--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒポクラテスたち その1

2010年08月23日 16:41

ヒポクラテスたち 監督・大森一樹 1980年 ATG

ヒポクラテスたち DVD
 
青春って、いつの時代も騒々しいものなんです。
騒げば将来に対する不安を振り払えるとでも思っているのでしょうか(笑)。

それにしても、この映画は素晴らしい青春群像劇です。
1980年度キネマ旬報ベストテン日本映画部門第3位(1位は『ツィゴイネルワイゼン』で・・・9位には『狂い咲きサンダーロード』が入っていますネ)。

さて、『ヒポクラテスたち』の主人公は古尾谷雅人演じる洛北医科大学6回生の荻野愛作。
彼を取り巻く臨床実習仲間や、寮仲間との日常を描いた作品です。

医大の最終学年はポリクリと呼ばれる臨床実習にあてられ、
6、7名に分けられた学生グループが、内科や外科やさらには眼科まで、17くらいの科を一週間毎のローテーションでまわり、
自分が専門的にどの科に進むのかを決めるのです。
描かれているのは、生と死の狭間で、少なからずの死に直面し、苦悩と不安に揺れる医者の卵の姿。

ヒポクラテスたちWS000034_convert_20100823191049〈三条京阪の歩道橋〉

時代は1970年代の後半あたり。舞台は京都。
まだ学生運動の残り火もくすぶり、寮の中では右の思想から、左の思想まで、そして学生運動をドロップした者もいて、
内ゲバならぬ“プチゲバ”(ちょっとした喧嘩のことね・・・)があったり。
医療現場の現実と社会の矛盾、そして自分の理想とのギャップに戸惑い、頼りないながらも真摯に生きている学生の姿はリアルで切実です。
といっても、全編を通して“軽み”をもって描かれ、その軽快なタッチがさらに青春度を増しているのですが。

今見ると、通りを走るバスや車のかたちも古めかしく、
三条京阪には歩道橋があったり(もちろん、京阪電車はまだ地上を走っていて、三条から出町柳の間は路線すらもありません)、
そう、バブルの狂騒もまだ来ていなかった京都の懐かしい風景が、ことさら郷愁を誘うのです。

ヒポクラテスたちWS000052_convert_20100823191203
〈荒神橋のたもとの喫茶店「リバーバンク」〉

よくもまあ、これだけの登場人物がいて、話が破綻もせず、
なによりすべての人物が印象に残る作品も珍しい。
京都府立医大出身の監督が、しかもその大学をモデルにして制作しただけに(登場人物にまでモデルがいたのかどうかは知りませんが)、映画作りへの思いもひとしおだったのでしょう。
そして、今はもう引退してしまったであろう学生役の俳優たちも、画面の中でみんなキラキラしているのが、さらに切なさを募らせます。

はたして今の医学生は、こんな映画があったことを知っているんでしょうか。



スポンサーサイト

ヒポクラテスたち その2

2010年08月24日 00:25

ヒポクラテスたちWS000002_convert_20100823224535

舞台は洛北医科大学(モデルは大森監督が通っていた京都府立医科大学)。

ヒポクラテスたちWS000051_convert_20100823225816                   

ヒポクラテスたちWS000016_convert_20100823224919

荒神橋のたもとにある喫茶店「リバーバンク」にて。
ポリクリグループの紅一点・伊藤蘭演じる木村みどり。もちろん一服のたばこは「蘭」。

この映画は、古尾谷雅人の一般作品デビュー作で、斉藤洋介と内藤剛志のデビュー作、
そしてキャンディーズを引退した伊藤蘭の復帰作として有名ですが、
映画に出そうもない大物が端役で顔を出していることにも驚きです。
新人だった大森監督になぜこれほどの人脈があったのでしょうか?

ヒポクラテスたちWS000012_convert_20100823224647

小児科役でベレー帽を脱いだ手塚治虫。
監督から指摘されるまで、ベレー帽をかぶったまま、出演しようとしていたのだとか(笑)。
後年、ベレー帽をとって人前に出たのはこの時が唯一だったようで。
                                      
ヒポクラテスたちWS000013_convert_20100823224750 

病院専門のコソ泥役で鈴木清順。
この年のキネ旬日本映画部門第1位は、この方が監督の『ツィゴイネルワイゼン』でした。

ヒポクラテスたちWS000036_convert_20100823232940

自切俳人(ジキルハイド)名義で出演の北山修。フォークルから九州大学教授に転身した凄い人です。この頃は大学教授になる前の、精神科医として開業していた頃でしょうか。
役の上では、北山修がポリクリ学生に向かって、ビートルズの医学に対する功績を説いていました。
イギリスのEMIがCTスキャンを開発し、EMI中央研究所の主任だったハウンズフィールドが、ノーベル賞をもらったと。そして、ビートルズの大ヒットがなければ、この機械はなかったかもしれない・・・どうやら、本当の話です。
しかし、北山センセイが定年退官でザ・フォーク・クルセダーズ復活かと思いきや、加藤和彦が自殺するなんて。もう復活はないんですねえ・・・(ちなみにメンバーは、坂崎幸之助ではなく、はしだのりひこしか認めない派です)。

ほかにも、教授役で原田芳雄や、写真屋のちょい役で森本レオ(大森監督の前作にして商業デビュー作『オレンジロード急行』に主演していました)なども出ています。

ヒポクラテスたちWS000005_convert_20100823224451

しかしなんといっても注目は、『仮面の忍者赤影』の青影役でおなじみ、金子吉延さんが寮生として出演しているところでしょうか。
たぶんこの作品が俳優としての最後の作品だったのではないでしょうか? 

ヒポクラテスたちWS000046_convert_20100823225427

鴨川寮のモデルは今も健在の「YMCA橘井寮」。

ヒポクラテスたちWS000015_convert_20100823224833

主人公・荻野愛作の恋人・中原順子。
大学の図書館に勤めていたが、堕胎手術をした産婦人科が闇医者で、体調を崩し失意の内に故郷・舞鶴に帰るという悲しい役どころです。
ちなみに中原順子役は真喜志きさ子。
美しい方ですが、この人もはやくに引退してしまったようです。


おまけ。
早朝から、映画フリーク高木の騒音で起こされた本田さん(斉藤洋介)の名言。
本田「今日は早起きでちょうどよかったんや」
荻野「なんですか、こんな朝早くから」
本田「デモバイト」

ヒポクラテスたちWS000021_convert_20100823225201

ヒポクラテスたちWS000023_convert_20100823225244

葵祭をいにしえの衣装で颯爽と歩く本田さんです。


そして、この映画は音楽もすこぶるいい!
「ダウンタウンブキウギバンド」の千野秀一が担当していますが、
どうしてATG作品の音楽って、こうも印象深いものが多いのでしょう?
『Keiko』(監督・クロード・ガ二オン、1979年)の深町純のシンセサイザーしかり、
『ガキ帝国』(監督・井筒和幸、1981年)の山本公成のサックスしかり。

最後に・・・、残念ながら大森一樹作品でほかに見るべきものは、
デビュー作『オレンジロード急行』(1978年)と『風の歌を聴け』(1981年)くらいなものでしょうか・・・。
(蛇足ですが、『風の歌を聴け』の配役で主人公が小林薫なのはやっぱり違和感が(笑)。比して、鼠役の巻上公一はいい!)

井筒和幸監督が『ガキ帝国』(1981年)から四半世紀経って『パッチギ!』(2005年)という名作を生み出したように、
大森一樹ももう一度、復活してほしい監督なんですけどね。



Keiko

2010年10月06日 23:47

Keiko 監督・クロード・ガニオン 1979年 ATG

keiko DVD


深町純の音楽が素晴らしすぎる!

撮影当時、監督のクロード・ガニオンはカナダ出身で日本在住8年の29歳。
それまで日本の伝統を16mmで撮り続けていた彼が、日本滞在の集大成として制作したのが、この『Keiko』でした。

Keiko000002.jpg


大学を出たばかりで、京都にひとりで暮らす若い女性の初体験から結婚までの日常を描き、女性の自由と幸せとは何かを追求した作品・・・とでもいいましょうか。
しかし、そんな主題を抜きに、この映画の魅力は、深町純の音楽と、人の生活をのぞき見るような生々しいリアルさにあります。

パターン化した演技を避けるため、出演者に即興のセリフを認め、同時録音を用い、開放的な性描写もいとわないドキュメンタリータッチの作品となっています。
上映時にはその斬新さから、かなりの絶賛を浴びたようです。
作品は1979年度のキネマ旬報ベストテン日本映画第3位となり、監督自身も外国人としては初の日本映画監督協会新人賞を受賞しています。



23歳のケイコ(若芝順子)は大学を出て小さな会社で働いている。ひとり暮らしで自由気ままな生活だが、恋人もおらず、会社と部屋とを往復する退屈な日々を送っていた。

Keiko000005.jpg

平凡な日常への焦りからか、バージンだったケイコは、久しぶりに会った高校時代の恩師を相手に初体験を済ませる。
ある日、喫茶店でひとり夕食をとっていた時、偶然居合わせた客である勝(池内琢麿)に一目惚れをする。
カメラマンである勝に夢中になるケイコだったが、彼は仕事の忙しさと同居する母の世話を理由に、ケイコを抱くといつも早々に帰ってしまう。
勝は妻子ある男だったのだ。

Keiko000018.jpg

会社の同僚・寺山(橋本敏夫)と奈良にデートに行くも、寺山にはケイコの寂しさを埋めることは出来ない。そして実家からは見合いの催促が・・・。
失恋の痛手も癒えぬまま、ケイコは一軒家の離れを借り、会社の先輩・カズヨ(きたむらあきこ)との共同生活を始めた。

Keiko000039.jpg

女ふたりの生活は、ケイコにそれまでにない精神的な充実を感じさせるものであった。
しかし、そんな彼女の元に、またしても実家からの縁談話が舞い込み、仕方なくお見合いをするのだが・・・。

Keiko000052.jpg



主役であるケイコ役の若芝順子はお世辞にも美人とは言えず、当時は京都大学在学中の学生だったとか。
演技も素人丸出しですが、どうやら全くの素人ではなく、多少なりとも演技経験はあったようです。
決して美人とは言えず、演技も上手くないこの人の主役起用が、『Keiko』の映像手法には上手くはまってしまったのです。


Keiko000056.jpg
〈監督のクロード・ガニオンと音楽担当の深町純〉

クロード・ガニオン監督はカナダに帰国後も映画監督として活躍しますが、生後まもなく下半身を切断した少年ケニーがたくましく生きる物語『ケニー』(1987)は、モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞するなど話題となりました。
ちなみに、池内琢麿はこのあと、『ヒポクラテスたち』(1980)で真喜志きさ子演じる中原順子の兄を演じています。
またカズヨ役の、きたむらあきこは現在シス・カンパニー代表で“演劇界の名プロデューサー”北村明子でもあります。この作品観を壊すことなく自然に演じきっている姿は、さすがです。極端なショートカットはケイコの相手役を意識してのことだったのでしょうか(笑)。



金閣寺

2011年06月12日 01:39

金閣寺 監督・高林陽一 1976年

WS000065_R.jpg


三島由紀夫の『金閣寺』を原作とする映画は、今まで二本制作されています。
1958年の『炎上』(監督・市川崑、主演・市川雷蔵)と、この1976年に公開された『金閣寺』(監督・高林陽一、主演・篠田三郎)です。


市川崑監督の前作は脚本を和田夏十が担当し、大映京都の制作により、見事なまでの名作に仕上がっています。
一方、この『金閣寺』は脚本も高林陽一監督が担当し、製作はたかばやしよういちプロ、映像京都、ATG。出来としては・・・良くも悪くも高林陽一テイストの作品です。

両作品に共通するスタッフには、美術担当の西岡善信氏がいます。
美術監督の西岡氏は大映所属当時、市川監督の作品全てで美術監督を務めたほどの人物。しかし、1971年に大映が倒産すると、翌年には残された社員らとともに制作集団「映像京都」を立ち上げ、社長に就任。2010年に会社が解散するまで、多くの作品に携わりました。

『炎上』制作当時は、1950年の金閣寺放火事件から年月が経っていないこともあって、当初の題名『金閣寺』は当の金閣寺からクレームが出され、NG。金閣を驟閣とするなど、原作と名称を変更せざるを得ませんでした。
西岡氏をはじめとする美術スタッフは金閣寺を再現するにあたり、存在しない研究会を騙り、金閣寺に乗り込んで、伽藍や什器の寸法を測ったり、写真を撮ったりして、ようやく大沢池に原寸大の金閣寺を復元したという苦労話もあったようです。

一方、放火事件から25年経って制作された高林監督の『金閣寺』は題名はそのままに、しかし、さすがに金閣寺でのロケは断られたようです(ただし、大谷大学の尋源館(1913年建造)は劇中に出てきます)。
そして、金閣を作る予算もなかったのか、建物を象徴する屋根上の鳳凰のアップで、金閣全容そのものを表現。まあ、張りぼてのショボイ金閣を見せられるより、思い切って省略したこの表現でよかったのですけれど・・・美の象徴といいつつ、金閣を出さない潔さには脱帽です(笑)。

WS000500_R.jpg

金閣寺でのロケを断られたにもかかわらず、金閣寺に遠慮してでしょうか・・・、老師が祇園の芸妓にうつつを抜かしたり、金に執着する様は一切出てきません。これを省いては放火という行為の動機に説得力を欠くと思うのですが。
そして、溝口の吃音さえも克明に描かれているわけではなく・・・。むしろ溝口を演じる篠田三郎がほとんど吃り(微妙に差別用語かな)の演技もしていません。


重要な場面は端折る代わりに、溝口と鶴川が南禅寺の山門から観ていることを知らず、

WS000140_R.jpg

道を隔てた天授庵の一室で陸軍士官と女が別れの儀式であるかのように、士官の差し出した抹茶茶碗に女が着物の襟元を広げて茶碗に母乳を絞り出し、それを士官が飲み干すシーンは表現していたり、

WS000153_R.jpg

寺に来た米兵と娼婦のカップルが喧嘩をし始め、倒れた女の腹を米兵に促され、溝口が踏みながら興奮する場面は描かれていたり、

WS000238_R_20110522013331.jpg

・・・この取捨選択の妙が高林陽一テイストの特徴なのです。そして溝口の母親役の市原悦子のお色気シーンが執拗にあったり・・・(苦笑)。


あまりに同じ原作を使った市川作品の『炎上』が名作過ぎて、高林作品はどうも失敗作の印象は拭いきれません。
いや、むしろ失敗作というより、それほど三島由紀夫原作の『金閣寺』を映像化することは、難しいということなのでしょう。
市川崑やその妻で脚本家の和田夏十が映画会社からの企画の依頼に最初は躊躇し断ろうとしていた理由が、高林作品を観ることによって、なんだかわかるような気がしました。


WS000481_R.jpg
〈主役・溝口を演じるのは篠田三郎。『ウルトラマンタロウ』は映画『金閣寺』以前の作品だったのですね。それにしても、“篠田三郎”が芸名って〉


WS000285_R.jpg
〈内翻足の障害を持つ大学生・柏木には、横光勝彦(現・横光克彦)。一昔前は『特捜最前線』の紅林刑事、今や衆議院議員のセンセイです。自らの障害を逆手に取り、女性の関心を引く女たらしという癖のある柏木をなかなかに上手く演じています。とはいえ、『炎上』で柏木に相当する役(『炎上』では戸苅)を恐ろしいまでに怪演している仲代達矢と比べるのは酷というもの〉


WS000096_R.jpg
〈人の好い溝口の徒弟仲間・鶴川を演じるのは、柴俊夫。原作では鶴川は自殺し、しかも自らの悩みを溝口には打ち明けないで、柏木にだけ打ちあけていたということが、溝口に衝撃を与えるのですが、映画では単なる事故死として扱われ、劇中での鶴川の存在意味も半減していました〉


WS000112_R.jpg
〈溝口のトラウマ的存在・有為子には、島村佳江。郷里時代、有為子に恋をした溝口は彼女に告白しますが、吃って言葉が出ません。そして彼女に「吃りのくせに」と蔑まれたことが、コンプレックスを決定づける出来事となります。彼女の死を願う溝口の思いが通じてか、劇中では逃走兵となった恋人をかくまいながらも、憲兵の尋問に恋人を裏切り、その裏切った報いとして恋人に射殺されます。しかし溝口の前には死んだ後も幻影となってたびたび現れるという設定。ただし、この有為子の存在も映画の中では中途半端な扱いなのは否めません〉



無常 その1

2011年10月03日 01:27

無常 監督・実相寺昭雄 1970年 ATG


1960年代半ばよりTBS映画部の社員として円谷プロの「ウルトラシリーズ」に携わり、そのエキセントリックな演出手法で一目置かれていた実相寺昭雄。
「ウルトラシリーズ」の後、特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』(1968年~1969年、円谷プロ制作)の「呪いの壺」(第23話)や「京都買います」(第25話)などを監督。日本の因習にスポットを当てたり、奇抜なカメラアングルを多用したり、叙情的な登場人物の描写に徹したり・・・と、日曜夜7時というお茶の間のゴールデンタイムに似つかわしくない実験的な演出手法はまたしても健在で、同年、大島渚脚本による中編映画『宵闇せまれば』を自主制作し、映画監督としてデビューします。

そして1970年には、10年ほどつとめたTBSを退社し、映像制作会社「コダイ・グループ」を設立。ATGと提携し、長編映画第一弾となる『無常』を制作したのでした。

WS000103.jpg
〈『無常』で主役・日野正夫を演じたのは、田村亮〉

実相寺監督はその後もATGで立てつづけに、『曼陀羅』(1971年)、『哥(うた)』(1972年)、『あさき夢みし』(1974年)と計4本の映画を撮るのですが、石堂淑朗が脚本を担当した『無常』、『曼陀羅』、『哥』は、実相寺監督のATG三部作と称され、なかでも長編デビューとなった『無常』は、(観念的なテーマやタブーの連続に)作品の好き嫌いは観る人によって大きく別れるところでしょうが・・・日本映画史における最高傑作の一つに数えて、問題ないでしょう(個人的には『曼陀羅』が好きですが)。

WS000232.jpg

ちなみに『無常』は、1970年のロカルノ国際映画祭グランプリを獲得し、1970年度キネマ旬報日本映画ベストテン第4位でした。


内容は、姉と弟の近親相姦、師匠の妻と弟子との交情、義母と息子の痴情・・・と、人間不信に陥るくらいにドロドロです(苦笑)。

WS000124.jpg
〈姉の百合を演じた、司美智子〉

しかし、そのあらすじを納得させるだけの脚本、配役、役者の演技、一コマ一コマを精緻に計算し尽くしたかのようなカメラワーク・・・、何をとっても非の打ち所がありません。
クライマックスとなる、愛欲に溺れる主人公と、その姿が許せない僧侶との「極楽地獄問答」のシーンは観念的すぎるやりとりに、ややもすると観客がついていけず、白々しくなる恐れもあったのでしょうが・・・主人公・日野正夫を演じる田村亮の迫力あるセリフまわしと、やり込められ次第に恐怖に顔が引きつっていく僧侶・荻野(岡村春彦)の表情が、実に圧巻。さらに奇抜なカメラアングルを多用し、観るものを画面に引き込ませる力は“実相寺マジック”以外の何ものでもありません。

WS000530.jpg
〈田村正和の弟としての印象が強い田村亮ですが、実相寺作品では(『哥』における冴えない青年役も含め)素晴らしい存在感です〉

さらに、低予算のATGのこと。恐らく制作費を切り詰めるためのモノクロ撮影だったのでしょうが、これも陰鬱な世界観には見事にあっていました。

WS000115.jpg

上映時間143分という長さもさることながら、一筋縄ではいかない“観念的”で難しい作品ですので、今回も毎度のことながらあらすじを紹介してお茶を濁すことにします(苦笑)。
それにしても、これほどの作品が、今では手頃に見ることができないのは残念ですね・・・。

ちなみに、『無常』での主人公の役名“日野”や、『曼陀羅』に出演している岸田森の役名が“真木”なのは、『怪奇大作戦』(岸田森が演じるのはSRIのメンバー“牧”でしたが)を否が応でも想起させます。
さらに仏像、ユートピアの建設など『怪奇大作戦』で扱ったモチーフから大幅に発展させ、政治、宗教、日本の家制度・・・をテーマにした壮大な意欲作が1970年代初頭に早くもつくられていたことにも驚きです(むしろ、この時代だったからこそ、つくることができたとも言えるのですが)。





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。