詩人 天野忠 その2

2010年09月01日 00:21

天野忠は1909年、中京区新町御池に生まれました。実家は金箔箔置、ぼかし友禅の職人で、
京都一商卒業後は大丸京都店に勤め、戦争末期には徴用逃れのため神戸の軍需会社へ転職しています。
戦後は出版社勤務、古書店経営を経て、1972年までの20年間は奈良女子大学の図書館に勤務しました。
1932年に処女詩集『石と豹の傍らにて』を、1937年に『肉身譜』を出版しますが、その後、同人誌に作品を発表することはあっても、
1950年『小牧歌』を出すまでの戦争を挟んだ自身の30代は、創作において沈黙の時代だったようです。

天野忠顔写真(天野忠詩集裏表紙) 〈思潮社版 天野忠詩集の裏表紙より〉

その後、1974年『天野忠詩集』で第二回無限賞を、1981年『私有地』で第三十三回読売文学賞を、さらに『続天野忠詩集』で第四十回毎日出版文化賞を受賞しています。
(無限賞がどのような賞かわからず調べてみましたら、第五回には『詩集1946~76』で田村隆一が、第七回には『春、少女に』で大岡信が受賞していました。しかし、それ以外に情報がありません・・・。『無限』という雑誌がかつてあったみたいですが・・・。)
今や、埋もれかかった詩人と言うには、何とも申し訳ないほど大きな賞を受賞していたんですね。

1971年に刊行された『天野忠詩集』(永井出版企画)は、朝日新聞の文芸時評を担当していた丸谷才一をして、今までこの詩人を知らなかったことが恥ずかしいとまで言わせ、 
550ページ、定価5千円の大著にもかかわらず、初版が1ヶ月で完売したなどの逸話もあります。
また、『クラスト氏のいんきな唄』を読んで驚嘆した三島由紀夫がレコードに吹き込むことを考え、そのためレコード会社の人が版元の文童社に数冊求めにやってきたが、三島由紀夫の自殺によって実現しなかった、とか。

天野忠詩集(永井出版企画)表紙 〈天野忠詩集(永井出版企画)〉


通り一遍の経歴を付してみましたが、天野忠の歴史を知るには詳しい著作が出ています。
『北園町九十三番地 天野忠さんのこと』(著者・山田稔、2000年、編集工房ノア)と、『天野忠さんの歩み』(著者・河野仁昭、2010年、編集工房ノア)です。

どちらも、同人雑誌の頃から、晩年のこと、さらには小出版社「圭文社」で天野忠と富士正晴が一時同僚だった話まで詳しく記されていますが、
特に『コーマルタン界隈』の著者でフランス文学者でもある山田稔氏の『北園町九十三番地 天野忠さんのこと』は、山田氏と天野忠との個人的な交流を描いている分、より興味深い内容となっています。ちなみに書名は天野忠の住所です。

「北園町九十三番地」表紙 
〈『北園町九十三番地 天野忠さんのこと』山田稔著(編集工房ノア)〉

1982年、新聞で天野忠の読売文学賞受賞を知った著者。その掲載写真を見て「やっぱりあのひとか」と25年前、奈良女子大でフランス語の非常勤講師をしていた若い頃を思い出します。
京都からの通勤途中、たまに奈良電の駅のベンチで一緒になる生白い顔色の、温厚そうな人。それが当時、図書館に勤務していた天野忠でした。
懐旧の情をそそられ、編集工房ノアの社主に直接、詩集『私有地』を注文し、たちまちその詩に魅せられます。そして、受賞のお祝いと『私有地』の感想を葉書に書き送ったことから、著者と天野忠との交流が始まるのです。
おもしろいのは、著者が自分の受賞作に手紙を添え、「むかし奈良女子大でフランス語を教えていた若造は、いまこんなものを書いております」と自己紹介する気持ちで天野忠の家を探しに出かけるところです。
著者は、家を見つけると、郵便受けに本を差し込み、急ぎ足でその場を去ります。すると翌日には著者の郵便受けに『天野忠詩集』が入っていました。その本は郵送ではなく、天野忠自身が届けたものだったのです。
その後、両者の間には自著を互いの郵便受けに入れておく習慣ができあがる、と(笑)。
ただ、晩年、いや最晩年と言うべきでしょうか、1988年頃から足腰の衰えにさいなまれていた天野忠が、意を決して手術をするも歩行不能に陥り、そのあたりから老いを滑稽さでいなすことが出来ず、山田氏の文章も影を落とし、読むのも辛くなってしましまいますが・・・。

“老人ごっこ”を愉しんでいたはずの天野忠の客観の眼が、足が不自由になった頃から急に見られなくなり、創作も途絶えがちになってしまうのです。

「天野忠さんの歩み」表紙 〈『天野忠さんの歩み』河野仁昭著(編集工房ノア)〉




スポンサーサイト

詩人 天野忠 その5

2010年09月02日 00:10

天野忠が多臓器不全で亡くなったのは、1993年10月28日でした。
折しも、その数時間後には、サッカー日本代表がワールドカップ出場を逃した「ドーハの悲劇」がおこっています。
もちろん翌日のどの新聞にも、この悲劇が大きく取り上げられていましたが、
天野忠が数多くの随筆を残した京都新聞では、大野新氏のコメントとともに社会面で大きく訃報が伝えられていました。

天野忠 京都新聞記事_20100831201036 〈訃報を伝える京都新聞〉


天野忠の雑記を書くにあたって、ふらっと左京区下鴨の北園町93番地へ足を向けてみました。
洛北高校の北、北白川疎水の桜並木を横切り、さらに北へ上がった北泉通を曲がったすぐのところです。
山田稔氏の『北園町九十三番地』では番地が飛び地になっていて、さがすのに難儀した様子が描かれていましたが、
その場所はすぐに見つかりました。

下鴨北園町_20100831204433 〈下鴨北園町の交差点〉

いや、場所が見つかっただけでなく、なんと天野家を見つけてしまったのです。
まさか、17年前に家主を亡くした、つつましやかな平屋がまだ残っているなんて思ってもいませんでした。
鴨居につけられた横長の門灯に「天野」とペンキの筆字で書いた狭い格子戸があり、その奥には細い生け垣の路地がつづいていました(山田氏の文章では「横長の蛍光灯の門灯に『あまの』と、薄れかかった黒い文字で小さく記されている」とありましたが、今は漢字表記になっていました)。
東隣は空き地になって草が生い茂り、そのおかげで路地の奥の天野家が、
本当に質素な平屋だということが表通りからもわかります。
路地奥の家の玄関の戸は、風を通すためか開いていて、薄い玄関カーテンが盛夏の弱い風にかすかにそよいでいました。
まだ、ご家族がお住まいなのか、と少し・・・いや、かなりびっくりしたものです。

日差しが奪われるかもしれないと、晩年、天野忠が再三気にかけていた南隣のマンション計画は杞憂に終わったようです。
どこにも、マンションの影はなく、酷暑の日差しがその平屋を照りつけていました。


天寧寺山門_20100831205309 〈天野忠の墓がある天寧寺の山門〉

天野忠のお墓は寺町鞍馬口を下がった天寧寺にあるそうです。
豊臣秀吉が応仁の乱で荒廃していた京の町を区画整理する際、鴨川の西に寺を並べたあの寺町通りの最北にある曹洞宗のお寺です。
山門の説明には、「山門を通して眺める比叡秀峰は、あたかも額縁に入れたように見えるところから、山門は『額縁門』とよばれて親しまれている」とありました。
おそらく、比叡を眺める日差しの絶えない、風通しのいいお墓なのでしょうね。もう日光が遮られる心配はなさそうです(笑)。

寺町通り_20100831210138 〈寺町通り〉






Twitterボタン