい子の来訪によって大木と音子との関係を詮索し、さらに今度は息子が音子の弟子に誘惑されるのではないかと心配する。

20110113123507a28[1]

最初の訪問から半年後、けい子は再び大木の家を訪ねる。そして、その夜江ノ島に泊まり、けい子は大木に抱かれた。
京都に帰ったけい子は、大木との出来事を包み隠さず音子に報告する。「あの家庭を破壊してやりたいんですの。うちの先生の復讐のためですわ。」と。

20110113123507ed0[1]
〈苔寺でスケッチする、音子とけい子〉

太一郎が室町時代の公家・三条西実隆の墓参りのため京都に向かう。それは一つの口実で、けい子との逢瀬を期待してのものであった。

そして、太一郎の期待通り、けい子とともに三条西実隆の墓がある二尊院を詣で、墓の前で二人は抱き合い、けい子の希望で琵琶湖に行くことに。けい子はモーターボートに乗りたがった。

201101131234110d6[1]

琵琶湖ホテルに入った二人だったが、汗を流すために太一郎がシャワーを浴びていると、電話だと呼び出される。「僕に電話だって……?」と怪訝顔の太一郎。電話口には太一郎の母親がいて、けい子が北鎌倉の太一郎の家にかけたのだった。
電話の母親はすぐに帰ってこいとまくし立てる。傍ではけい子が太一郎の首に接吻していた。

20110113123411f7e[1]

結局、妖婦となったけい子の誘惑に勝てず、ホテルに泊まることを決意する。そして夕暮れ間近の琵琶湖でモーターボートに乗ることに。

20110113123411e04[1]

京都にいる音子はラジオのニュースでモーターボートの転覆事故を知る。急いでホテルに到着した音子の前には鎮静剤を打たれ寝ている、けい子。太一郎はまだ見つかっていない。ホテルの窓からは湖面に浮かぶ捜索の船の灯りがいくつも点っていた。

20110113123412e25[1]





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。