ヒポクラテスたち その1

2010年08月23日 16:41

ヒポクラテスたち 監督・大森一樹 1980年 ATG

ヒポクラテスたち DVD
 
青春って、いつの時代も騒々しいものなんです。
騒げば将来に対する不安を振り払えるとでも思っているのでしょうか(笑)。

それにしても、この映画は素晴らしい青春群像劇です。
1980年度キネマ旬報ベストテン日本映画部門第3位(1位は『ツィゴイネルワイゼン』で・・・9位には『狂い咲きサンダーロード』が入っていますネ)。

さて、『ヒポクラテスたち』の主人公は古尾谷雅人演じる洛北医科大学6回生の荻野愛作。
彼を取り巻く臨床実習仲間や、寮仲間との日常を描いた作品です。

医大の最終学年はポリクリと呼ばれる臨床実習にあてられ、
6、7名に分けられた学生グループが、内科や外科やさらには眼科まで、17くらいの科を一週間毎のローテーションでまわり、
自分が専門的にどの科に進むのかを決めるのです。
描かれているのは、生と死の狭間で、少なからずの死に直面し、苦悩と不安に揺れる医者の卵の姿。

ヒポクラテスたちWS000034_convert_20100823191049〈三条京阪の歩道橋〉

時代は1970年代の後半あたり。舞台は京都。
まだ学生運動の残り火もくすぶり、寮の中では右の思想から、左の思想まで、そして学生運動をドロップした者もいて、
内ゲバならぬ“プチゲバ”(ちょっとした喧嘩のことね・・・)があったり。
医療現場の現実と社会の矛盾、そして自分の理想とのギャップに戸惑い、頼りないながらも真摯に生きている学生の姿はリアルで切実です。
といっても、全編を通して“軽み”をもって描かれ、その軽快なタッチがさらに青春度を増しているのですが。

今見ると、通りを走るバスや車のかたちも古めかしく、
三条京阪には歩道橋があったり(もちろん、京阪電車はまだ地上を走っていて、三条から出町柳の間は路線すらもありません)、
そう、バブルの狂騒もまだ来ていなかった京都の懐かしい風景が、ことさら郷愁を誘うのです。

ヒポクラテスたちWS000052_convert_20100823191203
〈荒神橋のたもとの喫茶店「リバーバンク」〉

よくもまあ、これだけの登場人物がいて、話が破綻もせず、
なによりすべての人物が印象に残る作品も珍しい。
京都府立医大出身の監督が、しかもその大学をモデルにして制作しただけに(登場人物にまでモデルがいたのかどうかは知りませんが)、映画作りへの思いもひとしおだったのでしょう。
そして、今はもう引退してしまったであろう学生役の俳優たちも、画面の中でみんなキラキラしているのが、さらに切なさを募らせます。

はたして今の医学生は、こんな映画があったことを知っているんでしょうか。



スポンサーサイト

ヒポクラテスたち その2

2010年08月24日 00:25

ヒポクラテスたちWS000002_convert_20100823224535

舞台は洛北医科大学(モデルは大森監督が通っていた京都府立医科大学)。

ヒポクラテスたちWS000051_convert_20100823225816                   

ヒポクラテスたちWS000016_convert_20100823224919

荒神橋のたもとにある喫茶店「リバーバンク」にて。
ポリクリグループの紅一点・伊藤蘭演じる木村みどり。もちろん一服のたばこは「蘭」。

この映画は、古尾谷雅人の一般作品デビュー作で、斉藤洋介と内藤剛志のデビュー作、
そしてキャンディーズを引退した伊藤蘭の復帰作として有名ですが、
映画に出そうもない大物が端役で顔を出していることにも驚きです。
新人だった大森監督になぜこれほどの人脈があったのでしょうか?

ヒポクラテスたちWS000012_convert_20100823224647

小児科役でベレー帽を脱いだ手塚治虫。
監督から指摘されるまで、ベレー帽をかぶったまま、出演しようとしていたのだとか(笑)。
後年、ベレー帽をとって人前に出たのはこの時が唯一だったようで。
                                      
ヒポクラテスたちWS000013_convert_20100823224750 

病院専門のコソ泥役で鈴木清順。
この年のキネ旬日本映画部門第1位は、この方が監督の『ツィゴイネルワイゼン』でした。

ヒポクラテスたちWS000036_convert_20100823232940

自切俳人(ジキルハイド)名義で出演の北山修。フォークルから九州大学教授に転身した凄い人です。この頃は大学教授になる前の、精神科医として開業していた頃でしょうか。
役の上では、北山修がポリクリ学生に向かって、ビートルズの医学に対する功績を説いていました。
イギリスのEMIがCTスキャンを開発し、EMI中央研究所の主任だったハウンズフィールドが、ノーベル賞をもらったと。そして、ビートルズの大ヒットがなければ、この機械はなかったかもしれない・・・どうやら、本当の話です。
しかし、北山センセイが定年退官でザ・フォーク・クルセダーズ復活かと思いきや、加藤和彦が自殺するなんて。もう復活はないんですねえ・・・(ちなみにメンバーは、坂崎幸之助ではなく、はしだのりひこしか認めない派です)。

ほかにも、教授役で原田芳雄や、写真屋のちょい役で森本レオ(大森監督の前作にして商業デビュー作『オレンジロード急行』に主演していました)なども出ています。

ヒポクラテスたちWS000005_convert_20100823224451

しかしなんといっても注目は、『仮面の忍者赤影』の青影役でおなじみ、金子吉延さんが寮生として出演しているところでしょうか。
たぶんこの作品が俳優としての最後の作品だったのではないでしょうか? 

ヒポクラテスたちWS000046_convert_20100823225427

鴨川寮のモデルは今も健在の「YMCA橘井寮」。

ヒポクラテスたちWS000015_convert_20100823224833

主人公・荻野愛作の恋人・中原順子。
大学の図書館に勤めていたが、堕胎手術をした産婦人科が闇医者で、体調を崩し失意の内に故郷・舞鶴に帰るという悲しい役どころです。
ちなみに中原順子役は真喜志きさ子。
美しい方ですが、この人もはやくに引退してしまったようです。


おまけ。
早朝から、映画フリーク高木の騒音で起こされた本田さん(斉藤洋介)の名言。
本田「今日は早起きでちょうどよかったんや」
荻野「なんですか、こんな朝早くから」
本田「デモバイト」

ヒポクラテスたちWS000021_convert_20100823225201

ヒポクラテスたちWS000023_convert_20100823225244

葵祭をいにしえの衣装で颯爽と歩く本田さんです。


そして、この映画は音楽もすこぶるいい!
「ダウンタウンブキウギバンド」の千野秀一が担当していますが、
どうしてATG作品の音楽って、こうも印象深いものが多いのでしょう?
『Keiko』(監督・クロード・ガ二オン、1979年)の深町純のシンセサイザーしかり、
『ガキ帝国』(監督・井筒和幸、1981年)の山本公成のサックスしかり。

最後に・・・、残念ながら大森一樹作品でほかに見るべきものは、
デビュー作『オレンジロード急行』(1978年)と『風の歌を聴け』(1981年)くらいなものでしょうか・・・。
(蛇足ですが、『風の歌を聴け』の配役で主人公が小林薫なのはやっぱり違和感が(笑)。比して、鼠役の巻上公一はいい!)

井筒和幸監督が『ガキ帝国』(1981年)から四半世紀経って『パッチギ!』(2005年)という名作を生み出したように、
大森一樹ももう一度、復活してほしい監督なんですけどね。



ナマの京都 その3

2010年09月20日 00:07

『ナマの京都』では、忘れたくとも忘れられない“もっさい”ローカルCMや懐かしい場所も出てきます。

「岩田呉服店」「西村のエイセイボーロ」「お墓の忠兵衛」「山田木材経営団地」。
これらのタイトルだけで、映像の浮かぶ人はまぎれもない京都人です(笑)。
近畿放送時代のKBS京都で放送されていたローカルCMを、味のあるイラストで紹介しています。
この4本のCMを見られないかと、KBS京都に問い合わせたところ、古いCMは処分してない、とのことで、イラストになったそうです。

ナマの京都_20100919224427  ナマの京都_20100919224528

ただし、グレゴリ青山さんはKBS京都特有のローカルCMと語っていますが、たぶん他の民放でもこれらのCMはやっていたようにも思うんですが、どうなんでしょう・・・。

ちなみにKBS京都という呼称は1981年からだそうですね。ある年代以上の京都人は今もKBS京都のことを「近畿放送」と呼んでいます。
何かで聞いたことがありますが、放送局名に「京都」を使わず、「近畿」を用いたのには、全国で5番目の民放ラジオ局として、またかつての都に開局した自負からだ、というようなことを聞いたことがあります。自分を少しでも大きく見せたかったのでしょう(笑)。
1981年頃にようやく己の身の丈がわかってきたのでしょうか、KBS京都となりました。今では「京都」でも大きいような気がしないでもないですが・・・。



さて、伝説の映画館「京一会館」には、若かりし頃のグレちゃんも、原チャリに乗って壬生の自宅から通っていたようです。

ナマの京都_20100919224618

京一会館は、かつて一乗寺の曼殊院通りにあった二番館の映画館です。叡電の一乗寺駅を西に行ったスーパーの2階にあり、週替わりで、日本映画を2、3本立ての低料金で上映していました。
京都府立医大の学生だった大森一樹が常連だったことはあまりにも有名で、この映画館に通いすぎて留年してしまったのだとか。
1960年にオープンし、1988年に閉館。後年はピンク映画の上映が多かったそうです。
京都の学生にとっては、映画好きに限らず、安い金額で時間をつぶせる場所でもあり、お世話になった方も多いんじゃないでしょうか。
かつて京一会館のあった場所はスポーツクラブのビルになっていて、斜め向いの書店・恵文社一乗寺店はいつも若い女子で賑わっています。


ナマの京都_20100920001033 〈京大西部講堂〉

西部講堂の建物はずっと変わらないままですが、最近、前の広場が狭くなっちゃいましたねえ。
京大の石垣撤去の際は石垣カフェを設営するという奇妙な抵抗に出た学生たちも、この広場の場合はすんなりと認めちゃったのでしょうか・・・。



オレンジロード急行 その1

2011年05月21日 01:54

オレンジロード急行 監督・大森一樹 1978年

オレンジロード急行p


初期の大森一樹はやっぱり、いい! と思える一作です。
特にこの『オレンジロード急行』を観ていると、映画で生計を立てていこうといった気負いも感じられず(もちろん、あったのでしょうが)、まさか後年、商業映画監督の代表みたいになって大学で教えているなんて想像もできず・・・単なる映画好きの青年が楽しんで撮っている作品との“初々しく輝かしい”印象しかありません。
まあ、しかし、初期作品といっても『オレンジロード急行』(1978年)、『ヒポクラテスたち』(1980年)、おまけして『風の歌を聴け』(1981年)までですがネ・・・。


1977年に脚本『オレンジロード急行』で第3回城戸賞を受賞したことがきっかけで、それまで自主映画一辺倒だった京都府立医科大学の学生・大森青年に商業映画を撮影する道が開けます。
ちなみに、城戸賞とは現在も続いている脚本の賞で松竹の元会長・城戸四郎から名付けられました。「これからの日本映画の振興には、脚本の受けもつ責任が極めて大きい」との城戸の持論に基づき、新しい人材を発掘し、活動を奨励することを目的として1974年から始まった賞で、人気脚本家だった野沢尚は第9回の城戸賞に佳作入選したこととがきっかけで、プロの道に進んでいます。

『オレンジロード急行』に出てくる若者や、『ヒポクラテスたち』の学生たちをみていると、1952年生まれの大森一樹は“学生運動の時代”にどうも乗り切れなかった(少し距離を置いていた)人との印象。その、どこか時代を冷めた目(一歩引いた目)で見ている(見られる)距離感が、これらの名作を生み出しえたのでしょう。

WS000351_R.jpg

この映画に登場するのは、放送機材を積んだトレーラーで京都中を駆けまわり、海賊放送を流しながら警察から逃げることを“楽しんでいる”五人の青年。
そしてもう一組は、東京から自動車泥棒を繰り返しドライブを“楽しみながら”和歌山へと向かう老カップル。嵐寛寿郎と岡田嘉子扮するこの老人カップルが、泥棒した自動車の後部座席に子どもが乗っていたことから、大騒動の誘拐事件へと発展し、海賊放送の青年たちを巻き込んだロードムービーに仕上がっているです。

WS000377_R_20110521011643.jpg

青年も老人も、その時を“楽しみ”ながらも、いつか終わりが来ること、終わらせなければならないことをわかっていて・・・、そのことに気づきながらも止めることのできない人生のように、警察に追われながら終着地点である「オレンジの国」和歌山へと向かって物語は進むのです。

WS000519_R.jpg

ロードムービーの様相を呈しているとはいえ、この映画が語っているのは“戦前戦中を生き抜いてきた老人の力強くしたたかな行動力”と“モラトリアムから脱却できない青年の甘え”。青年たちの行き場を失った“甘ったれた遊び”と老人の“遠く失われてしまった思い出”が最後の場面のミカンの枝で繋がったとき、熟しきっていないミカンのように甘酸っぱい爽快感がカタルシスとなって感じられれば、この『オレンジロード急行』はその人にとって名作になるでしょうし、感じられなければフツーの青臭い映画で終わるのでしょうし・・・。

WS000122_R_20110521011644.jpg

しかし、どちらの世代にも共通しているのは“郷愁”なのでした。遠い郷愁にかき立てられ大胆に自動車泥棒を繰り返す老人と、近い郷愁から抜けきれずにずるずると海賊放送を続ける青年。


WS000747_R.jpg

この作品はDVD化もされていないことから、あまり紹介されることのない作品ですが、いい映画(のはず)ですので、またまた長~いあらすじを交えて、才能豊かだった頃の大森監督を偲んでみましょう。



オレンジロード急行 その2

2011年05月21日 01:55

学生運動華やかなりし頃から8年。モラトリアム生活から脱却できない五人の青年が、改造したトレーラーを走らせ京都で海賊放送を続けていた。

五人の通称は、流(森本レオ)、ダンプ(中島ゆたか)、ファイト(小倉一郎)、メカ(志麻哲也)そして羽島(河原崎建三)。

WS000013_R.jpg
〈海賊放送のDJ担当は、もちろん森本レオ。「ミッドナイト東海」(1968年~1972年まで担当)という番組でDJをつとめたことがこの人の人気を上げるきっかけになったのだとか。劇中でも軽妙なしゃべりを披露しています〉

WS000033_R_20110521012711.jpg
〈チョイ役で佐藤蛾次郎。元暴走族でGS店員の役です。海賊放送局からの「パトカーを巻いてほしい」という依頼に、「お宅らもあほなことやっとらんと、もうちょっとまじめな道に進んだらどうでっか」といわれる始末〉

WS000054_R.jpg
〈自宅の団地からトレーラーに警察の動向を知らせる羽島(河原崎建三)。警察の追っ手からトレーラーを逃すために「ひび割れた絵」を道路に置いたり、信号機にセロハンを貼り全部の信号を赤にして交通を混乱させたり・・・。しかしその任務の帰りにはベビーフードを買って帰る、よきパパでもあるのです〉


海賊放送を追いかけている刑事には原田芳雄。「ルパン三世」の銭形警部を思わせるキャラクターで「10年前の遺物」と彼らを嘲笑するも、いつも逃してばかりで・・・。そんな刑事の元にもうひとつやっかいな事件が舞い込む。

WS000025_R.jpg

それが70歳を過ぎた老人カップルによる連続自動車泥棒だった。
犯人は東京から家出人として捜査願いが出されていた鈴木鈴之助(嵐寛寿郎)と、モーテルの女中をしていて失踪した田中もと(岡田嘉子)の二人。

WS000114_R_20110521012711.jpg
〈往年の大大・・・大スター「アラカン」こと嵐寛寿郎と、ロシアへ逃避行した伝説の女優・岡田嘉子!! 無名の新人監督作品としては、あまりに異例の出演者です。もちろん「アラカン」は往年の面影はまるでありませんし、演技なのか素なのかも見分けが付かないたどたどしいセリフ回しですが、老人カップルの自動車泥棒という奇矯な役柄にはピッタリ〉


海賊放送の開局から8年経ち、彼らのまわりにもついに変化が・・・。妻子持ちの羽島はカリフォルニア工科大学の研究室に行くこととなり、渡米。そして彼らの後輩でメカニック担当のメカも郷里の和歌山に帰って漁業を手伝うことになって、海賊放送を離脱。
一人また一人と現実社会へと旅立っていく・・・。

WS000187_R_20110521012710.jpg
〈リクエストの余地を全く認めない海賊放送局によって独断と偏見でかけられた曲は、森田童子の「さよならぼくのともだち」。カリフォルニアに旅立つ羽島の場面に流れるのですが、学生運動収束後に発表されたこの曲が劇中に感傷を漂わせます〉

残されたのはファイト(小倉一郎)、流(森本レオ)、ダンプ(中島ゆたか)の三人。ファイトは渾名の通りプロレス雑誌に勤めていて、流は流行らない絵画教室をしていて、ダンプは幼稚園のスクールバスの運転手でもしようかと考え・・・、無気力なまま、次の一歩を踏み出せないでいる三人。

WS000247_R.jpg
〈流の絵画教室に通う生徒・ヒロミには、早乙女愛〉

その頃、老人の運転する盗難車が京都に入っていた。警察無線を傍受した海賊放送局の三人の心配をよそに、老人カップルは喧嘩していた若い恋人同士に盗難車をプレゼントして、警察の検問を逃れる。

WS000337_R.jpg
〈「おめでとう! あなたがたがこの橋を渡られるちょうど100万人目の方です」と盗難車のキーを見ず知らずの若いカップルにプレゼント。橋といっても双岡病院横の高架ですけどね(笑)。かつてのピネル病院の横の高架っていった方が昔の京都人にはわかりやすいかな・・・〉


三人の元に、郷里に帰ったメカ(志麻哲也)から一週間ぶりに無線で連絡があった。「一度、和歌山に遊びに来い」と。三人は和歌山へ向かう道中で海賊放送をし、最後のドライブとすることを決めた。


そしてここからがロードムービーの始まり。


WS000357_R.jpg
〈中島ゆたかは最近ではドラマの端役、特に悪女を演じる女優として見かける程度ですが、この頃はカッコよかった〉





Twitterボタン