--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廓育ち

2011年02月14日 00:35

廓育ち 著者・川野彰子 1964年

20110205190548e0c[1]


文藝春秋新社より1964(昭和39)年3月に刊行された『廓育ち』には、表題作の「廓育ち」をはじめ、「狂い咲き」「色模様」「凋落」の全4編が収められています。どれも島原の遊郭を舞台にした短編小説です。


201102051927536e8[1]


著者の川野彰子は1927(昭和2)年、鹿児島の奄美大島生まれ。
1952(昭和27)年に立命館大学文学部を卒業し、医師である川野純夫(彼の二番目の妻は、作家の田辺聖子です)と結婚。
1962(昭和37)年1月、雑誌『VIKING』(136号)に発表した処女作「色模様」がいきなり、第47回直木賞候補にノミネートされ注目を浴びます。

(『VIKING』は1947(昭和22)年に富士正晴や島尾敏雄らが立ち上げた同人誌。その後も、庄野潤三や高橋和巳ら、多くの小説家を輩出しました。)

翌年には「廓育ち」(初出は『新潮』1963年7月号)がつづけて第50回直木賞の候補に上がるも、落選(1964年には三田佳子主演『廓育ち』(佐藤純彌監督)として映画化されています)。

その後も、島原の遊郭を題材に小説を書きますが、1964(昭和39)年に四人の子どもを残して急逝します。まだ三十代半ばの若さでした。


20110205192752bd0[1]


川野彰子の夫と田辺聖子が再婚に至った経緯は・・・、
もともと川野彰子が直木賞候補として名前が挙がった時、田辺聖子は芥川賞の候補者で、その時に初めて対面し、住まいも遠くないという縁から川野が亡くなるまでの半年間、両者の交流が続いたそうです。その後、田辺聖子が書いた川野への追悼文を、夫の川野純夫が読んだことから昵懇になり、再婚に至ったのだとか。
2006(平成18)年のNHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』(主演・藤山直美)は、その二人の再婚後を題材に描いたドラマだったようです。


20110205192751699[1]


さて、小説集『廓育ち』に収められた作品ですが・・・どの点が評価され直木賞候補に挙がったのか、さっぱりわかりません。すべての登場人物があまりに魅力に乏しいのです。

物語と言うよりも、履歴書や釣書を読んでいるようで、廓で生きる女の、人生の断片の羅列としか感じられず、興が沸かないのです。
まあ、文章の好き嫌いは読み手個人の問題で、読む人が読めばおもしろいと感じるのかもしれませんが、自分には文章の“息づかい”も含めて退屈でした・・・。


20110205192752b77[1] 20110205192753d85[1]


ただ、あまり遊郭として語られることのない、赤線廃止前の島原の情景を垣間見ることのできる小説としては・・・それなりに・・・かもしれません。



スポンサーサイト

島原(嶋原) その1

2011年02月14日 00:38

島原(嶋原)


201102051905240db[1]
嶋原傾城町は朱雀野にあり、此所上古は鴻臚館の地なり、中頃は歓喜寿院の封境にして、西口の畠の字を堂の口といふ。又傾城郭は万里小路〔今の柳馬場なり〕二条の南方三町なり。其先は東山殿〔義政公〕遊宴の地なり。天正十七年原三郎左衛門林又一郎といふ浪人上訴によつて、傾城町を免許せられ、一の郭をひらきしなり。地名を新屋敷と号し、又柳の双樹あれば柳町とも称す。〔今の出口の柳は此遺風なり〕其より十三年を経て慶長七年に六条へうつされ、今の室町新町西洞院五条橋通の南にて方貳町の郭なり、中に小路三通ありしにより三筋町と号す。〔六条通(今の魚棚なり)西洞院川にかくる石橋は、傾城町の入口にして此時かけ初しなり、今にあり。又室町五条の南西側醞匠の居宅異風なり、此時の忘八にして今に存せり〕
又寛永十八年に今の朱雀野へ移さる。島原と号ることは、其頃肥前の島原に天草四郎といふもの一揆を起し動乱に及ぶ時、此里もこゝにうつされ騒しかりければ、世の人島原と異名つけしより遂に此所の名とせり。

〈安永9(1780)年刊行の『都名所図会』より 嶋原〉


20110205193442e41[1]

島原は下京区にある花街で、「嶋原」とも書きます。現在、営業している茶屋は輪違屋のみ。かろうじてイベント化した太夫道中が花街・島原としての体裁を保っているという厳しい状況にあります。

201102051934420eb[1]

もともとは、1589(天正17)年に現在の二条柳馬場に、豊臣秀吉の肝いりで「柳町」として公許の遊郭が設けられたのが始まりです。
この遊廓は1602(慶長7)年に二条城の造営に伴い六条付近に移され「三筋町」と呼ばれ、吉野太夫などの名妓を輩出しました。
ところが、さらに1641(寛永18)年にはかつて東鴻臚館のあった現在の地に移転が命じられ、今に至るのです。

20110205193442bc5[1]

地名「島原」の由来は、移転の数年前に九州で起こった「島原の乱」(寛永14年~15年、天草四郎を首謀者として起こった一揆)にちなみます。正式な地名は「新西屋敷」という現在地への移転騒動が、遠く九州で起こった島原の乱と同じように騒々しかったことから名付けられたのです。


京都の花街の中でも、もっとも格式が高く、元禄時代にはたいそう栄えた島原ですが、都の中心部から離れた不便さと、格式の高さが災いし、次第に祇園や上七軒に人が流れていきます。

20110205193441063[1]

明治以降は花街といえど、赤線の色彩が色濃くみられ、この町が、本当の打撃を受けたのは、やはり昭和33(1958)年4月の売春防止法の施行でした。
揚屋(現在の料亭)と置屋は売春防止法の対象とはならなかったものの、当時の島原の八割は赤線業者で占められていたといいます。

四月一日、百軒あまりの店が一せいに灯を消し、五百人近い接客婦が街の中へあふれていった。売防法の嵐は、暫く鳴りもやまず廓の中をふきまくった。現実は予想以上にきびしく、違反者は容赦なく検挙された。半年もたたないうちに赤線地帯は昔の面影をすっかり失って、アパートや、学生下宿や、友禅工場に模様がえしていった。客足がしだいに遠のき、赤線と並立していた揚屋も巻き添えをくって、開店休業のような有様だった。(中略)祇園や先斗町は観光ブームにのって、新しい繁栄を約束されたが、どこでもおなじと言うわけにはゆかなかった。色町が、色町らしいふんいきを失ってしまうと、ときたま訪れる馴染客も派手なあそびをしなくなった。
(川野彰子著「凋落」より)


20110205193442d2f[1]

昭和後期になると、お茶屋、太夫、芸妓の数が激減し、お茶屋組合も解散。
現在は観光名所と化した「大門」「輪違屋」「角屋」が当時の面影をとどめているにすぎません。



島原(嶋原) その2

2011年02月14日 00:41

2011020519071250d[1] 〈島原大門〉

いわずとしれた、わが国最古の公許遊廊・島原の正門です。花屋町通にそびえ、一間幅、本瓦葺、切妻の高麗門。

20110205190712854[1] 201102051907139bf[1]

門前には通称「出口の柳」「さらば垣」、道筋には「思案橋」と名づけられた橋もあったようです。



20110205190713490[1] 〈輪違屋(わちがいや)〉

「輪違屋」は島原で唯一、現在も営業している置屋兼お茶屋。創業は元禄元(1688)年。

20110205190713803[1] 2011020519071347b[1]

創業当時は「養花楼」という名の置屋からはじまり、お茶屋兼業となったのが明治5(1872)年。現在の建物は安政4(1857)年に再建されたものです。



20110205190847f91[1] 〈左が島原歌舞練場跡〉

「島原歌舞練場」は明治6(1873)年、上之町に島原女紅場(にょこうば)として開設されました。当時は芸妓や娼妓に刺繍・裁縫などを教え、花街を離れても生活していける術を教えてもいたのです。昭和2(1927)年に中之町に移転し、本格的な劇場施設として新築されます。
昭和22(1947)年以後は島原貸席お茶屋業組合の事務所としても使用され、平成8(1996)年の組合解散に伴い、歌舞練場も解体されました。



20110205190848192[1] 〈左が角屋〉

揚屋としての営業は行っていないものの、「角屋」は今も日本に唯一残る揚屋造の遺構です。二条柳馬場時代の天正17年創業で、この花街の移転とともに「角屋」も移り、現在の地に落ち着きました。今は「角屋もてなしの文化美術館」として運営されています。

20110205190810270[1] 20110205190810ad1[1]

江戸時代中期には与謝蕪村が招かれ、蕪村の「紅白梅図屏風」は重要文化財として美術館に展示されており、その他、円山応挙、石田幽汀などの襖絵も残っています。
幕末には西郷隆盛、久坂玄瑞などの勤王の志士が密議を交わし、壬生に近かったことから新選組もここでの遊興を楽しんでいたとか。初代局長の芹沢鴨が殺害される直前、角屋で酒宴を開いていたことは有名です。



島原(嶋原) その3

2011年02月14日 00:44

20110205190810f45[1]
 〈島原住吉神社〉

「島原住吉神社」は、もともと中堂寺町の住吉屋太兵衛の自宅に祀っていた住吉大明神が、霊験あらたかにして良縁の御利益があると評判になり、享保17(1732)年に祭神を島原の西北に遷座し建立されたものです。
創建当時は、南は道筋(島原中央の東西道)から、北は島原の北端にまで及び、広大な境内だったものの、明治に入り神社株を持っていなかったことからいったん廃社となり、祭神は歌舞練場内に移されました。
しかし地元民の熱心な要請もあり、明治36(1903)年、船井郡本梅村から無格稲荷社の社株を譲り受け再興。ただし現在の狭い境内地となった上、正式社名も住吉神社は認められず、稲荷神社とされます。
その後、平成11(1999)年に社殿・拝殿を改修し、境内の整備がなされ、平成13(2001)年には、念願だった社名を島原住吉神社と改めました。

20110205190848b05[1]
「光乃屋」のお母はんの小菊が住吉さんの境内で首をつって死んだ。住吉さんには何時行ってもろうそくの灯が廓をんなの命のように小さく燃えていた。宵の口になると洗い髪をきりっと巻きあげて小菊もかかさずお燈明を上げて帰った。二三日姿が見えないのでおかしいなと神官の老婆が首をかしげていた矢先の事であった。小菊は昔クレゾールをのんで自殺しかけた事があった。首をつる事と消毒液をのむ事が廓では伝統的な自殺のやり方になっていた。十年前の失敗にこりて小菊は夜半に松の枝に縄をかけてぶら下がった。
(川野彰子著「色模様」より)



2011020519080939c[1] 〈島原西門跡〉

島原の入口は当初、東にある大門だけでしたが、享保17(1732)年には街の西側中央部に西門が設けられ、天保13(1842)年にはこの住吉神社のたもとに、(冠木門に切妻屋根、さらに控柱に小屋根を設ける高麗門型の)大門が建てられました。近年まで島原の旧観を伝えていましたが、昭和52(1977)年と平成10(1998)年、2度の交通事故により西門は倒壊し、それ以降は再建されていません。



2011020519084879a[1] 〈大銀杏〉

樹齢300年ともいわれる、島原住吉神社の旧境内地北端に植わっていたこの大銀杏は、明治維新後の廃仏毀釈によって住吉神社が廃社になるも、神木として遺されました。その後、明治36(1903)年に神社は再興されますが、境内は縮小され、この大銀杏まで拡大されるには至りませんでした。

2011020519080918c[1]

昭和5(1930)年からは大銀杏の根元に弁財天が祀られ、樹高20メートルと島原一の巨木として威容を誇っています。

201102051908099e6[1]
藁を束ねて作った人形の胸に、毎晩一本ずつ、都合二十一本の釘をうちこんでくると、満願の日に呪いをかけて相手が息の根をとめてしまうと言いつえられていた。人形は、廃線になっている線路の向こうにある弁財天の、銀杏の木に打ちつけてきた。けれども夜中に一日もかかさず、願掛けに通うことは、並大抵の仕事ではなかった。
(川野彰子著「狂い咲き」より)



廓育ち その1

2011年03月22日 02:07

廓育ち 監督・佐藤純彌 1964年

WS000008_R.jpg


監督は巨匠・佐藤純彌。
(まっ、巨匠といえども、日本映画史上最大の迷作『幻の湖』(橋本忍監督、1982年)と並び称される“トンデモ映画”『北京原人 Who are you?』(1997年)のような突飛もない作品も生み出していますが・・・そこはご愛敬ということで)

原作は川野彰子の「廓育ち」(『新潮』1963年7月号)と「狂い咲き」(『小説現代』1964年1月号)で、両作を脚本家の棚田吾郎が大幅に改編して脚色しています。

WS000174_R_20110220110901.jpg 〈島原大門〉

舞台は売春防止法が制定される直前の京都の廓・島原(売春防止法は1957年4月1日から施行されました)。
とにかく、リアル・・・、そして素晴らしい映画です。

WS000028_R_20110220110747.jpg 〈島原西門付近〉


この映画の特筆すべき点は三つ。


まず、地味で人間味のない退屈な原作を、廓に囚われつづけた芸者上がりの若い女将の悲哀あふれる劇的な作品に仕上げた脚本家・棚田吾郎の力量。

そして、赤線防止法施行から6、7年経った島原には、まだ往時の面影が色濃く残っていて、しかもこの内容の映画撮影を、町が許可したという点。

WS000068_R.jpg 〈島原歌舞練場〉

最後は・・・主演・三田佳子の圧倒的な演技力。ツンとしたぶっきらぼうな美しさの影にある憂いが、何とも色っぽいのです。この時はまだ20代前半ですよ!(まさか後年、あれほど凡庸な“大物女優”となるとは、この映画からは想像出来ないですね)

WS000678_R.jpg






Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。