愛妻物語 その1

2010年12月01日 00:36

愛妻物語 監督・新藤兼人 1951年 大映

愛妻物語0004


この映画は観る者を複雑な気持ちにさせますね。
まず、この物語が新藤兼人監督の半自伝的作品だということ。そして、このあと新藤監督はさらに二度の結婚をし、最後の結婚は長年愛人として監督を支え、この作品で主役をつとめた乙羽信子だという事実が・・・。

愛妻物語000009
〈宝塚歌劇団を退団し、一年後。当時まだ当たり役のなかった乙羽信子が、『愛妻物語』の脚本を読み、ぜひ妻の役をやりたいと懇願してきたのです〉


吉村公三郎が監督した『安城家の舞踏会』(1947年)、『わが生涯のかゞやける日』(1948年)等のヒットにより、脚本家として名を得ていた新藤兼人でしたが、1950年に松竹を退社し、独立プロダクションである近代映画協会を吉村、殿山泰司らと設立します。その翌年、39歳にして初監督作品であるこの『愛妻物語』を発表しました。

さかのぼること、新藤監督が最初に結婚したのは、27歳の1939年。相手は4歳年下の映画記録係だった孝子さんでした。貧乏のどん底で、脚本家の夢を諦めかけていた監督を励ましたのが『愛妻物語』のモデルとなった彼女なのです。しかし、結婚から4年後、孝子さんは売れっ子脚本家となる新藤兼人を見ることなく、結核で亡くなります。

その後の1946年、新藤監督は34歳の時に見合いをし、美代さんと2度目の結婚をしますが、1952年からは乙羽信子との愛人関係も始まってしまいます。そして子どもが成長したこともあって新藤監督60歳の時に美代さんと離婚。さらに美代さんが亡くなった後の1978年、乙羽信子と籍を入れたのでした。

孝子さんが亡くなった後の新藤監督の人生が、どうしても『愛妻物語』を観る時、頭の片隅にひっかかってしまうのです(笑)。

まあ、そんな監督の人生を抜きにすれば、『愛妻物語』はいい映画に違いないのですが・・・。


愛妻物語000067
〈鴨川の三角州。後ろに見えるのは賀茂大橋〉




スポンサーサイト

愛妻物語 その2

2010年12月01日 00:53

シナリオ・ライターの沼崎敬太(宇野重吉)は、下宿先の娘・孝子(乙羽信子)と恋に落ちます。
しかし、彼女の父(香川良介)はお堅い建築家で、浮き草のような脚本家稼業の沼崎との結婚には断じて反対でした。唯一、彼女の母(英百合子)だけがふたりに理解を示してくれます。
時代は、戦争が影を落とし、映画会社も企業整理されることとなり、一介の研究生である沼崎は人員整理の対象になりそうです。
ふたりは職を求め、京都にやってきました。駆け落ち同然の京都行きでした。

愛妻物語000024
〈沼崎が増田企画部長(清水将夫)を頼り、訪ねた撮影所のモデルは下鴨宮崎町にあった松竹京都撮影所ですね。所長は菅井一郎が演じています〉

そこで入社試験を兼ねて、当時日本を代表する映画監督・坂口(滝沢修)の脚本を書くよう求められます。

愛妻物語000026
〈映画監督・坂口のモデルは、新藤兼人の師でもある溝口健二〉

愛妻物語000045
〈引っ越してきたのは夏。祇園囃子が鳴り響く中、将棋をしようと言い出す孝子。星影のもと、物干し場で将棋を指すふたり・・・。いい絵です〉

しかし、シナリオを読んだ坂口からは「これはストーリーですね、シナリオになってない。筋書きの程度だね」と酷評され、愕然とします。

自信を失くした沼崎でしたが、妻の孝子は気丈でした。孝子はひとり会社に赴き、無給でもいいからと夫の一年間の猶予を懇願し、会社も孝子の熱意に折れ、僅かながらも手当の出る職を沼崎は得ることが出来ました。

それから一年間、孝子は内職をして夫を支え、沼崎は古今東西の劇作を読みあさり、再起を図ります。

愛妻物語000082
〈沼崎の新しい日課は・・・、朝、机に向かい世界中の戯曲を読む。昼、食事が済むと近くの鴨川へ行く。鴨川で子どもたちと混じって浅瀬を上ってくる“ハヤ”を捕って遊ぶ。夜、夕食が終わると、また机に向かう・・・って、やけに優雅な生活ですね(笑)〉

愛妻物語000103
〈沼崎が住んだ京都の長屋の隣に住んでいたのは、安さん(殿山泰司)と奥さん(大美輝子)。友禅の下絵描きを生業としています。引っ越しの挨拶に来た沼崎に、安さんは職人らしくぶっきらぼうに接しますが、若い沼崎夫妻の苦労する姿を見て、次第にふたりを励ます存在となるのです〉

ようやく、坂口に認められる脚本が出来た時、孝子は吐血し、結核を発症してしまうのです。
貧しい上に戦時中ということもあって、満足に栄養をとることも出来ず、沼崎の成功を見ることなく、ついに孝子は息を引き取ってしまうのでした。

愛妻物語000119
〈「あなた、一生シナリオを書いてね。あなたの一生はシナリオなの。シナリオを書くことなの」それが、孝子さんの遺言でした〉



祇園の姉妹 その3

2011年02月21日 00:59

祇園の姉妹 監督・溝口健二 1936年 第一映画社

祇園の姉妹_0001


こちらがオリジナルの『祇園の姉妹』です。紹介としては前後しましたね。
原作・溝口健二。脚色・依田義賢。

『祇園の姉妹』を制作した第一映画社とは、日活を退社した永田雅一(のちに大映を設立)によって設立された映画会社です。
その活動期間は短かったものの(1934年の設立から2年後に解散)、溝口健二監督の代表作となる『浪花悲歌(なにわエレジー)』『祇園の姉妹』は第一映画社の作品で、この二作品は現在も日本映画の傑作として語り継がれています。


WS000052.jpg
〈主演の芸妓・おもちゃ役の山田五十鈴。当時19歳ですが、すでに一児(のちに女優となる瑳峨三智子)の母親でした。実生活での母娘は、ほぼ没交渉だったらしいですが・・・。〉


さて、その傑作の所以ですが・・・。

当然のことながら、今でこそリアリズムやドキュメンタリータッチの作品は珍しくもありませんが、1936年当時、実際の花街にカメラを持ち込み、芸者のありのままの生態を事実に即したかたちで撮影したことは、画期的な出来事でした。シナリオも撮影時の読み合わせで不自然な部分を書き直すほどの徹底さだったとか。
もちろん、祇園の生の生活や人間を描いたため、祇園に生きる人びとからはかなりの不評を買ったようです。


WS000026.jpg
〈八坂神社の境内を歩く姉の梅吉(梅村蓉子)と妹のおもちゃ(山田五十鈴)〉


溝口健二の弟子でもある映画監督・新藤兼人は、従来の日本映画が持っていたメロドラマ性から脱却した、“溝口リアリズム”とも言うべき新たな作品が出現した理由として次のように述べています(要約です)。

それまでの映画は女性の涙を誘うものばかり。それなりに立派な作品もあるが、それらとは根本的に違った、人間の本質に迫る演出が行われた。
第一映画はこの二作(『浪花悲歌』『祇園の姉妹』)をもって潰れるが、潰れる最後の作品として思い切った作り方ができた。依田義賢という新人のシナリオを使えたのもその一つ。
溝口演出の秘密とは、新しい技術やカメラワークではなく、人と人とが向かい合い丁々発止で気持ちをぶつけ合うこと。それが人間描写であり、人間像が浮かび上がってくるというやり方。この二作をつくった自信が溝口健二の基礎をつくった。


WS000119.jpg 〈八坂下〉


この『祇園の姉妹』、封切り時は92分の作品だったものが、現在は69分しか見ることはできません。
そして、本作のオマージュとして1956年に制作された野村浩将監督の『祇園の姉妹』(大映)と、ほぼ同じあらすじですが、
オリジナルでの姉妹は三姉妹ではなく(中村玉緒演じる美津丸はいません)、さらに妹芸者(横溝作品では「おもちゃ」、野村作品では「美津ひろ」)に着物を貢ぐ木村が、溝口作品では裏切られた後、冷徹な悪人となって妹芸者に仕返しをします。



ただ、主人公・おもちゃの言動にはまったく共感出来ないばかりか、不快です・・・。

WS000021.jpg
〈下着姿の山本五十鈴ですが、この頃からすれば、これも体当たりの演技なのでしょう〉

「あてらみたいに女学校を出て芸妓になったようなもんにはようわかるわ。ここらに遊びに来はる男はんちゅうたら、みんなお金であてらを慰みものにすることだけを目的に来はんにゃないか。そうと違う男はんが一人でもいはるか」
「何で芸妓みたいな商売、この世の中にあんにゃ。なんでなけりゃならんにゃ。こんなもん間違うても・・・こんなもんなかったらええんや」

これらは、おもちゃが姉の梅吉に言うセリフですが、嫌だったら、文句ばっかり言っていないで、芸者なんて辞めちまえ・・・と言ってしまえばそれまででしょうが(笑)。
文句ばかりたらたらと言って、その結果が、男に恨まれて円タク(昔のタクシーの呼び方です)から突き落とされての大怪我。自業自得っ。


WS000041.jpg
〈呉服屋の番頭・木村保役は深見泰三〉

この『祇園の姉妹』に登場する男や女ばかりだったら、とっくの昔に祇園町なんていうものは潰れてしまっています・・・。


その点、1956年版の野村作品では、最後に“救い”を書き加えました。ラストの違いから、野村作品を駄作と捉える人もいるようですが、1956年版の方が、より“人間”が描けていると思うのです。

WS000087_20110113234642.jpg
〈呉服屋の主人・工藤三五郎役は進藤英太郎。工藤の妻役は、いわま櫻子。進藤英太郎は1956年の『祇園の姉妹』にも同じ役で出演しています。〉




偽れる盛装 その1

2011年11月26日 22:43

偽れる盛装 監督・吉村公三郎 1951年

WS000684_20111108233714.jpg


花街や遊郭を題材とした映画の中では、この『偽れる盛装』と『廓育ち』(監督・佐藤純彌、1964年、東映)は出色です。
『廓育ち』は遊郭時代の島原の面影が画面の随所に残っていて、主演の三田佳子の存在感とともに、遊郭に生きる女の悲哀をリアルに、生々しく描いていました。

そして、鴨川の東にある宮川町を舞台とした『偽れる盛装』は、監督・吉村公三郎と名コンビと謳われた新藤兼人の秀逸な脚本・・・これに尽きます。

WS000026_20111108233714.jpg
〈オープニングでは団栗橋(木屋町と宮川町を結ぶ橋)の南側から東山や南座の見える四条大橋を映し出しています〉

吉村にとって『偽れる盛装』はこの後に続く『西陣の姉妹』(1952年、大映、脚本・新藤兼人)、『夜の河』(1956年、大映、原作・澤野久雄)とともに京都に生きる女性をテーマとした三部作の第一弾でもありました。

WS000254.jpg

そもそも、監督・吉村公三郎と脚本家・新藤兼人は1947年に『安城家の舞踏会』(主演・原節子、松竹)で初コンビを組み、いきなりキネマ旬報ベストテン第一位に輝き、両人とも映画界での地位を不動のものとしました。
そして、その後もヒット作を生み出しますが、コンビ解消を迫る映画会社の窮屈さから、1950年に二人は松竹を飛び出し、独立プロダクション「近代映画協会」を俳優の殿山泰司らと設立。
翌年の1951年には新藤が『愛妻物語』(主演・乙羽信子)を撮り、監督デビューも果たしました。


『偽れる盛装』は前述の吉村と新藤が松竹を離れるきっかけともなった作品です。当初、この映画は『肉体の盛装』という脚本で制作が計画されたものの、松竹はその脚本を認めず、さらに吉村と新藤のコンビ解消を迫ります。そして松竹を飛び出した二人は東宝に企画を持ち込みますが東宝内部のゴタゴタから撮影直前になって企画は流れ、次に持ち込まれたのが大映だったのです。しかしそこでも、直木賞作家で大映の専務だった川口松太郎に「芸者もの」はもう当たらないと反対され、川口が海外出張に行っている隙に企画を通したという、いわく付きの一作なのでした。

WS000729.jpg

この映画は、新藤が師匠でもある溝口健二へのオマージュとして仕上げた作品といわれるだけあって、登場人物の性格は溝口の代表作『祗園の姉妹』(1936年、第一映画社)を彷彿とさせます。
『祗園の姉妹』では、それまで映画の脇役でしかなかった女性をメインに据え、人間関係にドライな妹・おもちゃ(山田五十鈴)と人情に厚い姉・梅吉(梅村蓉子)との対比が物語を覆い、前作『浪花悲歌』(1936年、第一映画社)とともに、関西弁を駆使した日本初のリアリズム映画と称されました。

そして、『偽れる盛装』では、遊ぶ男たちを手玉にとって、花街でしたたかに生きる“現代的”な芸妓・君蝶(京マチ子)と、芸妓を引退し置屋を営む“義理堅い”母・きく(滝花久子)との対比に加え・・・、
君蝶の妹で京都市役所に勤める妙子(藤田泰子)と、同じく市役所に勤めながらも実家は祗園甲部のお茶屋の息子・孝次(小林桂樹)との、ロミオとジュリエットを思わせる身分違いの恋の行方にも焦点をあてました。隣り合う町でありながら、娼妓や芸妓の混ざる遊郭の色彩が濃い宮川町と、格式の高い花街・祗園甲部との違いをシナリオに活かした点も、名作『祗園の姉妹』より、さらに物語に深みを与えているのです。

WS000182.jpg
〈四条花見小路〉



偽れる盛装 その2

2011年11月26日 22:43

あらすじ。

宮川町の置屋「島乃屋」を営む、きく(滝花久子)には亡くなった旦那・渡邊との間に二人の娘がいた。
長女の君蝶(京マチ子)は母親の後を継いで芸妓になって、金のある男をとっかえひっかえしている花街界隈でも噂の凄腕芸妓。

WS000048.jpg

次女の妙子(藤田泰子)は京都市役所の観光課に勤める地味でおとなしい娘。

WS000115_20111108234042.jpg

母のきくは渡邊の本妻の子(河津清三郎)が金に窮して頼ってくると、置屋を抵当に入れてまで金を貸そうとするほど義理人情に厚いが、君蝶からすれば母親の態度が気に入らない。

妙子には同じ観光課に勤める恋人・孝次(小林桂樹)がいた。彼は祇園で有名なお茶屋「菊亭」の一人息子。

WS000167.jpg

孝次の母親・千代(村田知栄子)は昔、きくと渡邊を取り合って、千代が敗れたという過去があった。
そんな確執から、孝次が妙子と結婚をしたいと申し出ても格式の違いを理由に頑なに反対し、結婚を許そうとしない。
孝次は養子という立場でもあって、母親に反対されてまで強引に駆け落ちをする甲斐性もなかった。

一方、千代の態度に自分たちの立場をバカにされたと憤る君蝶は、千代の旦那で小料理屋を営む伊勢浜(進藤英太郎)を横取りすることを画策する。

WS000323_20111108234039.jpg

若い色気でまんまと千代から伊勢浜を奪い取り、母親の背負った借金も肩代わりさせた君蝶だったが、捨てたはずの旦那・山下(菅井一郎)が会社の金を君蝶に使い込んでいたことがばれて解雇となり、彼女の元に金の無心に泣きついてきた。
しかし、君蝶が山下をつれなく「女房子どもがあるのに芸者買いなんかしはるさかいや」とあしらうと、山下は逆上。
花街がもっとも賑わう温習会(京おどり)の日。着飾った君蝶の元に山下は現れ、刃物を片手に彼女を追いかける。

WS000710.jpg

逃げ惑う君蝶は歌舞練場を飛び出し、町を走り逃げるも、道の先には松原橋の京阪の踏切。あえなく山下に追いつかれ背中を刺された。

WS000761.jpg

一命を取り止め入院していた君蝶の元に、妙子と孝次が揃って顔を出す。
孝次が家との別れを決意し、二人そろって東京で新しい暮らしをはじめるという。
君蝶にも「今までの生活、もうこの辺でキッパリ精算や」と芸者稼業から足を洗う気持ちが芽生えていた。
病室の窓から母親と二人で彼らの旅立ちを見送る君蝶。妙子らは踏切をわたり、新しい世界へと旅立っていった。

WS000817.jpg





Twitterボタン