--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジロード急行 その1

2011年05月21日 01:54

オレンジロード急行 監督・大森一樹 1978年

オレンジロード急行p


初期の大森一樹はやっぱり、いい! と思える一作です。
特にこの『オレンジロード急行』を観ていると、映画で生計を立てていこうといった気負いも感じられず(もちろん、あったのでしょうが)、まさか後年、商業映画監督の代表みたいになって大学で教えているなんて想像もできず・・・単なる映画好きの青年が楽しんで撮っている作品との“初々しく輝かしい”印象しかありません。
まあ、しかし、初期作品といっても『オレンジロード急行』(1978年)、『ヒポクラテスたち』(1980年)、おまけして『風の歌を聴け』(1981年)までですがネ・・・。


1977年に脚本『オレンジロード急行』で第3回城戸賞を受賞したことがきっかけで、それまで自主映画一辺倒だった京都府立医科大学の学生・大森青年に商業映画を撮影する道が開けます。
ちなみに、城戸賞とは現在も続いている脚本の賞で松竹の元会長・城戸四郎から名付けられました。「これからの日本映画の振興には、脚本の受けもつ責任が極めて大きい」との城戸の持論に基づき、新しい人材を発掘し、活動を奨励することを目的として1974年から始まった賞で、人気脚本家だった野沢尚は第9回の城戸賞に佳作入選したこととがきっかけで、プロの道に進んでいます。

『オレンジロード急行』に出てくる若者や、『ヒポクラテスたち』の学生たちをみていると、1952年生まれの大森一樹は“学生運動の時代”にどうも乗り切れなかった(少し距離を置いていた)人との印象。その、どこか時代を冷めた目(一歩引いた目)で見ている(見られる)距離感が、これらの名作を生み出しえたのでしょう。

WS000351_R.jpg

この映画に登場するのは、放送機材を積んだトレーラーで京都中を駆けまわり、海賊放送を流しながら警察から逃げることを“楽しんでいる”五人の青年。
そしてもう一組は、東京から自動車泥棒を繰り返しドライブを“楽しみながら”和歌山へと向かう老カップル。嵐寛寿郎と岡田嘉子扮するこの老人カップルが、泥棒した自動車の後部座席に子どもが乗っていたことから、大騒動の誘拐事件へと発展し、海賊放送の青年たちを巻き込んだロードムービーに仕上がっているです。

WS000377_R_20110521011643.jpg

青年も老人も、その時を“楽しみ”ながらも、いつか終わりが来ること、終わらせなければならないことをわかっていて・・・、そのことに気づきながらも止めることのできない人生のように、警察に追われながら終着地点である「オレンジの国」和歌山へと向かって物語は進むのです。

WS000519_R.jpg

ロードムービーの様相を呈しているとはいえ、この映画が語っているのは“戦前戦中を生き抜いてきた老人の力強くしたたかな行動力”と“モラトリアムから脱却できない青年の甘え”。青年たちの行き場を失った“甘ったれた遊び”と老人の“遠く失われてしまった思い出”が最後の場面のミカンの枝で繋がったとき、熟しきっていないミカンのように甘酸っぱい爽快感がカタルシスとなって感じられれば、この『オレンジロード急行』はその人にとって名作になるでしょうし、感じられなければフツーの青臭い映画で終わるのでしょうし・・・。

WS000122_R_20110521011644.jpg

しかし、どちらの世代にも共通しているのは“郷愁”なのでした。遠い郷愁にかき立てられ大胆に自動車泥棒を繰り返す老人と、近い郷愁から抜けきれずにずるずると海賊放送を続ける青年。


WS000747_R.jpg

この作品はDVD化もされていないことから、あまり紹介されることのない作品ですが、いい映画(のはず)ですので、またまた長~いあらすじを交えて、才能豊かだった頃の大森監督を偲んでみましょう。



スポンサーサイト

オレンジロード急行 その2

2011年05月21日 01:55

学生運動華やかなりし頃から8年。モラトリアム生活から脱却できない五人の青年が、改造したトレーラーを走らせ京都で海賊放送を続けていた。

五人の通称は、流(森本レオ)、ダンプ(中島ゆたか)、ファイト(小倉一郎)、メカ(志麻哲也)そして羽島(河原崎建三)。

WS000013_R.jpg
〈海賊放送のDJ担当は、もちろん森本レオ。「ミッドナイト東海」(1968年~1972年まで担当)という番組でDJをつとめたことがこの人の人気を上げるきっかけになったのだとか。劇中でも軽妙なしゃべりを披露しています〉

WS000033_R_20110521012711.jpg
〈チョイ役で佐藤蛾次郎。元暴走族でGS店員の役です。海賊放送局からの「パトカーを巻いてほしい」という依頼に、「お宅らもあほなことやっとらんと、もうちょっとまじめな道に進んだらどうでっか」といわれる始末〉

WS000054_R.jpg
〈自宅の団地からトレーラーに警察の動向を知らせる羽島(河原崎建三)。警察の追っ手からトレーラーを逃すために「ひび割れた絵」を道路に置いたり、信号機にセロハンを貼り全部の信号を赤にして交通を混乱させたり・・・。しかしその任務の帰りにはベビーフードを買って帰る、よきパパでもあるのです〉


海賊放送を追いかけている刑事には原田芳雄。「ルパン三世」の銭形警部を思わせるキャラクターで「10年前の遺物」と彼らを嘲笑するも、いつも逃してばかりで・・・。そんな刑事の元にもうひとつやっかいな事件が舞い込む。

WS000025_R.jpg

それが70歳を過ぎた老人カップルによる連続自動車泥棒だった。
犯人は東京から家出人として捜査願いが出されていた鈴木鈴之助(嵐寛寿郎)と、モーテルの女中をしていて失踪した田中もと(岡田嘉子)の二人。

WS000114_R_20110521012711.jpg
〈往年の大大・・・大スター「アラカン」こと嵐寛寿郎と、ロシアへ逃避行した伝説の女優・岡田嘉子!! 無名の新人監督作品としては、あまりに異例の出演者です。もちろん「アラカン」は往年の面影はまるでありませんし、演技なのか素なのかも見分けが付かないたどたどしいセリフ回しですが、老人カップルの自動車泥棒という奇矯な役柄にはピッタリ〉


海賊放送の開局から8年経ち、彼らのまわりにもついに変化が・・・。妻子持ちの羽島はカリフォルニア工科大学の研究室に行くこととなり、渡米。そして彼らの後輩でメカニック担当のメカも郷里の和歌山に帰って漁業を手伝うことになって、海賊放送を離脱。
一人また一人と現実社会へと旅立っていく・・・。

WS000187_R_20110521012710.jpg
〈リクエストの余地を全く認めない海賊放送局によって独断と偏見でかけられた曲は、森田童子の「さよならぼくのともだち」。カリフォルニアに旅立つ羽島の場面に流れるのですが、学生運動収束後に発表されたこの曲が劇中に感傷を漂わせます〉

残されたのはファイト(小倉一郎)、流(森本レオ)、ダンプ(中島ゆたか)の三人。ファイトは渾名の通りプロレス雑誌に勤めていて、流は流行らない絵画教室をしていて、ダンプは幼稚園のスクールバスの運転手でもしようかと考え・・・、無気力なまま、次の一歩を踏み出せないでいる三人。

WS000247_R.jpg
〈流の絵画教室に通う生徒・ヒロミには、早乙女愛〉

その頃、老人の運転する盗難車が京都に入っていた。警察無線を傍受した海賊放送局の三人の心配をよそに、老人カップルは喧嘩していた若い恋人同士に盗難車をプレゼントして、警察の検問を逃れる。

WS000337_R.jpg
〈「おめでとう! あなたがたがこの橋を渡られるちょうど100万人目の方です」と盗難車のキーを見ず知らずの若いカップルにプレゼント。橋といっても双岡病院横の高架ですけどね(笑)。かつてのピネル病院の横の高架っていった方が昔の京都人にはわかりやすいかな・・・〉


三人の元に、郷里に帰ったメカ(志麻哲也)から一週間ぶりに無線で連絡があった。「一度、和歌山に遊びに来い」と。三人は和歌山へ向かう道中で海賊放送をし、最後のドライブとすることを決めた。


そしてここからがロードムービーの始まり。


WS000357_R.jpg
〈中島ゆたかは最近ではドラマの端役、特に悪女を演じる女優として見かける程度ですが、この頃はカッコよかった〉



オレンジロード急行 その3

2011年05月21日 01:55

奈良で若い夫婦の車を狙う、かの老人カップル。いつも通りの早業で車をかっぱらった二人だったが、車の後部座席には小さな男の子が!

WS000388_R.jpg

誘拐事件の発生に色めき立つ刑事(原田芳雄)。最後の海賊放送が行われていると報告する若手警官に「大事件なんじゃよ、こっちは。誘拐か、初体験だな、何から始めちゃおうかな」と興奮ぎみ。

WS000394_R.jpg

若夫婦のマンションで逆探知機を設置し、ノリノリの刑事をよそに、老カップルと子どもを乗せたカローラ、そして海賊放送をするトレーラーは、それぞれ和歌山へ向かう。

鈴木鈴之助(嵐寛寿郎)が向かいたかった先は、和歌山のアメリカ村(美浜町)だった。

彼の郷里でもあるその土地で、兄弟のように育った友人とよく海を眺めた一本の大きなミカンの木。そこに登って「いつか海の向こうに行く」と言ってカリフォルニアに本当に渡ってしまった友人。その友人は帰郷を夢みながら、郷里のアメリカ村に別荘を建て先に妻を日本に帰すが、友人本人は日本に戻ることなく、カリフォルニアで死んでしまったのだった。その幼少の時の思い出のミカンの木を一目見るために、鈴之助は一目惚れした田中もと(岡田嘉子)とともに、自動車を盗み続けてまでも、和歌山に向かっていたのだ。

WS000453_R.jpg
〈この町は明治期よりカナダのスティーブストンという土地へ集団移民をした町として知られ、出稼ぎを終えて町に再び戻ってきた人たちが洋風の民家を建てたことから、通称・アメリカ村と呼ばれるようになった実在する集落です〉


警察無線を傍受できるトレーラーの三人は警察の包囲網が迫る自動車泥棒を心配するが、次に盗難に遭うのは・・・彼ら。

WS000468_R.jpg

子どもを連れた老カップルは、ダンプ(中島ゆたか)をおろし、トレーラーをかっぱらう。が、後ろの放送室には流(森本レオ)とファイト(小倉一郎)が乗ったまま。トレーラーを盗まれたことに気づいた二人は、老人を警察に突き出すこともできず、この泥棒された様の実況放送へと切り替える。

取り残されたダンプは、海辺にたたずむカップルの自転車を盗んで、トレーラーを追いかける。そしていつの間にか、海賊放送は窃盗老人に対するインタビューへと悪ふざけ。

WS000544_R.jpg

合流したダンプは流の長いインタビューにあきれ顔。「ほっといたら、いつまでインタビュー続けるかわかんないものね、あの馬鹿・・・。なにしろ、終わり方っていうものを知らない男だから・・・」。


彼らが海岸べりで一晩を明かすと、老人カップルの行方は知れず・・・。しかも子どもは残されたままで。老人はダンプの盗んだ自転車で逃げていて、このままでは彼ら三人が誘拐犯になりかねない。なんとか警察の検問をかいくぐり、彼らは和歌山の南端へと急ぐ。

WS000580_R.jpg

その頃、老人カップルは友人が建てた別荘にある、思い出のミカンの木へとたどり着いていた。「子どもの頃には天まであるように思えたんですがねえ・・・」。それは小さなミカンの木だった。

WS000605_R.jpg

鈴之助は思い出のミカンの木の枝を折った。すると家の中からは友人の妻であるメリー(高杉早苗)が「コラー、ミカンドロボウ!」と片言の日本語でホウキ片手に飛び出してきた。思わず逃げる二人。その二人を見ながらメリーはつぶやく。「ヒドイヨ。ワタシのダイジナ、ダイジナ、オレンジの・・・トゥリー」。

その「オレンジのトゥリー」と日本語で喋ったメリーさんの言葉を思い出し、すがすがしい笑いを漏らす鈴之助。友人が亡くなった今も、その妻のメリーが思い出のミカンの木を守っていたことに感慨無量だったのだ。

WS000622_R.jpg
〈鈴木鈴之助の幼なじみの妻・メリーには、高杉早苗。『宗方姉妹』(監督・小津安二郎、1950年)の時にも紹介しましたが、三代目市川猿之助の母親ですね〉


思い出のミカンの枝を太平洋に投げる鈴之助。「カリフォルニアまで流れていくといいですね」と見守る、田中もと。

WS000664_R.jpg

警察はすでに、海賊放送の電波の発信源をキャッチしていた。海岸線の建物に集まる警官。しかし突入した警官隊をあざ笑うかのように、あったのは「海賊放送局は永遠に不滅で~す!」とテープから流れる声のみ。

誘拐された子どもは無事に親の元に戻り・・・、彼らはすでにメカの船に放送機材を積み込み太平洋沖に出ていた。

WS000732_R.jpg

海岸から遠くの海を見る刑事。「追いますか」の警官の問いかけに「あいつらが本物の海賊になったら、その時はとっつかまえてやる」と(笑)。

WS000762_R.jpg

あいかわらず、大海原に出てもどっちの方に行けばわからない彼らだったが、最後に流が決断する。「よっしゃ、この際、思い切って領海の外までいてこましたろか。それやったら電波法に引っかからんと放送できるで!」。
ダンプ「いいね、それ、あんたもたまにはいいこと言うじゃないの。私たち今日から本当の海賊になるんだね」。
ファイト「まだ放送やるっちゅうんか、どないして食うていくねん」。
流が釣り竿を指しだし「魚や」。
ファイト「エサも付いとらんのに釣れるわけないだろ」。
ダンプ「ミカンなら釣れそうよ、ほら」。
ダンプの目線の先には、鈴之助が投げ込んだミカンの枝が。
メカ「カリフォルニアまで羽島さんに会いに行きましょうか~」。

WS000786_R.jpg



観ている者の夢を潰すことなく、モラトリアムからの脱却を描いた(ように見える)エンディングで終わるかと思いきや・・・、かの老カップルは性懲りもなく自動車泥棒を続けていて(笑)。

WS000795_R.jpg


若者の親切を次々と踏み倒し、軽快に自動車泥棒をやってのける二人の老人。戦前の映画界のヒーローとヒロインが演じたからこそ、モラトリアムに生きる若者との対比で新しい映画の到来を予感させる作品ともなっていたのかも・・・とも今では感じさせます。

なかでも二人の交わすセリフで印象的なのが、

田中もと(岡田嘉子)「あんな優しい若い人たちばっかり、こんな目に遭わせて、あたくしなんだか切なくって・・・」。
鈴木鈴之助(嵐寛寿郎)「なあに、構いませんよ。優しさだけで生きていけると思っとるから、駄目なんですよ。優しくなくっちゃあ生きていけないかもしれませんが、タフでなくっちゃあ、その資格もないのですよ」。

う~ん、アラカンの口から出ると何でもないセリフも、考えさせられるのです。





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。